MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦

2013年10月14日(月)
15:00キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 サンフレッチェ広島
0 - 2
0 前半 1
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
01分
[得点]
石原 直樹
大迫 希(out)⇒藏川 洋平(in) ハーフタイム

[交代]
 
矢野 大輔 後半
10分
[警告]
 
  後半
12分
[交代]
ミキッチ(out)⇒山岸 智(in)
藤本 主税(out)⇒堀米 勇輝(in) 後半
16分
[交代]
 
  後半
18分
[得点]
佐藤 寿人
  後半
23分
[交代]
佐藤 寿人(out)⇒岡本 知剛(in)
片山 奨典(out)⇒仲間 隼斗(in) 後半
26分
[交代]
 
  後半
32分
[警告]
岡本 知剛
  後半
38分
[交代]
高萩 洋次郎(out)⇒パク ヒョンジン(in)

ゲーム開催記録
スタジアム エディオンスタジアム広島
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 25.2℃ / 47%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 5,876人
主審 福島 孝一郎
コミッショナー 柴岡 登美男
副審 村上 孝治、竹田 明弘
第4の審判 池内 明彦
記録員 平尾 聡

メンバー表
選手名
GK 1畑 実
DF 3高橋 祐太郎
DF 4青木 良太
DF 5矢野 大輔
MF 13大迫 希
MF 2黒木 晃平
MF 22吉井 孝輔
MF 7片山 奨典
MF 10養父 雄仁
MF 11藤本 主税
FW 25ウーゴ



選手名
増田 卓也GK 13
塩谷 司DF 33
千葉 和彦DF 5
水本 裕貴DF 4
ミキッチMF 14
青山 敏弘MF 6
森﨑 和幸MF 8
清水 航平MF 27
石原 直樹MF 9
高萩 洋次郎MF 10
佐藤 寿人FW 11
選手名
GK 18南 雄太
DF 23藏川 洋平
DF 24筑城 和人
MF 28堀米 勇輝
MF 30仲間 隼斗
FW 17齊藤 和樹
FW 39北嶋 秀朗

選手名
原 裕太郎GK 21
中島 浩司MF 35
岡本 知剛MF 15
井波 靖奈MF 26
パク ヒョンジンMF 17
山岸 智MF 16
イ デホンMF 19
池谷 友良
森保 一

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督代行(熊本) ]
・ボールを動かせるスペースはある。攻撃のテンポを上げよう。
・スライドは早くしよう。我慢してプレーしよう。
・自信を持ってプレーを。まだやれるぞ!
[ 森保監督(広島) ]
・相手を押し込んでいるときのリスクマネジメントをしっかりやろう。
・慌てずにボールを動かしていこう。
・チャンスは作っている。2点目を奪うぞ!
試合終了後
[ 池谷監督代行 ]
今日はJ1のトップである広島とゲームをすることで、自分達の立ち位置や個人としての立ち位置が分かる機会だった。相手をリスペクトしすぎず、楽しくプレーしよう、チャレンジしようと言って送り出した。ただ、立ち上がり早い時間に失点したので、浮き足立ってしまい、自信を失って怖がってしまったが、1点で凌いで後半巻き返しをはかれればと思っていた。選手は最後までチャンレジしてくれた。
最後まで粘り強く守ることはできましたが、個の質が違うことは感じたし、将来、熊本もこのステージに上がりたいので、もっとレベルをあげなければいけない。
今日の試合では、なかなか良いボールが前に入らないし、起点ができないことや崩す部分は難しいかなと感じた。
後半、堀米選手から良いボールが供給し、良い場面もあった。相手のDFは代表クラスの選手もいるので、スキルをもってないと崩せないし、J2とJ1の違いを感じた。
[ 吉井選手 ]
一人一人個人の上手さや早さを感じた。その中で体感できたことは良かった。その差をうめないとJ1を目指せない。たくさんのサポーターが来てくれていて勝ちたかった。あのような失点をしてしまっては勝てないし、悔しい思いをさせてしまった。立ち上がりは今後の課題。
[ 堀米選手 ]
久しぶりの試合だったので不安はあったが、コンディションは良かった。出場の時に監督に「やってこい」と言われた。最後のところまでいけないとJ1で通用しない。自分がどこかで満足していた部分を感じた。ボールを受けるパスや自分の良さでもある仕掛けるところをチャレンジした。久しぶりの試合だったので、課題を結果につなげることが必要。自分が出場していない時にチームが負けていなくて、悔しい思いや責任を感じたので、反骨心をもって臨みたい。
[ 藤本主税選手 ]
このスタジアムは良いグラウンドで雰囲気も良かった。温かく迎えてくれてありがたかった。
今日の試合を一言でいうと残念。もっとやれたと思うし、1つのパスや縦パスにまだ一歩踏み出す勇気が必要だった。個の部分で乗り越えることが重要。広島は強く、J2にはない完成度。今日はモチベーションが高かった。広島の方々にも今の自分を見せることができて感謝しています。

2013シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.