MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2014Jリーグディビジョン2 37節

2014年10月19日(日)
16:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ジュビロ磐田
0 - 0
0 前半 0
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
19分
[交代]
坪内 秀介(out)⇒菅沼 駿哉(in)
  前半
28分
[警告]
藤田 義明
  後半
04分
[警告]
松井 大輔
嶋田 慎太郎(out)⇒岡本 賢明(in) 後半
12分
[交代]
 
  後半
22分
[交代]
松井 大輔(out)⇒ペク ソンドン(in)
澤田 崇(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
31分
[交代]
 
  後半
41分
[交代]
松浦 拓弥(out)⇒山崎 亮平(in)
中山 雄登(out)⇒黒木 晃平(in) 後半
43分
[交代]
 
黒木 晃平 後半
45+2分
[警告]
 

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 23.8℃ / 46%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 12,661人
主審 三上 正一郎
コミッショナー 牧 弘和
副審 田中 利幸、清水 崇之
第4の審判 西水流 優一
記録員 衛藤 薫

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 34キム ビョンヨン
DF 4園田 拓也
DF 38橋本 拳人
DF 7片山 奨典
MF 27中山 雄登
MF 10養父 雄仁
MF 37髙柳 一誠
MF 39嶋田 慎太郎
FW 20澤田 崇
FW 17齊藤 和樹



選手名
八田 直樹GK 1
櫻内 渚DF 25
坪内 秀介DF 30
森下 俊DF 35
駒野 友一DF 5
藤田 義明MF 33
宮崎 智彦MF 13
松浦 拓弥MF 11
小林 祐希MF 4
松井 大輔MF 22
前田 遼一FW 18
選手名
GK 18永井 建成
DF 6篠原 弘次郎
DF 23藏川 洋平
MF 2黒木 晃平
MF 14岡本 賢明
MF 33上村 周平
FW 36巻 誠一郎

選手名
藤ヶ谷 陽介GK 39
菅沼 駿哉DF 2
岡田 隆MF 3
田中 裕人MF 6
ペク ソンドンMF 8
山崎 亮平FW 9
阿部 吉朗FW 14
小野 剛
名波 浩

ハーフタイムコメント
[ 小野監督(熊本) ]
・全員で強気の戦いができている。
・後半も続けて戦い、絶対にこの試合をものにしよう。
[ 名波監督(磐田) ]
・セカンドボールの意識、しっかりポジションをとること。
・恐がらずに縦へのパスを出していこう。
試合終了後
[ 澤田選手 ]
3〜4戦、0点が続いていて、FWとして結果が出ていないので課題として次から取り組みたい。積極的にシュートと打って終わろうと個人的に思っていて、最後の精度を上げなければいけない。多くの来場者がいてモチベーション上がる試合だった。FWとして点を取って勝ちにつなげたい。
[ 嶋田選手 ]
ピッチに立ったら自分のプレーをするだけだと思っていた。先発出場ということは今日知って、ビックリしたが落ち着いてプレーできた。デビューが遅れたが、「39」を背負っている限り、キタジの熱い魂を受け継いだので、チームの為にプレーする。自分の得意なプレーはドリブルなので、積極的に仕掛けていこうと思っていた。後半は足が攣って守備が遅くなったので、またトレーニングからやっていかないといけない。今日は自分の中でも楽しくできたし、自分のプレーを出せたと思う。次はアウェイ長崎戦ですが、トレーニングからアピールして次は点を決めれるように頑張りたい。
[ 小野監督 ]
「まず、試合とは別なんですけど、今週のトレーニングの合間に、かつて日本代表として共に戦った奥大介君の悲報が入ってきました。共に戦った仲として非常に悲しい気持ちで、そして対戦相手が、彼が一緒にやっていた選手達の多い、彼が非常に活躍したジュビロ磐田ということで、何かの因縁を感じる試合でした。少なくとも両チームがしっかりと力を出し合い、出し切る試合にもっていかなければいけない。そういう意味では出し切ることができたと思いますし、彼の冥福を祈りたいと思っております。
今日の試合なんですけども、前線からアグレッシブにディフェンスして、そこからペースをつかむ、非常に消耗する試合になりました。最後はかなり疲労もあったと思うんですけども、今季一番だったと聞いてますがスタンドには多くの方が来てくれて、疲れた選手達に声援を送ってくれて、最後まで戦い抜くことができたと思います。最後まで応援してくれたサポーターに感謝しています。できれば、本当に勝点3という形でそれに応えたかったんですけど、それができなかったのは残念ですし、非常に悔しい思いです。ただこの悔しさというのは、あれだけの試合ができたのにということとちょうど裏返しで、あれだけチャンスを作ったのだから決めなければいけない、そういう思いはあります。逆に言えば、あの相手に全く臆することなく勇敢にラインを上げて最後までプレッシャーをかけて、裏を取りに行って、つなぐところはつないで、最後の最後まで勇敢に戦ってくれたと思っています。選手達は力を出し切ってくれて、今季の試合の中でも最高の試合の1つじゃないかと思います。じゃ、そういう試合をしてなぜ勝てないか、そこは監督である私の責任で、選手は本当に力を出し切って、素晴らしい試合をしてくれたというのが私の感想です」

