MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2014Jリーグディビジョン2 42節

2014年11月23日(日)
14:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 アビスパ福岡
3 - 1
2 前半 1
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
藏川 洋平 前半
12分
[得点]
 
オウンゴール 前半
28分
[得点]
 
  前半
45+1分
[得点]
金森 健志
  ハーフタイム

[交代]
平井 将生(out)⇒酒井 宣福(in)
澤田 崇 後半
05分
[得点]
 
  後半
13分
[警告]
金森 健志
齊藤 和樹 後半
15分
[警告]
 
  後半
19分
[交代]
パク ゴン(out)⇒牛之濱 拓(in)
嶋田 慎太郎(out)⇒中山 雄登(in) 後半
23分
[交代]
 
アンデルソン(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
34分
[交代]
 
  後半
35分
[交代]
オ チャンヒョン(out)⇒森村 昂太(in)
澤田 崇(out)⇒藤本 主税(in) 後半
44分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム レベルファイブスタジアム
[AWAY]
天候 晴、無風
気温/湿度 19.5℃ / 45%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 7,799人
主審 三上 正一郎
コミッショナー 久保田 水男
副審 清野 裕介、佐藤 裕一
第4の審判 前田 拓哉
記録員 藤井 明穂

メンバー表
選手名
GK 21金井 大樹
DF 23藏川 洋平
DF 40野田 裕喜
DF 38橋本 拳人
DF 4園田 拓也
MF 39嶋田 慎太郎
MF 10養父 雄仁
MF 37髙柳 一誠
MF 20澤田 崇
FW 17齊藤 和樹
FW 35アンデルソン



選手名
神山 竜一GK 1
パク ゴンDF 13
オ チャンヒョンDF 18
イ グァンソンDF 4
堤 俊輔DF 19
武田 英二郎MF 21
中原 秀人MF 8
金森 健志MF 14
坂田 大輔MF 11
城後 寿FW 10
平井 将生FW 7
選手名
GK 18永井 建成
DF 7片山 奨典
MF 2黒木 晃平
MF 11藤本 主税
MF 27中山 雄登
MF 33上村 周平
FW 36巻 誠一郎

選手名
清水 圭介GK 23
阿部 巧DF 3
古賀 正紘DF 5
山口 和樹DF 17
森村 昂太MF 6
酒井 宣福MF 20
牛之濱 拓MF 28
小野 剛
マリヤン プシュニク

ハーフタイムコメント
[ 小野監督 ]
・自分たちの力でできることに注力しよう。
・強気、強気のディフェンスをして、みんなでリスクを軽減しよう。
・チーム全員の気持ちをもって戦おう。
[ プシュニク監督(福岡) ]
・チーム全体でプレスをかける。
・素早く前にボールを運ぶ。
・力の限り闘い、走りきれ!
試合終了後
[ 藤本選手 ]
現役最後の試合が終わってホッとしている。熊本・福岡両チームの選手達がピッチで胴上げしてくれて素直に嬉しかった。最初に所属したクラブが福岡に、セレモニーや横断幕や声援を送ってもらってサッカーをやっていて良かったと感謝の気持ち。現役生活が終わったことに悔いは全くない。
[ 澤田選手 ]
得点シーンは、嶋田選手から良いボールがきて、一度シュートミスのようになった。今年は充実した1年だったが、まだまだやらなければいけないことがある。まだ得点を取れるチャンスもあったし、2ケタ得点にいきたかった。やれた部分とやれていない部分があるので突き詰めて成長したい。
[ 藏川選手 ]
現役引退する藤本選手と最後の試合に一緒にピッチに立って言葉にならない感じ。相手チームにもかかわらず、福岡でも歓迎されて、良い人たちに恵まれてきたと思いますし、一緒にプレーできて良かった。得点シーンは、前が空いていたので、斎藤選手がシュートを打っていきそうな感じもあったが、スペースもあったので嗅覚で行った。今シーズンは怪我から入って、自分のプレーよりもチームとして目標を達成できなかったが、良い形で終われたので、次はプレーオフ、J1へいけるように頑張りたい。
[ 野田選手 ]
バトルオブ九州でアウェイ戦だったが、自分のミスは先輩がカバーしてくれると言ってくれてたので、思いっきりプレーした。ロアッソは前からどんどんいくチームなので、後ろがしっかりしなければいけないが、集中してできたことは良かった。藏川選手は思いっきりやれと頻繁に言ってくれた。一瞬でも気を抜いたらやられるし、これを自信に変えて成長していけるよう頑張りたい。今日は両チームのサポーターも多くいて緊張するかと思ったが、周りが見えたし自分らしくプレーできた。楽しいと感じた。大津高校にこの経験を持ち帰って、みんなに伝えて、自分も大津ももっとレベルアップしたい。
[ 小野監督 ]
「最後の最後まで苦しめられた試合だったんですけれども、なんとか勝ちきることができて良かったと思ってます。要因としては、リードしてからもしっかりとボールにプレッシャーをかけ続けたこと、それから攻める姿勢を失わなかったこと、そして熊本から多くのサポーターが駆けつけてくれて、消耗してきた時間帯も大きな支えになって応援してくれたこと、それから、最後、メンバーに入れなかった仲間のぶんまで、ピッチに出た選手達がしっかりとその責任を果たして戦ってくれたことじゃないかなと思います。最後、良い形で締めくくれて本当に良かったと思っております」

