MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2019 シーズンシート ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2014Jリーグディビジョン2 29節

2014年8月31日(日)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 コンサドーレ札幌
0 - 2
0 前半 1
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
29分
[得点]
都倉 賢
  後半
06分
[得点]
上原 慎也
巻 誠一郎(out)⇒アンデルソン(in) 後半
08分
[交代]
 
  後半
11分
[交代]
中原 彰吾(out)⇒荒野 拓馬(in)
仲間 隼斗(out)⇒岡本 賢明(in) 後半
16分
[交代]
 
  後半
22分
[警告]
奈良 竜樹
  後半
25分
[交代]
砂川 誠(out)⇒石井 謙吾(in)
  後半
31分
[交代]
宮澤 裕樹(out)⇒日高 拓磨(in)
髙柳 一誠(out)⇒五領 淳樹(in) 後半
35分
[交代]
 
養父 雄仁 後半
38分
[警告]
 
藏川 洋平 後半
45+5分
[警告]
 

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 曇、無風
気温/湿度 25.2℃ / 80%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 5,625人
主審 吉田 哲朗
コミッショナー 久保田 水男
副審 金田 大吉、清野 裕介
第4の審判 中井 恒
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 23藏川 洋平
DF 4園田 拓也
DF 38橋本 拳人
DF 7片山 奨典
MF 27中山 雄登
MF 10養父 雄仁
MF 37髙柳 一誠
MF 30仲間 隼斗
FW 20澤田 崇
FW 36巻 誠一郎



選手名
金山 隼樹GK 1
上原 慎也DF 14
櫛引 一紀DF 25
奈良 竜樹DF 23
上原 拓郎DF 33
河合 竜二MF 4
宮澤 裕樹MF 10
中原 彰吾MF 32
前田 俊介MF 11
砂川 誠MF 8
都倉 賢FW 39
選手名
GK 21金井 大樹
DF 6篠原 弘次郎
MF 2黒木 晃平
MF 14岡本 賢明
MF 19五領 淳樹
MF 34キム ビョンヨン
FW 35アンデルソン

選手名
李 昊乗GK 16
薗田 淳DF 5
日高 拓磨DF 2
松本 怜大DF 27
石井 謙吾MF 19
荒野 拓馬MF 24
工藤 光輝FW 34
小野 剛
名塚 善寛コーチ

ハーフタイムコメント
[ 小野監督(熊本) ]
・中盤はコンパクトに1対1で負けない、球際を制すこと。
・後半はスタートから全力でいくぞ。
[ 名塚コーチ(札幌) ]
・セカンドの反応、全員が早く。
・ボールを奪ったあと、逆サイドが空いている。ビッグチャンスになる。
・残り45分、集中して2点を取りに行け、守りに入るな!
試合終了後
[ 岡本選手 ]
古巣の札幌相手に絶対勝ちたい気持ちで挑んだが、負けてしまい悔しい。チャンスがあればチームに変化をもたらすことと、個人的に結果を残すというところで入った。札幌はアグレッシブで球際も強く非常に切り替えの早いチームで、その部分で相手に負けてしまっていたことが敗因だと思う。みんなやろうという気持ちはあったので、あれを上回れる気持ちしかない。正直ここまで自分の納得いくプレーができていないので、残り1/3、チームの勝ちにつながるようなプレーで貢献したい。
[ アンデルソン選手 ]
久しく公式戦でプレーしていなかったので、ゲーム感を取り戻して良いプレーをしたい。チームに貢献したい気持ちでピッチに入ったが、逆転できず残念。まだ時間が足りていないので、ゲームの中で決められたプレーをできるよう頑張りたい。
[ 小野監督 ]
「多くの方に応援してもらって、なんとかホームで勝点3をということで、かなりいいコンディションで自信を持って臨んだんですけども、残念ながらその期待に応えることができない試合になってしまいました。1点取られて、そこからいくつかのところを修正して、後半必ず取り戻せる、逆転できると思って入りました。決して悪い試合じゃなかったと思いますし、選手も最後の最後まで力を振り絞って、ゴールを奪おうと走ってくれて、その点では決して悲観する内容ではなかったんですけども、結果は結果としてしっかり受け止めなければいけないと思っています。ただ、球際の所、そこで相手も必死に食らいついてきた。球際のバトルでもっと相手を上回っていくこと。これは我々が勝っていくうえで重要なことだと思うので、今日の試合を、さらに立て直して上を目指す1つのきっかけにしてやっていかなければと思っています。次に勝点3を取れるように、しっかりとまたトレーニングを積んでいこうと思います」