Q:嶋田選手を先発起用しました。全体的な評価はいかがでしょうか?
「彼の持っている力は十分感じていましたし、いろんな意味で、自分のプレー、プラス、チームが勝つためのプレーを日々のトレーニングのなかでやり続けてくれている。きっとこれなら試合に出しても良いプレーを発揮してくれると思って起用しました。臆することなく堂々としたプレーをしてくれて、もちろん多少のミスはあれども、それは問題なく、強気でプレーしてくれたことが何よりも嬉しいですし、持っている力を出してくれたんじゃないかと思います。デビュー戦というのは非常に難しいものだと思いますけど、本当に堂々としたプレーをしてくれたというのが私の感想です」

Q:得点は取れず4試合連続無得点ということにはなりましたが、コンビネーションで深い位置まで運んだり、シュートへの積極性にも改善が見られたと思います。攻撃面の手応えはいかがでしょうか。
「相手のスペース、相手が明け渡したスペースがどこにあるかという観点で今日の試合を見たら、つなぐべきところはしっかりつないで、中で起点を作るところ、それから相手がプレスをかけてきた時の裏、それを非常にバランス良く、しかも勇気を持ってやってくれたんじゃないかと思ってます。かなり決定機に近いチャンスは作ることができたので、それは1つ評価できるところではあります。ただ、やはり決めるところをしっかり決めていく、チャンスを作ってく、そして決めるというところに向かって、もっともっと、残り少ないですけども前進していきたいと思います」

Q:これまでの試合では後半に体力が落ちてくる場面が多かったんですが、今日に関しては最後まで選手たちが走りきったという印象でした。監督から見ていかがでしょうか?
「最後まで走りきったと思います。前半戦に若干、最後の方で運動量が落ちるところはあったと思うんですけども、少なくとも後半戦に入ってからは、相手チームより落ちたという記憶はないです。試合で走りきる力を選手達は十分つけてきてるんじゃないか、これは私の目から見てですけれども。かなりハードなトレーニングを積みながら我々はリーグ戦を戦っている、そういうチームだと思うんですけど、それに身体がしっかりついてきてくれているというふうに実感します」

Q:今日で2試合連続無失点です。守備が安定感を増してきた要因は何でしょうか。
「はい、今日は何回か『勇敢に』という言葉を使ったと思うんですけども、少しでも相手に対して恐れをなして、ゴール前が怖くなって引いてしまったら、今日の相手には確実に失点、あるいは決定的なところを何回も作られていたと思います。ですが最後までしっかりと押し上げて、ボールにプレッシャーがかけられる状態を作っていった。今日はかなり、押し上げるのは恐怖感との戦いだったと思います。相手には前田がいて松井がいて、突破力のある選手、キープ力のある選手がいるなかで、勇気を持って最後までラインを押し上げて、チーム全体として守備をしていく、そういったことを今日はやってくれたと思いますし、ある意味それは、京都戦(前節)で強気に持っていくことで無失点に抑えた、その自信が今日の強気のラインコントロールに表れてくれたかなという気がしています」

2014シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.