MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2016明治安田生命J2リーグ 7節

2016年4月9日(土)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 レノファ山口FC
1 - 2
0 前半 2
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
01分
[得点]
中山 仁斗
  前半
20分
[警告]
北谷 史孝
嶋田 慎太郎 前半
22分
[警告]
 
  前半
45+1分
[得点]
中山 仁斗
平繁 龍一 後半
01分
[得点]
 
  後半
06分
[警告]
三幸 秀稔
髙柳 一誠(out)⇒上村 周平(in) 後半
24分
[交代]
 
平繁 龍一(out)⇒齊藤 恵太(in) 後半
24分
[交代]
 
  後半
29分
[交代]
島屋 八徳(out)⇒黒木 恭平(in)
  後半
31分
[交代]
中山 仁斗(out)⇒原口 拓人(in)
岡本 賢明(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
33分
[交代]
 
  後半
39分
[交代]
小池 龍太(out)⇒奥山 政幸(in)
巻 誠一郎 後半
43分
[警告]
 

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 晴時々曇、中風
気温/湿度 25.6℃ / 34%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 6,731人
主審 大坪 博和
コミッショナー 星野 務
副審 竹田 明弘、鈴木 規志
第4の審判 国吉 真樹
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 30佐藤 昭大
DF 23藏川 洋平
DF 4園田 拓也
DF 5植田 龍仁朗
DF 2黒木 晃平
MF 8髙柳 一誠
MF 22上原 拓郎
MF 17岡本 賢明
MF 39嶋田 慎太郎
FW 10清武 功暉
FW 11平繁 龍一



選手名
一森 純GK 1
小池 龍太DF 4
ユン シンヨンDF 22
北谷 史孝DF 33
香川 勇気DF 3
庄司 悦大MF 10
島屋 八徳MF 8
三幸 秀稔MF 29
星 雄次MF 19
福満 隆貴MF 7
中山 仁斗FW 32
選手名
GK 21金井 大樹
DF 3鈴木 翔登
MF 20八久保 颯
MF 27中山 雄登
MF 38上村 周平
FW 29齊藤 恵太
FW 36巻 誠一郎

選手名
村上 昌謙GK 30
宮城 雅史DF 2
黒木 恭平DF 5
奥山 政幸DF 34
鳥養 祐矢MF 11
島川 俊郎DF 20
原口 拓人FW 18
清川 浩行
上野 展裕

ハーフタイムコメント
[ 清川監督(熊本) ]
・自分達からパワーを出さなければ、この2点ははね返せない。信頼している。45分しっかりやろう。
・ボール際はもっとしっかりいくこと。
[ 上野監督(山口) ]
・後半も前半のように、全員攻撃、全員守備で戦おう。
・暑いから全員で声をかけあって集中して、サポーターの声援を力に変えて頑張ろう。
試合終了後
[ 清川監督 ]
今日も選手に続いて、たくさんのお客さんが駆けつけてくれたなか、ホームで2連敗したことは凄く反省していますし、一緒に喜べなかったことが残念でした。ゲームに関しては、見てもらった通り、チームとして少しどこかに甘えがあったのか、入り方が非常に悪くて、すぐにスローインから点を取られて、前半の終わりも同じような形で点を取られたことは、前半はほぼ山口に支配されたというところです。後半は1点返しましたが、あの時間にもう1点取れる勢いがあったと思うんですけれども、なかなか決めきれなくて、こういう結果になりました。
[ 岡本選手 ]
チームとして後半良い時間に点が取れて、あのような流れでしたら逆転したいが、それができなかったことは自分達の力がまだ足りないということなので、切り替えて頑張ります。山口がつないでくるということは分かっていたので、自分達が受けになるのではなくて、積極的にボールを取りに行って、自分達のリズムを作るということでしたが、立ち上がりのところで失点してしまって、そこがうまくできなかったと思います。全体的にいこうと言ってたのですが、行く迫力や球際や切り替えのところで、前半は相手の方が上回っていたと思うが、後半の最初の方はずっと自分達のリズムでしたし、そういうところを最初からやっていかないと上にはいけないと思いますし、今日のようなゲームをしていたら厳しいと思います。連敗はしたくなかったのですが、長いシーズン、必ずこういう時があるので、これを2連敗で止めるのか、このままズルズルいってしまうのかは、チームの真価が問われるので、しっかり切り替えて良い準備をしていきたいと思います。
[ 黒木選手 ]
まずは失点する時間が悪すぎるということと、球際や出足の部分などの基本的な部分で、山口の選手の方が上回っていた。そこは個人個人やチームにとって基本的な部分なので、もう一度しっかり気を引き締めて、たまたま勝ってきたというわけではないので、下を向かずにまた練習からしっかり頑張っていきたいと思います。
(双子の兄・黒木恭平選手と同じピッチに立ったことについて)
僕と恭平の力だけではなし得ないことだと思うので、周りの人に感謝し、これからもお互いに頑張っていきたいと思います。
[ 清武選手 ]
前半一番やられてはいけない時間帯、立ち上がりと前半終わりに、集中が切れてたというか、集中していたつもりだけど、そこでやられてしまったというのは残念です。立ち上がりは自分もしっかり入るつもりでいたし、チームもそういうつもりだったんですけれども、なんとなく失点の場面がフワッとしてたのかなと思います。後半立ち上がりのように、前半も前から行って良かったなと。前半、自分達の前でボールを回させるのは構わないと思ってやっていたのですが、後半立ち上がりのように前から行けば、相手も裏に蹴るしかなかったので、もうちょっと行けば良かったと思います。
(得点シーンについて)ゴール前にボールを落とせば何か起きるかもと、自分でも結構良いボールが蹴れていた。
(相手からの自分のマークが厳しくなっていることについて)そこは自分がもっとレベルアップして、跳ねのけなければいけないところなので、またすぐ試合があるので、ここでクヨクヨしていられないので、次に向けて頑張ります。

2016シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.