MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2019 シーズンシート ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2014Jリーグディビジョン2 7節

2014年4月13日(日)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 カマタマーレ讃岐
4 - 1
1 前半 0
3 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
藏川 洋平 前半
03分
[得点]
 
養父 雄仁 前半
13分
[警告]
 
仲間 隼斗 後半
13分
[得点]
 
  後半
16分
[交代]
高橋 泰(out)⇒アラン(in)
  後半
25分
[交代]
アンドレア(out)⇒関原 凌河(in)
  後半
27分
[警告]
野口 遼太
岡本 賢明 後半
30分
[得点]
 
  後半
30分
[交代]
山本 翔平(out)⇒持留 新作(in)
岡本 賢明(out)⇒ファビオ(in) 後半
35分
[交代]
 
  後半
39分
[警告]
武田 有祐
藏川 洋平(out)⇒藤本 大(in) 後半
40分
[交代]
 
澤田 崇(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
44分
[交代]
 
仲間 隼斗 後半
44分
[得点]
 
  後半
45+1分
[得点]
我那覇 和樹

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 雨、強風
気温/湿度 14.0℃ / 63%
ピッチ 良芝、水含み
入場者数 6,574人
主審 佐藤 隆治
コミッショナー 小林 進
副審 金田 大吉、清水 崇之
第4の審判 福島 孝一郎
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 21金井 大樹
DF 23藏川 洋平
DF 4園田 拓也
DF 5矢野 大輔
DF 7片山 奨典
MF 10養父 雄仁
MF 8原田 拓
MF 30仲間 隼斗
MF 17齊藤 和樹
MF 14岡本 賢明
FW 20澤田 崇



選手名
森田 耕一郎GK 1
武田 有祐DF 22
ソン ハンキDF 29
野口 遼太 DF 17
小澤 雄希DF 2
岡村 和哉MF 25
高木 和正MF 10
山本 翔平MF 26
アンドレアMF 20
我那覇 和樹FW 9
高橋 泰FW 23
選手名
DF 6篠原 弘次郎
DF 32藤本 大
MF 9ファビオ
MF 19五領 淳樹
MF 22吉井 孝輔
MF 27中山 雄登
FW 36巻 誠一郎

選手名
石井 健太GK 16
藤井 航大DF 3
持留 新作DF 7
綱田 大志MF 15
関原 凌河MF 18
西野 泰正FW 11
アランFW 14
小野 剛
北野 誠

ハーフタイムコメント
[ 小野監督(熊本) ]
・よく戦っている。次の45分もしっかり戦おう。
・プレーのミスはみんなでカバーしあおう。
・気持ちで負けないぞ。
[ 北野監督(讃岐) ]
・落ち着いて、トレーニングでやってることをする。
・シュートの意識を高くもつ。
・玉際、1vs1で負けない。
・立ち上がり、勢いをもって入る。
試合終了後
[ 原田選手 ]
ポジションは確約されていないので、チャンスは自分でつかまなければという思いで、今日は勝点3が取れて、勝利に貢献することができて良かった。今週はセットプレーで得点シーンを練習していたのでトレーニング通りだった。讃岐の北野監督や上村ヘッドコーチに挨拶ができましたが、自分が熊本に加入するきっかけとこれだけ長くプレーすることができているので、感謝しています。
[ 仲間選手 ]
自分の1点目の得点シーンは、片山選手のクロスが良く、自分はシュートイメージを作らず入ったので、良かった。2点目は得意な形からのシュートができて良かった。チームとしてやっていることは間違っていないし、良い方向へ向かっていることは間違いない。素直に嬉しかった。チームは上位ではないので、自分も含め点を取って上位に食い込みたい。
[ 金井選手 ]
率直に嬉しい。ただ0で終わりたかったというのがあるので、次に向けて成長ができるというゲームだった。これまで4年間、控えや試合に出場できない期間があり、スタメンがやっと来たかという印象だった。落ち着いてプレーできた。試合前、全員が声をかけてくれたので、自分一人の勝利ではなく、全員で勝ち取った勝利。失点シーンは、自分がパンチングをした後の対応が悪かったと思う。今日からスタートに立てた。自分ができることを精一杯やりたい。
[ 藏川選手 ]
初ゴールはとても嬉しいが、失点などもあって少しもやもやしている。得点シーンは、今週、トレーニングで練習していたセットプレーの1つ。監督やスタッフのスカウティングが効いているし、ゴールに入って良かった。チームのやろうとしていることは浸透してきているのかなと思う。GKやCBが変わったが、誰が出場しても同じプレーができることは良いこと。今日は良い勝ち方ができたので、これを次につなげて、自分達の立てた目標でもあるプレーオフ出場に少しでも近づけるよう頑張りたい。
[ 岡本選手 ]
早く結果を残したかったし、熊本の皆さんに存在を示すことができたのかなと思う。今日はあまりチャンスがなくて、フラストレーションもたまっていたので、ワンチャンスを決めれて自信になったので良かった。今日の1点目が良い形でのゴールで、皆が自分の子どもの誕生の為にゆりかごをやってくれて嬉しかったので、次は自分で決めたいと思っていた。自分が決めた後は2回目だったけど、ゆりかごをやりたかったので、皆に一緒にやってもらえて嬉しかった。自分の子どもが生まれた次の試合は一生に数回しかないと思うので、その試合でゴールを決めることができて良かった。まだまだ結果を出していかないといけないと思うので頑張りたい。
[ 小野監督 ]
まず相手の讃岐ですが、勝ち星には恵まれていないんですが、何試合か見た中でも、
決して負ける試合内容ではない、そういう試合がかなりありました。実際に今日も非常にクオリティの高いサッカーで、苦しい試合になるだろうなと思っていましたし、実際に強い風もあり相手の気迫もあり、思った通り簡単な試合ではなかったです。非常に苦しい試合でした。ただ、選手達が集中を切らさずよく頑張ってくれて、特に攻めた後しっかりと切り替えをやってくれ、そういう中で集中を切らさず最後までやり続けた。それから、トレーニングでいろいろやっていたことが結びついて、得点まで至っていったこと、この辺のところを選手がしっかりと勝利に結びつけてくれたと思ってます。選手に感謝したいと思うし、雨、風強い中で最後まで応援してくれた赤いサポーターに感謝したいと思います。