Q:球際で相手も必死に食らいついてきたとおっしゃったんですが、札幌もこれまでの試合ではそこまでガツガツくるチームではなかったのではないかと思います。その部分で想定の違いがあったのかなとも思いますが、それについていかがでしょうか?
「いや、だいたいこういう試合というのは、必ず1つの法則に従ってゲームが動く。監督が代わった時というのは、より前に、よりアグレッシブに、より球際も激しくなる。そういうことは選手も十分、わかった上で臨んでいます。そこで決して負けていたとは言いませんが、相手をそこで上回って初めて、僕らは勝つチャンスをつかめるので、そこを相手よりも上回る、もっと言えば数段上回るというところに持っていかなければいけないと思います」

Q:アンデルソン選手を初めて起用しました。起用の意図と評価をお願いします。
「タイミングとしてはいろんな想定があったんですけども、巻が走るのが難しいと、全力で走れないということで、あのタイミングでカードを切りました。まだまだコミュニケーションとか、コンディションもようやくフィットしてきたところで、彼がどういうプレーを得意として、どういうパスを欲しがっているのか、その辺はまだまだこれから高めていく余地はあると思うんですけれど、リードされている中でチャンスを作って、戦ってくれて、そういう意味ではしっかりやってくれたと思ってます。もっともっと彼の良さは生きてくると信じてます」

Q:失点してからいくつか修正したとおっしゃいました。それと関係することかと思いますが、前半のうちから特にボランチに対して指示を繰り返しておられました。具体的にどういう指示を出されていたのか教えてください。
「ディフェンス面では、どうやってズレを早くして、中盤と最終ラインのところを合わせていくかというところです。攻撃面では、時々2ラインになりがちだったので、もっと隙間に顔を出して、相手を食いつかせるということを話しました」

Q:前節は切り替えが上手くできていたと思いますが、今日はボールを奪われる場面も多かったように思います。その点はいかがでしょうか?
「セカンドボールとか、向こうも激しい1対1を挑んできたので、我々がボールを奪う回数ももちろんあったんですけども、ボールを失う回数も出てきたかなと思います。ゲーム全体として、こちらが下回っていたとは思わないんですが、繰り返しになりますけど、そこの部分では少なくともしっかり上回るということが、我々が勝点を積み重ねていくために重要なことだと思います」

Q:結果的にですが、ゴール前の高さで相手にアドバンテージがあったかと思います。その辺りはどうご覧になっていたでしょうか?
「走れるようにするには、もっと頑張って走れるようになりますけど、身長は、どういう相手にも身体を寄せてしっかり挑んでいかなきゃいけない。他にもっと高さのあるチームはあります。その中で戦っていかなければいけないことだと思います」

Q:自信を持って臨んだとおっしゃった部分について、そこは球際の部分でということではないかと思うんですが、それはこれからどういうふうに、もっと高めていこうと思っていらっしゃいますか?
「自信を持ってというのは、ここまでかなり、1試合1試合成長を続けてきてくれているのと、今週のトレーニングも非常によくやってくれた、それを含めてのことです。何かをすればあっという間に何かが良くなるという魔法はないので、1歩ずつですけれども、しっかりと地道にトレーニングを積み重ねていく以外に道はないと思っています」

2014シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.