MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2014Jリーグディビジョン2 6節

2014年4月5日(土)
16:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 横浜FC
1 - 0
1 前半 0
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
篠原 弘次郎 前半
31分
[警告]
 
  前半
31分
[警告]
黒津 勝
齊藤 和樹 前半
35分
[得点]
 
橋本 拳人 前半
36分
[警告]
 
岡本 賢明 後半
03分
[警告]
 
  後半
04分
[警告]
寺田 紳一
  後半
07分
[警告]
ドウグラス
  後半
13分
[交代]
ホナウド(out)⇒パク ソンホ(in)
  後半
19分
[警告]
中島 崇典
  後半
24分
[交代]
小野瀬 康介(out)⇒永田 拓也(in)
岡本 賢明(out)⇒中山 雄登(in) 後半
26分
[交代]
 
齊藤 和樹 後半
28分
[警告]
 
澤田 崇(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半
28分
[交代]
 
  後半
29分
[警告]
野崎 陽介
橋本 拳人 後半
35分
[退場]
 
  後半
37分
[交代]
市村 篤司(out)⇒小池 純輝(in)
  後半
38分
[警告]
野上 結貴
仲間 隼斗(out)⇒園田 拓也(in) 後半
38分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム ニッパツ三ツ沢公園球技場
[AWAY]
天候 晴、中風
気温/湿度 13.2℃ / 31%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,719人
主審 クート デービット
コミッショナー 入江 勉
副審 相楽 亨、平間 亮
第4の審判 野口 達生
記録員 宮本 由利子

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 23藏川 洋平
DF 6篠原 弘次郎
DF 5矢野 大輔
DF 7片山 奨典
MF 38橋本 拳人
MF 10養父 雄仁
MF 14岡本 賢明
MF 17齊藤 和樹
MF 30仲間 隼斗
FW 20澤田 崇



選手名
南 雄太GK 18
市村 篤司DF 15
ドウグラスDF 4
野上 結貴DF 2
中島 崇典DF 27
寺田 紳一MF 10
佐藤 謙介MF 8
小野瀬 康介MF 19
野崎 陽介MF 13
黒津 勝FW 9
ホナウドFW 20
選手名
GK 21金井 大樹
DF 4園田 拓也
MF 8原田 拓
MF 13大迫 希
MF 19五領 淳樹
MF 27中山 雄登
FW 36巻 誠一郎

選手名
渋谷 飛翔GK 1
永田 拓也DF 32
渡辺 匠MF 30
小池 純輝MF 14
野村 直輝MF 5
内田 智也MF 7
パク ソンホFW 39
小野 剛
山口 素弘

ハーフタイムコメント
[ 小野監督(熊本) ]
・集中したいいゲーム、最後まで続けよう。
・苦しい時間帯はみんなで声をかけあっていこう。
・オレたちのサッカーを最後の最後まで続けよう。
[ 山口監督(横浜) ]
・シンプルにプレーすること。シンプルにボールを動かそう!シンプルにボールを奪おう!
試合終了後
[ 小野監督 ]
ここ数試合、勝ち星から遠ざかっていたので、しっかりとした内容のサッカーをして勝点3を取ったということ、とにかく集中して最後までハードワークで自分達のサッカーを貫こうと送り出したが、選手達は苦しい時間もありながら、最後まで集中してやってくれたのでよかったと思っています。
しいて言えば、決めるところを決めないと最後に苦しくなるので、もっとしっかりチャンスを決めることはやっていかないといけないと思います。
やはり前線からアグレッシブにボールを奪いにいくという所が、自分達のサッカーなので、攻撃もそこからいい攻撃もうまれてくるので、もう1回、前線からハードワークをしていこうと言っていたので、よくやってくれたと思います。数的不利になってからは放り込まれましたが、逆にやることがはっきりして跳ね返していたと思います。
練習でやってきたことは試合の中に断片的には出てきて、なかなか全部が結びつかない、2つぐらいいいプレーがでてもミスが出るということもありました。断片的に出てきて、それがなかなか得点や勝点につながっていかないと、作ってきたものまでも消えてしまうというサッカーはそういうことが度々あって経験もしてきたので、自分達のサッカーを失わないうちに結果、ゴールになってきた、結びつけられたので、やってきたことが咄嗟に出てきたことはプロフェッショナルだと思います。
[ 畑選手 ]
前半は中盤からもプレスができていて、展開も早かったので、後ろも体をはって守りやすかった。
一人少なくなってからは、体をはって、ゴール前でみんな守っていた。
南選手にはこれまでお世話になって、GKは0を見せることが成長を見せられるいうことで、0で抑えて勝つことができて良かったです。南選手には今日、少しは成長したところを見せれたと思うし、まだもう1試合あるので、その時はもっと成長して勝てるように頑張りたいです。
[ 齊藤選手 ]
最近、点を取れていなかのでゴールは嬉しかったし、それがまた勝利につながったことが嬉しい。自分達の試合ができたのではないかと思う。今日は無失点で抑えれて守備も攻撃もしっかりやれた。ホームゲームでも、もっと点を取っていきたいので、次も頑張ります。

2014シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.