MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2014Jリーグディビジョン2 19節

2014年6月21日(土)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 京都サンガF.C.
1 - 4
1 前半 1
0 後半 3

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
20分
[警告]
バヤリッツァ
澤田 崇 前半
20分
[得点]
 
片山 奨典 前半
29分
[警告]
 
  前半
45分
[得点]
大黒 将志
  後半
08分
[交代]
磐瀬 剛(out)⇒伊藤 優汰(in)
  後半
10分
[得点]
大黒 将志
  後半
20分
[得点]
大黒 将志
巻 誠一郎(out)⇒藤本 主税(in) 後半
21分
[交代]
 
  後半
21分
[交代]
田村 亮介(out)⇒中山 博貴(in)
養父 雄仁(out)⇒原田 拓(in) 後半
31分
[交代]
 
中山 雄登(out)⇒キム ジョンソク(in) 後半
31分
[交代]
 
  後半
33分
[得点]
伊藤 優汰
  後半
35分
[交代]
山瀬 功治(out)⇒横谷 繁(in)

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 雨、弱風
気温/湿度 22.6℃ / 84%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 7,031人
主審 吉田 寿光
コミッショナー 石田 久行
副審 村井 良輔、林 可人
第4の審判 西永流 優一
記録員 印南 静男

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 4園田 拓也
DF 6篠原 弘次郎
DF 5矢野 大輔
DF 7片山 奨典
MF 10養父 雄仁
MF 38橋本 拳人
MF 27中山 雄登
MF 17齊藤 和樹
MF 20澤田 崇
FW 36巻 誠一郎



選手名
オ スンフンGK 21
磐瀬 剛DF 22
酒井 隆介DF 2
バヤリッツァDF 20
福村 貴幸DF 16
田森 大己MF 19
工藤 浩平MF 10
駒井 善成MF 7
田村 亮介MF 23
山瀬 功治FW 14
大黒 将志FW 31
選手名
GK 21金井 大樹
DF 23藏川 洋平
MF 2黒木 晃平
MF 8原田 拓
MF 11藤本 主税
MF 28キム ジョンソク
MF 33上村 周平

選手名
杉本 大地GK 29
内野 貴志DF 4
横谷 繁MF 8
中山 博貴MF 15
石田 雅俊MF 18
伊藤 優汰MF 25
宮吉 拓実FW 13
小野 剛
森下 仁志

ハーフタイムコメント
[ 小野監督(熊本) ]
・後半も前半の戦いをしっかり出し、気迫を持って戦うこと。
・玉際で絶対に負けない。
・最後の最後まで足を止めないぞ。
[ 森下監督代行(京都) ]
・相手のセットプレーには注意すること。
・セカンドボール、玉際、もっと闘おう!
・走れ!
試合終了後
[ 澤田選手 ]
立ち上がりは抑え気味でいって、セットプレーから先制点を取れて良かったが、それから相手のペースになってしまった。得点シーンは、練習でやっていた通りで、良いボールが来たので合わせるだけだった。1点取ってたたみかけることも大事だし、失点してからトントンやられることが多いので、盛り返していかなければいけない。なかなか勝つことはできないが、次こそは点を取って勝ちたい。
[ 巻選手 ]
攻撃するのが難しかった。試合の入りやテンポはどちらかというとロアッソにあったと思うが、ゲームの中で失点する時間が良くなかった。今日は点差以上にもったいなかった。こういう結果は真摯に受け止めて次にいかないといけない。自分達のペースの時に点が取れる、得点が決めれずに相手に決められてしまう部分があるので修正しなければいけない。なかなか勝点が取れず、苦しいゲームが続いてるが、雨の中でもたくさんのサポーターが駆けつけてくれて、僕らの力になる試合が続いているので、少しずつ勝点を取って上位に食い込むゲームをしたい。
[ 小野監督 ]
「ここ2節アウェイで、久しぶりのホームということで、多くの方がそれを待ってくれていて、この雨の中でも多くの方が詰めかけて、最後の最後まで応援していただき、それに対して勝利で応えることができなかったことが非常に残念ですし、申し訳なく思っております。ただ選手達はよく戦ってくれましたし、球際もよく出てくれて、失点はありましたけれども最後の最後まで足を止めずゴールに向かっていってくれた。いくつかのビッグチャンスで点が入っていればというのはあったんですけども、そういうところが確実に決められるように、これは地道なひとつひとつのトレーニングでしか変えていくことはできないので、それに向けてしっかりとやっていきたいと思っております。得点差、それから試合の結果は非常に残念ですが、選手達は本当によくやってくれたと思いますし、その選手達の頑張りを勝点に結びつけることができなかったのは、本当に監督である私の責任だし、彼らの努力が報われるように、しっかりここからまたチームを成長させていきたいと思います。」
Q:アンラッキーな失点もあったかと思いますが、4失点してしまったことに関して主な要因は?
「多くの失点はこのところなかったので4失点というのは選手もショックだったと思うんですけども、ただ、ボールを奪いに行けなかったという失点ではなくて、奪いに行ってそれがこぼれてしまった、最後の所も奪いに行って、それが相手の足元に行ってしまった。そういった部分というのは決して選手が下を向く必要はないと思っています。立ち向かって行かない失点というのは次につながらないですけど、奪いに行けばそれが相手にこぼれることもある。でもそれをやっていけば、シーズンを通してこちらにこぼれることもあるし、ただそれに対しての反応の早さというのは、大黒とは1年一緒にやって、代表も含めるともっと長くやってきて、その辺の怖さは十分知っていましたけど、本当に一瞬の反応というのは、彼の良さを見習って我々も身につけていきたいと思います。」
Q:強い雨のゲームは今節が初めてだったかと思いますが、特に指示されたことは?
「今週の紅白マッチをやった時はもっと大雨でしたし、特に雨だからということで戦術を変更するようなことはしていません。ここのスタジアムのピッチ状態は非常に水捌けもいいですし、ただ、シュートに対してのリバウンドは大きく左右するので、シュートを打ってから詰めて行こうということは言っています。」
Q:前半はチームとしてうまく対応できていたと思います。京都の得点に関しては大黒選手や田村選手の個の力も大きかったと思いますが、個の力ではないチームとしての部分で京都との違いを感じられた点があれば教えてください。
「おそらく相手も、同じような形で臨んできていたと思います。球際の所も積極的にプレッシャーをかけて、相手の裏を取ってゴールに向かって行くという、かなりシンプルなところに立ち返って、そこでの勝負になった。最初の5分ぐらい、ちょっと向こうの気迫がまさったところがあったんですけど、そこからはよく跳ね返してくれて、我々のチームも非常によくやってくれたんじゃないかと思います。確かに個の部分でドリブルでかわされたり、シュートの上手さとかはありましたが、逆にそれ以外の部分では我々の方がまさっていた部分が多かったんじゃないかなと思っています。ですから決して下を向く試合ではないと思ってます。」

2014シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.