MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2013Jリーグディビジョン2 37節

2013年10月20日(日)
16:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ジェフユナイテッド千葉
0 - 6
0 前半 3
0 後半 3

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
20分
[警告]
田中 佑昌
  前半
33分
[得点]
田中 佑昌
  前半
35分
[得点]
ケンペス
  前半
38分
[得点]
高橋 峻希
  後半
07分
[得点]
ケンペス
藤本 主税(out)⇒堀米 勇輝(in) 後半
14分
[交代]
 
  後半
14分
[警告]
佐藤 健太郎
  後半
17分
[交代]
町田 也真人(out)⇒大塚 翔平(in)
齊藤 和樹(out)⇒北嶋 秀朗(in) 後半
22分
[交代]
 
  後半
22分
[得点]
ケンペス
  後半
28分
[交代]
佐藤 健太郎(out)⇒森本 貴幸(in)
養父 雄仁(out)⇒仲間 隼斗(in) 後半
35分
[交代]
 
  後半
39分
[交代]
田中 佑昌(out)⇒佐藤 勇人(in)
  後半
45分
[得点]
森本 貴幸

ゲーム開催記録
スタジアム フクダ電子アリーナ
[AWAY]
天候 雨、弱風
気温/湿度 16.1℃/85%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 7,342人
主審 家本 政明
コミッショナー 鈴木 貞雄
副審 西尾 英朗、間島 宗一
第4の審判 塚田 智宏
記録員 田中 基晴

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 3高橋 祐太郎
DF 22吉井 孝輔
DF 5矢野 大輔
MF 23藏川 洋平
MF 2黒木 晃平
MF 10養父 雄仁
MF 7片山 奨典
MF 11藤本 主税
FW 17齊藤 和樹
FW 25ウーゴ



選手名
岡本 昌弘GK 1
米倉 恒貴DF 11
キム ヒョヌンDF 20
竹内 彬DF 3
高橋 峻希DF 33
山口 慶MF 13
佐藤 健太郎MF 16
兵働 昭弘MF 10
田中 佑昌MF 6
町田 也真人MF 28
ケンペスFW 37
選手名
GK 1畑 実
DF 24筑城 和人
MF 13大迫 希
MF 28堀米 勇輝
MF 30仲間 隼斗
FW 39北嶋 秀朗
    

選手名
大久保 択生GK 21
大岩 一貴DF 15
佐藤 勇人MF 7
谷澤 達也MF 39
深井 正樹FW 9
大塚 翔平FW 14
森本 貴幸FW 30
池谷 友良
鈴木 淳

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督代行(熊本) ]
・0-3という状況を頭に入れる。1点ずつ取り返すぞ!
・前からボールにいく。守備からまずいくこと。
・相手以上に動いて強くいかないといけない。
・戦え!意地を見せろ!
[ 鈴木監督(千葉) ]
・後半も手を緩めないこと。勝ったとは思わないこと。
・ボールを動かして簡単にプレーしていこう。
・続けて前からプレッシャーをかけていこう。
試合終了後
[ 池谷監督代行 ]
結果0-6で大敗したことは重い。試合の入り方は悪くなかった。前線からプレッシャーをかけ、自分達の時間も作れたし、チャンスもあった。ミスから1点目を失点し、浮き足立ってしまった。1点を食い止める事ができなくなって、中盤のプレッシャーもかけれず、このような展開になってしまった。
ハーフタイムに、0-3を受け止めて守備を良くし、1-3, 2-3, 3-3としていこうと言って送り出したし、積極的に前から行っていたが、相手の個が強くて負けてしまった。失点があまりにもあっさりし過ぎていた。
[ 高橋選手 ]
失点するまではボールが拾え、自分達の流れでプレーできていた。失点シーンはミスが2回続いて、あのようにゴール前に取られたら失点する確率は上がる。試合の中で1失点しても立て直してやらなければいけないが、5分以内に2,3失点してしまった。今日の試合を楽しみにしていただけに悔しい結果。
[ 北嶋選手 ]
0-6というような試合をすることを改善し、メンタルの弱さを直さなければいけない。
いきなりあのようにゲームの表情を簡単に変えてしまうことについては、気持ちということでは片付けたくないが、メンタルの部分が強いと思う。これはすぐに治るというわけではないので、一人一人が意識するしかないし、みんなが責任感を持ってやることが大事。ただ、前に進まなければいけないので、受け入れて残留に向けて頑張りたい。
振り向きざまのシュートについては、右の巻き気味にポストあたりを狙った。自分の形のシュートではないし、あまりあのようなシュートは狙わないが、体があのような形のシュートになった。シュートを打つ意識は持ちたい。
今日はボランチとCBの間で起点になることを意識して、チャンスがあればニアサイドを狙っていた。感触は良かったので、これからも狙っていきたい。
これから行くアウェイの試合が最後のスタジアムになる。フクアリは自分でも思い出のある、自分のベストゴールのスタジアムでもあるので感慨深い。今日、千葉のサポーターも選手紹介で自分の名前が呼ばれた時に拍手をしてくれたことにお礼を言いたい。また、柏からも応援に来てくれた方々もいて嬉しかった。

2013シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.