Q:野田裕喜選手を先発起用した狙いと評価をお願いします。
「彼は本当に高い能力を持っていると思いますし、トレーニングの中でもそれを示してくれました。トレーニングマッチ(紅白戦)は何回か出て遜色なくやってくれましたし、先週もメンバーに入りました。その前に彼に伝えたことは、同じ土俵の中で18人に残るための、そしてピッチに出るための競争をしてくれと。すなわち、彼が今日ピッチに立ったということは、チャンスを与えたわけではありません。これは最後にピッチに立った(藤本)主税もそうなんですけれども、全てチャンスを彼らが勝ち取って、野田はトレーニングの中からそういうものをしっかりと見せてポジションを勝ち取ったと思っております。プレーの方も、いろいろな緊張感の中で、あるいは相当な気迫で相手も来たんで苦労したところもあったと思いますけれども、本当に堂々と、最後の最後まで集中してプレーして、本当によくやってくれたというふうに思っております」

Q:福岡の攻撃に対してどういう守備をしようと考えていたのか教えてください。
「相手の攻撃に関しては、裏を狙ってくる攻撃、それからボールを奪ってからのカウンター、このあたりのところはトレーニングの中でその対策としてはやってきました。で、いちばん大事なのは、相手を抑えることよりもその出どころをしっかりとふさいでしっかりとプレッシャーをかけ続けることだと。で、相手の最終ラインにこちらの中盤がプレッシャーをかけにいった時、そこのリスクを全体でどうカバーしていくか、特に逆サイドの中盤の選手とか、そういったところが重要になるんで、そこまで含めて今日はよく、最後まで足を動かしてくれたんじゃないかと思ってます」

Q:開幕と最終節で福岡との対戦になりました。監督がおっしゃっていた成長という部分で、振り返ってみてどういう評価でしょうか?
「成長というのはいろんなところに見えるものなんですけど、特にチームとしてのスピリットを築いていった、そこは非常に大きなものの1つじゃないかなと思ってます。目標としてたプレーオフが目の前から遠ざかってしまった、そこでもう1回力を発揮できるのか、周りの環境じゃなく、自分の中から力を生み出せるのか、そこはこの3試合で我々にとって大きなチャレンジでした。そこの部分で言うと、本当に1つ1つの試合をしっかりと戦ってくれたし、18人に入るまでのトレーニングで誰1人として気を抜くことなく、目を輝かせてやってくれて、こういった端々に、個々のメンタリティ、それからチームとしてのスピリット、そういったものは非常に、特に最後の方は感じることができました。もちろんそれは、最後になって出てきたわけではなく、日々のトレーニングの中でじわじわと皆が、1人1人の選手が獲得していってくれたものだと思ってます。技術、戦術に関してもいろんな部分というのは当然、スタートから比べて大きな成長、いろんな部分がありますけれども、特にその中で印象的なところとしては、そういったメンタリティというのは大きいと思います」

Q:それは一定の成長を実感されているということでよろしいでしょうか。
「そうですね、一定のというよりは、自分が想定していた以上のもの、1人1人の選手、あるいはチームとして培ってくれたというふうに、自分自身としては思ってます」

