MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2015明治安田生命J2リーグ 16節

2015年5月31日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 京都サンガF.C.
1 - 2
0 前半 0
1 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
45分
[警告]
石櫃 洋祐
  後半
08分
[得点]
駒井 善成
  後半
20分
[得点]
菅沼 駿哉
中山 雄登(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
23分
[交代]
 
  後半
25分
[交代]
ダニエル ロビーニョ(out)⇒山瀬 功治(in)
嶋田 慎太郎(out)⇒岡本 賢明(in) 後半
29分
[交代]
 
平繁 龍一(out)⇒常盤 聡(in) 後半
36分
[交代]
 
  後半
40分
[交代]
奥川 雅也(out)⇒佐々木 勇人(in)
  後半
45+3分
[警告]
バヤリッツァ
クォン ハンジン 後半
45+5分
[得点]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
[AWAY]
天候 晴、中風
気温/湿度 26.4℃ / 25%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 7,827人
主審 塚田 健太
コミッショナー 川島 健
副審 今岡 洋二、熊谷 幸剛
第4の審判 渡辺 康太
記録員 阪本 康太

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 10養父 雄仁
DF 4園田 拓也
DF 32クォン ハンジン
DF 20キム ビョンヨン
MF 27中山 雄登
MF 8髙柳 一誠
MF 2黒木 晃平
MF 39嶋田 慎太郎
FW 11平繁 龍一
FW 17齊藤 和樹



選手名
山田 元気GK 33
菅沼 駿哉DF 2
バヤリッツァDF 20
磐瀬 剛DF 22
石櫃 洋祐DF 30
金 南一MF 5
駒井 善成MF 7
原川 力MF 10
奥川 雅也MF 29
ダニエル ロビーニョFW 9
大黒 将志FW 31
選手名
GK 18永井 建成
DF 15大谷 尚輝
DF 23藏川 洋平
DF 33上原 拓郎
MF 14岡本 賢明
FW 9常盤 聡
FW 36巻 誠一郎

選手名
土井 康平GK 34
内田 恭兵DF 24
下畠 翔吾DF 26
黄 辰成MF 8
和田 篤紀MF 23
佐々木 勇人MF 32
山瀬 功治FW 14
小野 剛
和田 昌裕

ハーフタイムコメント
[ 小野監督(熊本) ]
・後半もプレスをしっかり続けていくこと
・コンパクトを保とう
・良い入り方をしよう
[ 和田監督(京都) ]
・出足が遅い。球際をもっと厳しくいくこと
・ミドルを積極的に狙っていこう
・最後までハードワークを続けること
試合終了後
[ 小野監督 ]
立ち上がりから選手は本当にハードワークをして良い形で試合は進めてくれたので、勝点を持って帰れないことに責任を感じます。失点をするまでは、かなりボールに向かってそこから決定機もつくってくれてたと思うんですけれども、1点取られてから少しドリブルで外されたり、そこから15分のところはもう一歩、玉際のところが出ずに、相手に流れを渡してしまったかなという気がします。ただ最後は盛りかえしてくれて強気のプレーが出て、なんとか1点返してくれたので、もっと強気のプレーまで早く持っていってくれるようにすれば、また違った試合になったかなと思います。最後まで応援してくれた方々には申し訳ないのですが、しっかり立て直して次のホームに備えたいと思います。

Q.平繁選手を先発起用した意図は
今週ずっとトレーニングやトレーニングマッチの中で非常に良いプレーをしてくれていました。特に裏に抜けていくプレーと、中間のところで受けて起点をつくって周りを動かすプレー、それと我々のチームはボールを奪いにいくところの守備が重要なんですけれども、非常にアグレッシブにやってくれていたので、かなりチームのプラスになっていると思い、起用しました。よく頑張ってくれたと思います。

Q. 攻撃面で、前半から京都のウラのスペースを突いたりして攻撃を組み立てようとしている意図がみえましたが、後半に入るとそこはなかなかうまくいかない時もあったが、全体的にスムーズにいかなくなったように見えましたが、そのあたりはどうお考えでしたか?
一つは良い形でボールを奪えた時は相手が前がかりになっているのでウラを取りやすい、後半の特に失点後に今は流れが悪くなっているという時間は、ボールをこちらで奪うことが苦しくなって低いところになってしまって、そこからウラを突きやすいということがあったと思います。もう一つは相手をつり出す動きと出る動きがうまく重なった時は、後半も何回かウラを取れていたのですが、そこの部分がうまくかみ合わない時、その時間帯というのはまさにこちらがボールをうまく良い形で取れなかった時間と重なるかもしれませんが、そのあたりは先にウラのスペースを取られてしまったのかなと思います。
[ 園田選手 ]
先制点を取られたあと、もう少し奮起して後ろから押し上げられれば良かったと思いますけど、雰囲気的にもちょっとガクッときたという面があって、そこの時間帯で押し込まれてしまって、もう少し後ろから声をかけていかなければいけなかった。次はホームですが、まだホームで勝ってないが、相手は九州のチームということもあるので絶対勝ちたいと思います。
[ 平繁選手 ]
前半最初は前線からプレスをかける動きをまずしっかりやる、前半は自分たちのペースでやれていたと思いますし、失点してからは、ばたついてしまったので、そこは次に修正していくのと、先取点を取ることが課題です。先制点を取るチャンスもあったので、そこをしっかり決めていかないといけないと思います。

2015シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.