MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 14節

2016年5月22日(日)
15:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 水戸ホーリーホック
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  後半
18分
[交代]
湯澤 洋介(out)⇒白井 永地(in)
薗田 淳(out)⇒鈴木 翔登(in) 後半
23分
[交代]
 
  後半
23分
[警告]
田向 泰輝
  後半
24分
[交代]
ロメロ フランク(out)⇒山村 佑樹(in)
岡本 賢明(out)⇒黒木 晃平(in) 後半
27分
[交代]
 
  後半
36分
[得点]
三島 康平
嶋田 慎太郎(out)⇒アンデルソン(in) 後半
40分
[交代]
 
  後半
43分
[交代]
田向 泰輝(out)⇒今瀬 淳也(in)
  後半
44分
[警告]
細川 淳矢

ゲーム開催記録
スタジアム 日立柏サッカー場
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 24.6℃ / 55%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 8,201人
主審 柿沼 亨
コミッショナー 大澤 隆
副審 亀川 哲弘、藤沢 達也
第4の審判 鶴岡 泰樹
記録員 大宮 純一

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23藏川 洋平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 33薗田 淳
MF 38上村 周平
MF 17岡本 賢明
MF 22上原 拓郎
FW 36巻 誠一郎
FW 39嶋田 慎太郎



選手名
本間 幸司GK 1
田向 泰輝DF 2
細川 淳矢DF 24
宋 株熏DF 30
佐藤 祥MF 14
石神 幸征MF 6
兵働 昭弘MF 7
ロメロ フランクMF 8
湯澤 洋介MF 17
船谷 圭祐MF 10
三島 康平FW 11
選手名
GK 21金井 大樹
DF 3鈴木 翔登
MF 2黒木 晃平
MF 14キム テヨン
MF 27中山 雄登
FW 9アンデルソン
FW 11平繁 龍一

選手名
笠原 昂史GK 21
佐藤 和樹DF 3
今瀬 淳也DF 20
白井 永地MF 18
萬代 宏樹FW 9
グエン コンフォンFW 16
山村 佑樹FW 19
清川 浩行
西ヶ谷 隆之

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・守備ではボールを奪えてる場面はある。あわてないでプレーしよう。
・球際は絶対、負けないこと。絶対最後まであきらめないこと。
[ 西ケ谷監督(水戸) ]
・集中力を切らさないこと。
・戦う姿勢を出すこと。
・自分たちでやるべきことをやること。
試合終了後
[ 清川監督 ]
今日は柏レイソルさんの力をかりて、ここでホームで開催することができて、柏レイソルの皆様にお礼を申し上げたいです。また、水戸のサポーター、チーム関係者、グランドに集まってくれたファン、サポーターの皆様、この会場を赤く染めていただいてありがとうございます。
試合は、なんとか勝点を熊本に持ち帰りたかったんですけれども、残り時間少ないなかで、失点してしまって、最後、なんとか得点を取りたかったが、チャンスが多く作れず、終わってしまいました。
[ 巻選手 ]
多くの赤いサポーターが来て、ホームの雰囲気を作ってくれたことに感謝します。スタジアムを貸してくれた柏、サッカーファン、熊本からたくさんのサポーターが来てくれていたので、結果を残したかったし、勝ちにこだわりたかった。先週も今週も、試合前も後も多くの声援をもらって励みになった。熊本に勝利を持ち帰って喜びを分かち合えたらと思います。一番は熊本でホームゲームができることだが、現状ではできないので、元気や勇気を与えるのが役目だと思って、諦めず何度でもチャレンジして、勝点を持って帰れるように1週間頑張りたい。
[ 上村選手 ]
勝ちたかった。試合前から自分がやらないと、という気持ちがあった。サポーターが足を運んでくれて、その思いを背負って戦った。守備では相手のボランチをフリーにさせたことは課題。多くの人が熊本を心配してくれていると感じて、胸が熱くなった。次は勝ちを目指したい。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.