MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2014Jリーグディビジョン2 13節

2014年5月11日(日)
16:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 湘南ベルマーレ
1 - 3
1 前半 0
0 後半 3

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
中山 雄登 前半
16分
[警告]
 
澤田 崇 前半
16分
[得点]
 
  ハーフタイム

[交代]
宇佐美 宏和(out)⇒藤田 征也(in)
  後半
02分
[得点]
菊池 大介
  後半
13分
[交代]
武富 孝介(out)⇒岡田 翔平(in)
仲間 隼斗(out)⇒藤本 主税(in) 後半
17分
[交代]
 
  後半
22分
[得点]
大槻 周平
  後半
23分
[得点]
ウエリントン
中山 雄登(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
29分
[交代]
 
  後半
30分
[交代]
菊池 大介(out)⇒島村 毅(in)
原田 拓(out)⇒橋本 拳人(in) 後半
36分
[交代]
 
  後半
38分
[警告]
菊地 俊介

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 晴、中風
気温/湿度 25.6℃ / 39%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 6,517人
主審 吉田 哲朗
コミッショナー 山本 好彦
副審 清野 裕介、佐藤 裕一
第4の審判 田島 宏則
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 21金井 大樹
DF 23藏川 洋平
DF 6篠原 弘次郎
DF 4園田 拓也
DF 7片山 奨典
MF 10養父 雄仁
MF 8原田 拓
MF 27中山 雄登
MF 17齊藤 和樹
MF 30仲間 隼斗
FW 20澤田 崇



選手名
秋元 陽太GK 37
遠藤 航DF 3
丸山 祐市DF 14
三竿 雄斗DF 17
宇佐美 宏和MF 4
菊地 俊介MF 2
永木 亮太MF 6
菊池 大介MF 10
大槻 周平FW 19
ウエリントンFW 9
武富 孝介FW 39
選手名
GK 31シュミット ダニエル
DF 5矢野 大輔
MF 11藤本 主税
MF 19五領 淳樹
MF 33上村 周平
MF 38橋本 拳人
FW 36巻 誠一郎

選手名
梶川 裕嗣GK 21
島村 毅DF 30
岩尾 憲MF 13
石川 俊輝MF 16
亀川 諒史MF 26
藤田 征也MF 33
岡田 翔平FW 22
小野 剛
曺 貴裁

