MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2018 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 13節

2016年5月15日(日)
16:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ジェフユナイテッド千葉
0 - 2
0 前半 0
0 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
34分
[警告]
近藤 直也
園田 拓也 後半
03分
[警告]
 
  後半
11分
[得点]
町田 也真人
平繁 龍一(out)⇒齊藤 恵太(in) 後半
15分
[交代]
 
岡本 賢明(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半
25分
[交代]
 
  後半
26分
[警告]
長澤 和輝
  後半
27分
[交代]
井出 遥也(out)⇒吉田 眞紀人(in)
  後半
29分
[得点]
町田 也真人
  後半
38分
[交代]
山本 真希(out)⇒若狭 大志(in)
巻 誠一郎(out)⇒アンデルソン(in) 後半
39分
[交代]
 
上村 周平 後半
40分
[警告]
 
  後半
45+1分
[交代]
阿部 翔平(out)⇒比嘉 祐介(in)

ゲーム開催記録
スタジアム フクダ電子アリーナ
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 20.6℃ / 65%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 14,163人
主審 東城 穰
コミッショナー 糸井 朗
副審 越智 新次、熊谷 幸剛
第4の審判 岩崎 創一
記録員 田中 基晴

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 23藏川 洋平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 7片山 奨典
MF 8髙柳 一誠
MF 38上村 周平
MF 10清武 功暉
MF 17岡本 賢明
FW 11平繁 龍一
FW 36巻 誠一郎



選手名
佐藤 優也GK 23
阿部 翔平DF 27
近藤 直也DF 3
イ ジュヨンDF 24
多々良 敦斗DF 5
井出 遥也MF 8
山本 真希MF 6
長澤 和輝MF 10
町田 也真人MF 14
エウトンFW 9
船山 貴之FW 11
選手名
GK 21金井 大樹
DF 3鈴木 翔登
DF 33薗田 淳
MF 22上原 拓郎
MF 39嶋田 慎太郎
FW 9アンデルソン
FW 29齊藤 恵太

選手名
藤嶋 栄介GK 21
若狭 大志DF 20
乾 貴哉DF 28
北爪 健吾DF 4
比嘉 祐介DF 13
吉田 眞紀人FW 18
オナイウ 阿道FW 19
清川 浩行
関塚 隆

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・ゲームの流れを皆で共有してやっていこう。
・良い流れは絶対くる。絶対あきらめないでプレーしよう。
[ 関塚監督(千葉) ]
・相手の攻撃のスピードを抑えていくこと。
・思い切ってミドルシュートを狙っていくこと。
・セカンドボールをしっかり狙っていくこと。
試合終了後
[ 清川監督 ]
今日のゲームを迎えるにあたって、本当にたくさんの関係者の皆さんにご協力をいただきました。本当に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。熊本のサポーターの皆さん、千葉のサポーターの皆さん、足を運んでくれて応援してくれて、本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。ゲームは前半なんとか0−0で抑えて、後半攻め込めるチャンスがあれば勝ち点というところでいきたかったんですけれども、早い時間に失点してしまい、そこから立ち直そうとしたんですけれども、ミスから点が入りましたが、選手全員諦めることなく、相手ゴールに向かって攻めたところは監督としても感謝しています。これから残りのゲームというのはもう1回始まるなというところはありますが、今日は選手におつかれさまと言いたいです。
[ 巻選手 ]
1ヶ月間、避難所や、自身も家がなくなって避難所で生活している選手もいて、熊本の皆さんに勇気や希望を届けたい思いでピッチに立っていた。自分がプロとして向き合って、誰一人最後まで諦めずゴールに向かって最後まで進みましたし、2週間の準備期間で最高のパフォーマンスを目指した。90分通してゲームをやることもなく、正直どこまでできるか分からなかったが、最後まで諦めずボールを追う、それだけは諦めずにやろうと。42試合の中の1試合として、いつも通り平常心でやれれば良かったが、いつもの気持ちではプレーできなかったし、ゴール裏が真っ赤に染まっているのをみて、思いが溢れそうになった。
次はホームゲーム、熊本ではまだ開催できないが、柏のスタジアムを借りて、関東から多くのサポーターが来てくれると思いますので、最後まで諦めず、熊本に勝点、ゴール、シュートを一つでも多く届けられるような試合にしたい。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.