MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2015明治安田生命J2リーグ 32節

2015年9月20日(日)
19:05キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 京都サンガF.C.
0 - 0
0 前半 0
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
中山 雄登 前半
16分
[警告]
 
中山 雄登(out)⇒藏川 洋平(in) 後半
24分
[交代]
 
  後半
24分
[交代]
宮吉 拓実(out)⇒有田 光希(in)
髙柳 一誠 後半
31分
[警告]
 
養父 雄仁(out)⇒岡本 賢明(in) 後半
35分
[交代]
 
  後半
36分
[交代]
駒井 善成(out)⇒佐々木 勇人(in)
清武 功暉(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
41分
[交代]
 
  後半
42分
[交代]
伊藤 優汰(out)⇒フェホ(in)
  後半
44分
[警告]
有田 光希

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 曇、弱風
気温/湿度 23.7℃ / 56%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 7,051人
主審 上村 篤史
コミッショナー 杉澤 直樹
副審 関谷 宣貴、津野 洋平
第4の審判 日高 晴樹
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 41シュミット ダニエル
DF 10養父 雄仁
DF 4園田 拓也
DF 3鈴木 翔登
DF 2黒木 晃平
MF 38上村 周平
MF 8髙柳 一誠
MF 27中山 雄登
MF 39嶋田 慎太郎
MF 28清武 功暉
FW 17齊藤 和樹



選手名
清水 圭介GK 21
菅沼 駿哉DF 2
山口 智DF 3
下畠 翔吾DF 26
石櫃 洋祐DF 30
駒井 善成MF 7
原川 力MF 10
伊藤 優汰MF 11
田森 大己MF 19
宮吉 拓実FW 13
大黒 将志FW 31
選手名
GK 1畑 実
DF 15大谷 尚輝
DF 23藏川 洋平
DF 33上原 拓郎
MF 14岡本 賢明
FW 9常盤 聡
FW 36巻 誠一郎

選手名
杉本 大地GK 1
磐瀬 剛DF 22
内田 恭兵DF 24
金 南一MF 5
佐々木 勇人MF 32
フェホFW 8
有田 光希FW 17
小野 剛
石丸 清隆

ハーフタイムコメント
[ 小野監督(熊本) ]
・テンポよくボールを動かしていこう。
・もっとシュートを打っていこう。
・ラインを押し上げてコンパクトな状態を保てるようにしよう。
[ 石丸監督(愛媛) ]
・もっとボールを動かながら、アクションを増やしていこう。
・2列目からの飛び出しにも注意すること。
・残り45分、立ち上がりは特に集中して入ること。
試合終了後
[ 小野監督 ]
ホームで最後まで応援していただき、何とか勝点3に結びつけたかったんですが、最終的に得点には至りませんでした。あと数センチ、もう1歩というところまでは持っていってくれましたが、それを得点に結びつけて、来ていただいた方の応援にこたえるようもっていきたかった。内容に関しては、選手はよくやってくれたと思っています。簡単な試合ではなかったです。特に相手の攻撃はドリブル、ゴール前の動き、1人1人のクオリティ、非常に脅威でした。前半はチャンスも作りましたが、苦しい場面や、起点を作られたことも多く、攻め込まれたところもありました。ハーフタイムにその部分は修正できて、後半はかなり自分たちのゲームに持っていくことができたんじゃないかと思っています。しっかりとネットを揺らすところまでを追求し、次のホームでは勝点3を目指して頑張りたいと思います。

Q.久しぶりにセンターバックとして出場した園田選手の評価は?
どこでもしっかりとこなしてくれる選手ですし、相手に応じて危ないところを察知する能力、チーム全体を統率する能力、それはボランチでも、サイドバックでも、センターバックでも変わらずしっかり発揮してくれました。特に今日の相手は、一瞬の隙を見せるとそこをつく力を持っている。そういう中で、自分のプレーもそうですが、チーム全体をしっかり統率して、最後までいい働きをしたと思います。

Q.ハーフタイムは具体的にどこを修正するよう指示したか?
ワイドの選手が中に入ってきたときにそこで起点を作られたが、前線の選手が中へ入りながらマークするのではなく、切り方でコースを防ぐ。そのためにプレスに行くところと行かないところ、中途半端に行くとそこを使ってくる能力を持っているので、行く時にはプレスに行く。あとは2トップと2センターバックのところが2vs2になるので、誰が2v2プラス1をつくるのか。そこはいい形で選手達が修正してくれたと思います。
[ 園田選手 ]
自分が後ろ(CB)に入って負けるのはイヤだったので、チームに貢献することに集中した。後半は全体的に強気にプレスをかけて、良いところでボールを奪ってつないで、うまく切り替えてできた。慌てずにしっかりとボールをつなぎ、ボランチを経由してサイドを変えながら、後半は相手の体力も落ちてたので、右、左といけるようになった。ホームで勝てれば良かったが、最低でも勝点を取れたので、次につながる。次は九州ダービーで、福岡は調子が良いので、同じ相手に2回負けないように頑張りたい。
[ シュミット選手 ]
キックが不安定なところがありましたが、1番大事なところはやられなかったので、そんなに悪くなかったと思う。普通よりは良いパフォーマンスで、良い取り組みができていると思うし、もう少しつくらせないようにと思っていた。3連戦で負けなくて終わることは重要だが、次も勝って、その次も勝って終われれば良いと思う。落ち着いてゲームに入ることができるようになったので、変な余裕を持たないよう、気を引き締めて、良い感覚で試合に臨んでいきたい。
[ 齊藤選手 ]
前半は相手の主導権を握られ、後半は自分たちが主導権を握れるようになって良かったが、得点が取れなかった。ただ、劣勢のところでも耐えることができるようになったので、そこから自分たちのゲームになったかなと思う。もう少し自分で強引に行っても良かったかなと思うし、最後の精度も必要。連戦ですが、絶対勝点3を取ることだけ考えてやりたい。
[ 上村選手 ]
ハンジン選手が出場停止の中で、先発出場したことはチャンスだと思うので、良いプレーをすればと気合いをもって入ったが、あまり納得のいかないプレーが多かった。ボールを受けたところから、ボールが近すぎたかなと思う。またすぐ試合なので、切り替えて頑張りたい。

2015シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.