MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2014Jリーグディビジョン2 41節

2014年11月15日(土)
14:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ファジアーノ岡山
1 - 1
0 前半 0
1 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
仲間 隼斗(out)⇒澤田 崇(in) 前半
37分
[交代]
 
  ハーフタイム

[交代]
妹尾 隆佑(out)⇒片山 瑛一(in)
嶋田 慎太郎(out)⇒中山 雄登(in) 後半
19分
[交代]
 
  後半
23分
[得点]
押谷 祐樹
  後半
31分
[交代]
清水 慎太郎(out)⇒久保 裕一
養父 雄仁(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
33分
[交代]
 
  後半
41分
[交代]
三村 真(out)⇒島田 譲(in)
澤田 崇 後半
44分
[得点]
 
  後半
45+1分
[警告]
島田 譲
  後半
45+4分
[警告]
後藤 圭太

ゲーム開催記録
スタジアム Kankoスタジアム
[AWAY]
天候 晴、無風
気温/湿度 15.8℃ / 28%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 8,290人
主審 西村 雄一
コミッショナー 崎谷 誠一
副審 塚越 由貴、原田 昌彦
第4の審判 池内 明彦
記録員 山下 和也

メンバー表
選手名
GK 21金井 大樹
DF 4園田 拓也
DF 6篠原 弘次郎
DF 38橋本 拳人
DF 7片山 奨典
MF 39嶋田 慎太郎
MF 10養父 雄仁
MF 37髙柳 一誠
MF 30仲間 隼斗
FW 35アンデルソン
FW 17齊藤 和樹



選手名
中林 洋次GK 1
久木田 紳吾DF 19
後藤 圭太DF 3
近藤 徹志DF 4
澤口 雅彦MF 2
千明 聖典MF 10
上田 康太MF 50
三村 真MF 38
妹尾 隆佑FW 20
押谷 祐樹FW 14
清水 慎太郎FW 30
選手名
GK 18永井 建成
DF 40野田 裕喜
MF 2黒木 晃平
MF 27中山 雄登
MF 33上村 周平
FW 20澤田 崇
FW 36巻 誠一郎

選手名
椎名 一馬GK 22
竹田 忠嗣DF 6
島田 譲MF 17
田中 奏一MF 26
関戸 健二MF 16
片山 瑛一FW 32
久保 裕一FW 13
小野 剛
影山 雅永

ハーフタイムコメント
[ 小野監督(熊本) ]
・こちらのゲームに持っていっている。後半もしっかり戦おう。
・少しでも、1mでも上げてコンパクトにしよう。
・絶対、勝ちにもっていこう!ハートだぞ!!
[ 景山監督(岡山) ]
・切り替え。球際の闘いで、後手を踏まないように覚悟を決めて後半に臨むこと。
・勇気を持って、自分たちのフットボールを行い、落ち着いて、ゴールを奪うこと。
試合終了後
[ 澤田選手 ]
得点シーンは、中山選手から良いボールが来てヘディングで当てるだけだった。ヘディングでのゴールは珍しいので嬉しい。後半失点したが、まだ残り20分あったので、まだいけるという気持ちだった。相手の左サイドバックが起点になってたので、そこにやらせないように意識してプレーした。
[ 篠原選手 ]
岡山との対戦で意識する部分はあったが、熊本も充実しているし、今日はチームプレーに徹してやった。目の前の相手に負けない、ラインを高く保つということを意識し、カウンターの怖さはあったが、プレーしていても押し込まれるという印象はあまりなかった。次は今年最後の試合になるので、結果にこだわって勝ちにいきたい。
[ 小野監督 ]
1点先制されたが、最後に追いつくことができたことは良かったことだと思いますし、最後まで声援を送ってくれたサポーターのおかげだと思います。立ち上がり、相手も非常にサッカーを研究して、裏にボールを落とされて、そこから圧力をかけられて、途中ビルドアップを限られてくる形ですこし苦戦したんですが、そこからは選手たちもしっかり立て直してくれて、ゲーム自体はこちらがコントロールすることができたのではないかなと思います。勝点1というのは、アウェイで決して悪くはないですけど、決定機をしっかり作っていくことができたので、それをきっちり決めていけば勝利につながったと思っています。そのあたりは日々のトレーニングの中で続けていかなければいけないと思っています。ただ、最後まで両チームとも素晴らしいサッカーをお互いに続けることができたと思います。

2014シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.