ハーフタイムコメント
[ 小野監督(熊本) ]
・気持ちの入ったすばらしい試合をしている。このフルパワー、フルパワーがピッチにみなぎり、この試合をものにしよう。
[ 曺監督(湘南) ]
・守備意識の強い相手なので、緩急の変化をつけて攻撃しよう。
・逆転しよう。
試合終了後
[ 園田選手 ]
前半からすごくみんな勝利してやるという気持ちで入って先制点を取れたが、後半の入りが悪く、早い時間に失点し、チーム全体的にもメンタル的にもいけなかった。先制点のシーンは、相手のDFの裏にうまくボールを入れると、澤田選手はいつもスペースに走ってくれるので、そこがよかった。前半は相手とそこまで差は感じなかったが、後半に相手が得点をしてから、勝ってやろうという気持ちが自分達よりも相手の方が強かったことが勝敗を決めたのではないかと思う。連戦を全てフル出場できたが、結果がついてきていないので、今回連戦が終わって間があくので、しっかり準備して次の試合に臨みたい。
[ 澤田選手 ]
先制するまでは良かったが、相手に1点目を取られた後、自分が決めるチャンスがあった所を決めきれず、このような結果になってしまった。相手の背後を突いて、相手を後ろ向きにすることを心がけていたし、相手は連勝中なので止めてやろうという気持ちだった。得点を取れるところで取れていないところと、最後まで走り抜ける体力やフィジカルをつけていかなければならないところが課題。
[ 小野監督 ]
選手達は本当に頑張ってくれたんですけど、最後まで応援してくれたサポーターの方々に勝点を持ち帰ること、届けることができず非常に残念です。ただ、選手のパフォーマンスに関しては非常にいい試合をしてくれたと思ってます。湘南は連勝している理由があるチームだと思っていましたし、攻守の切り替えの早さや攻撃に出てくるスピード。いろんなチームがいろんな策を講じている中で、我々は真っ向勝負でその攻守の切り替えを上回りたい、球際の所、運動量で上回りたいということで、選手もそれを十分理解してハードワークしてくれたと思ってます。失点だけを考えると非常に悔やまれますけれども、選手が最後まで見せてくれた闘志と今日の試合に至る過程、それから今日の試合のパフォーマンスに関しては次につながると信じていますし、パフォーマンス自体には満足しています。勝点を取れなかったのは私の力不足で選手は力を出し切ってくれたと思っています。
Q:攻守の切り替え等で上回れる時間と、相手が上回る時間帯があったと思いますが、その差を分けたものは何だったんでしょうか?
お互いに同じようなことを考えていたと思います。相手を押し込んでスペースがあったらボールを動かしてそこからチャンスを探るという形。前半は押し込む時間が結構あったと思います。失点後もかなり押し込む時間はあったんですが、失点の時間帯だけ向こうもいろいろ攻めてを変えてきて、シンプルなロングボールを入れられてそこのセカンドボールを拾うスピード、前半と比べて落ちたかと言ったらほんのちょっとだと思うんですけど、その1歩が若干落ちた時間帯でセカンドボールを拾われて、ボールに寄せる時我々の方が相手を上回った時はゲームを優勢に進めることができましたし、それが連続して何本か放り込まれラインを下げられてセカンドボールにちょっと遅れる。その50cm、1mというのがやや苦しい時間帯が出てきたと思います。そういうところをしっかりしのげるようにすること、それから押し込む時間をもう少し長くしていくこと、その辺はシーズンを通して彼らが必ずやってくれるんじゃないかと思います。
Q:3失点目は練習でも意識しているキックオフからでしたが、何が問題でだったのか、少し意識が抜けていたということでしょうか?
それはキックオフに限らず、90分の中で我々がやりたいこと相手がやりたいこと、それは相対的にゲームに出てくるので我々はこうしたい、でも相手はそうさせたくない、もしくは断ち切ろうとやってくるわけで思った通りのこと、練習した通りにいくんだったらこんな簡単な話はないんですけど、選手自身が1つ1つのことから学んで成長してくれればそれでいいと思います。
Q:湘南については志向するものが似ている部分があるとおっしゃっていました。結果的に今日の試合を受けて湘南から学ぶべき点や、選手達に分かって欲しいという点がありましたら教えてください。
学ぶことというより選手も今日の試合、ある部分では手応えも感じていると思います。それで目指す方向性がよりはっきりと今、おそらく心に刻まれていると思うので、1つ1つのことをもっと磨きをかけていく、精度を上げていく、そういうことに尽きるんじゃないかなと思ってます。
Q:湘南が相手ということで、選手達も高いモチベーションだったかと思いますが、いつもと違う声やミーティングで伝えたことなどありましたか?
ミーティングは短いものでした。ここまでに至るいくつかの試合の中、それからトレーニングの中で全てのメッセージ、どういうことをやってきたかということ、選手自身がそれは十分に分かって試合を迎えていたと思います。あえてもう1回それをいろいろなことを言う必要もないくらい、皆いい目をしていましたし、自信を持って送り出すということが私の最後の仕事だったかなと思ってます。
Q:金井選手を先発起用したのは?
金井大樹は、試合に出ていてシュミット ダニエルが来てサブに回ったんですが、その中でもコンスタントにトレーニングに励んでくれていました。その成果が必ずいい方に出ると信じていました。ダニエルの方はこれだけ試合に出続けた経験がなく、かなり足が張ってしまってプレーするのが難しいような状況だったので、1回しっかりとコンディションを整えて次の試合に備えようということで、その両方の理由で変えました。
Q:湘南の質の高いプレーもあったと思いますが、後半に3失点してしまったということで、次への改善のポイントは?
改善のポイントっていうと、どこかしら何かをポンとやればそこからチームが1つ上にポンと行くという風に思われるかもしれませんけども、そういったものではなくやはり1つ1つの要素、どこかにたくさんいっぱい石があって、この石さえ磨けばというのがあれば簡単なんですけど、全ての石を取り出してしっかり磨いていく、全ての要素を上げてく、そういった地道な作業をこれからやってくことじゃないかなと思います。1つ1つの精度やスピードを上げていく、もっともっと運動量を上げていく。逆にいうと、それぐらい今日はいい試合をしてくれたと思っていますし、その中で何か足りない要素をというより、ここまでやってきた方向性の中でもっとさらに磨きをかけていこうという試合じゃなかったかなと思います。

2014シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.