Q:藤本主税選手と吉井孝輔選手が引退ということになりますが、改めて2人がチームにもたらしたもの、残したものはどういうものだったのか教えてください。
「まず、キャプテンの吉井ですけれども、怪我でなかなかゲームに絡むことができない、苦しいシーズンだったと思います。ただ彼は、今チーム全体のスピリット、そういったところの成長と言いましたが、彼なくしてそういったところを達成することはできなかったと思います。どんな苦しい時でも前向きに、チーム全体をポジティブな方向に持って行く。素晴らしいものを、この苦しいシーズンの中でも発揮してくれましたし、もちろんその前の段階で彼が元気にプレーしていた時、そのクオリティというのは非常に大きなものをこのチームに残してくれたと思ってます。藤本はホームの最終戦で活躍して、そこで気持ちとしてはやりきったという充実感があったと思うんです。そこから先の2試合でもう1回、厳しい競争に身を置いて、日々のトレーニングの中で最後のこの試合に向けて、そこに入るんだというもの、すさまじいものを見せてくれました。何よりそういったプロフェッショナルな思いというのは、若い選手達にとっても非常に刺激だったと思います。実際、この試合に関しても18人に入ることを彼自身の力で勝ち取って、そういったものは本当に、最後の最後の試合で、これまで築いてきた以上のもの、素晴らしいものを残してくれたと思います」

Q:開幕前に、見る人のハートにタッチできるようなサッカーをしたいということをおっしゃっていました。今日、試合後にサポーターから「小野コール」で呼ばれて一緒に踊りましたが、それはサポーターにもそういうゲームをシーズンを通してみせることができたからではないかと思いますが、その点は1年通していかがでしたか?
「勝った時にあそこへ行くというのは、自分としては基本的には行かない、勝ちは選手が勝ち取るもので、そこへ私がのこのこ出て行くところではないという信念があったんですけど、今日ああやって声をかけてもらったというのは、本当に感無量なところがあります。本当に嬉しい気持ちです。で、良い試合をしても勝ちきれない、もうひとつ点が入らない、ギリギリで追いつかれる、そういう悔しい試合ももちろんあったんですけれども、少なくとも戦う、全力を出し切るということに関しては本当に、素晴らしいものを1人1人の選手、そしてチームとしても、シーズンを通してやってくれたんじゃないかと思ってます。こういった戦う姿勢、全力を出し切る姿勢というのは、このロアッソの1つの宝にしていってもらいたいなと思ってます」

Q:結束力がこのチームの大きな武器だということをシーズン前からされていました。今日はベンチに入れなかったメンバーもここへ来て、最後はちょっとしたセレモニーのようになりました。それは非常に象徴的なシーンだと思いますが、その辺りについてはいかがですか?
「プレシーズンの時に感じたのは、チームの結束力では絶対負けないぞという手応えはありました。それを宝として、磨きをかけてもっともっと大きくしていきたいというのが、この1年の自分の戦いだったと思います。それは選手が最後まで大事にしてくれて、今日も実は、試合前に『俺達の最大の武器は何だ』と、結束力だと、ここに来られなかった選手たちの分までしっかり戦おうと。で、それをやってくれました。残った選手達、強制はするなとコーチにも言いました。でも選手の方から『皆で行く』ということで駆けつけてくれて、試合前のロッカールームでは全員で円陣を組むことができました。1つ1つのことが、今日は自分にとっては非常に印象的で、本当に選手達に感謝したい、そういう1日になりました」

Q:カモンロッソを踊られた感想は?
「あの、本当は、あそこは自分は出るべきでないと思ってたんで(笑)、嬉しいのと、ちょっと照れくさい、恥ずかしいのと、それが混ざった感じでした」

Q:来季の指揮についてはこれから交渉ということかと思いますがいかがですか?
「それに関しては、我々は1年契約の中で生きているので、とにかくこの1年をしっかりと出し切る。当然、でも次に向けて、将来に向けての礎を作りながらの1年にしたいと思っていました。来季のことを今は言うことではないと思ってます」

Q:序盤、選手達の成長に関して全体が100ページあればまだ数ページだという話をされていました。シーズンを終えて何ページまで来たでしょうか?
「本の厚さも彼らの成長段階によって変わってくるので(笑)、100ページの本がもっと厚くなって、もっともっと伸びてもらわなきゃ困るところもたくさん出てきて。ただ、ずいぶんあの段階から進歩してくれたという実感は持ってます。すいません、数字で言えず申し訳ないです(笑)」

2014シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.