Q:金井選手が先発した事情と、金井選手の評価は。
残念ながら畑は昨日のトレーニングの時に負傷して、本当はベンチにでもと思ったんですけども、治療を優先した方がいいであろうということで、思い切って外しました。金井に関しては、1回1回のトレーニングに集中して取り組んでくれて、今日の試合でもしっかりとプレーしてくれました。(本人は)Jリーグ初めての経験になると思いますが、やってくれると思い信じて送り出しました。堂々としていて最後残念ながら無失点で終わることはできませんでしたけど、それは本人も悔しがっていましたが、それ以上に非常に堂々と、落ち着いたプレーをしてくれて、DFラインに安心感を与えてくれたと思ってます。よくやってくれたと思います。

Q:前半の風上と後半の風下で状況によってロングボールと下のボールを使い分けていたような印象ですが指示をされたんでしょうか?
直接、風上だからこうしろとかいう指示はないんですけど、相手が来た場合のボールの動かし方、来ない場合の動かし方、風上のときに後ろのスペースを使うのは難しくなるんですけど、風下になったときは相手を裏返すようなところというのは、織り込むことができるので、相手の出方やいろんな状況に応じてというところ、細かい指示までは出していません。選手が判断してよくやってくれたんじゃないかなと思います。

Q:後半から藤本大選手もJリーグ初出場ですが、起用の理由と評価を教えてください。
最後の方はどうしてもロングボールが増えてくるであろうということ、それから、セットプレーからの失点を防ぎたいという部分もあって投入しました。彼は高さ、強さでいうとチームの中でも非常に高い能力を発揮してくれています。唯一、経験だけがまだ足りないのでどこかで経験を積ませたい、それが今シーズン必ずチームの大きな力になるという風に信じて、この試合をしっかり抑えたいというのもあって投入しました。最初だったので緊張してミスもあったと思うんですけど、それが次に必ずいい形でつながると思います。

Q:2連勝という結果ですがこれまではパスの精度や決定力等の課題もあったと思います。今日4得点ということでの手応えはいかがでしょうか?
今までも、いい形というのは何回も作ってくれていたし、いいボールの動かし方、パスワークというところまではいってました。でも、もう1つつながったらという場面でミスが出てしまったり、最後の所でちょっと意思疎通が合わなかったり。そういう意味ではだいぶ、1つ1つトレーニングしてきた部品が、いい形で組合わさってきているかなと思ってます。1つ1つのところ、選手の中ではかなり意図したプレーで得点までつないでくれたんじゃないかなと、今日の4得点に関してもそう思ってます。

2014シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.