MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2013Jリーグディビジョン2 25節

2013年7月20日(土)
18:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 栃木SC
1 - 0
0 前半 0
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
原田 拓 前半
26分
[警告]
 
  前半
40分
[警告]
サビア
仲間 隼斗(out)⇒齊藤 和樹(in) 後半
12分
[交代]
 
齊藤 和樹 後半
13分
[警告]
 
矢野 大輔 後半
18分
[警告]
 
北嶋 秀朗(out)⇒ファビオ(in) 後半
32分
[交代]
 
片山 奨典 後半
34分
[得点]
 
  後半
34分
[交代]
杉本 真(out)⇒湯澤 洋介(in)
  後半
39分
[交代]
菊岡 拓朗(out)⇒久木野 聡(in)
  後半
43分
[警告]
久木野 聡
  後半
45分
[交代]
廣瀬 浩二(out)⇒勝又 慶典(in)
片山 奨典(out)⇒筑城 和人(in) 後半
45+2分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 栃木県グリーンスタジアム
[AWAY]
天候 晴、無風
気温/湿度 22.3℃ / 74%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,676人
主審 今村 義朗
コミッショナー 松浦 敏夫
副審 秋澤 昌治、関谷 宣貴
第4の審判 金井 清一
記録員 諏訪 英司

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 5矢野 大輔
DF 22吉井 孝輔
DF 38橋本 拳人
MF 23藏川 洋平
MF 2黒木 晃平
MF 8原田 拓
MF 7片山 奨典
FW 28堀米 勇輝
FW 39北嶋 秀朗
FW 30仲間 隼斗



選手名
榎本 達也GK 37
西澤 代志也DF 2
チャ・ヨンファンDF 5
當間 建文DF 6
山形 辰徳DF 17
クリスティアーノMF 11
高木 和正MF 10
杉本 真MF 16
菊岡 拓朗MF 28
廣瀬 浩二MF 8
サビアFW 9
選手名
GK 1畑 実
DF 3高橋 祐太郎
DF 24筑城 和人
MF 9ファビオ
MF 14ドゥグラス
FW 17齊藤 和樹
    

選手名
柴崎 邦博GK 1
大和田 真史DF 4
赤井 秀行DF 19
本橋 卓巳MF 13
湯澤 洋介MF 20
勝又 慶典FW 18
久木野 聡FW 38
池谷 友良
松田 浩

ハーフタイムコメント
[ 池谷監督代行(熊本) ]
・セカンドボールを取ろう。
・押し込まれているが、慌てず集中力を保ってディフェンスしよう。
・サイドチェンジや相手の背後をとる動きが少ない。
[ 松田監督(栃木) ]
・このまま我慢強く続ける。
・相手のリスタートとカウンターに気をつけよう。
・ゴールを決めて勝利しよう。
試合終了後
[ 池谷監督代行 ]
前半、相手の圧力が強く、やりたいことができなかったが、よく耐えた。後半は相手のプレスが緩んできて、ボールが収まりだし、相手の背後やサイドチェンジができるようになり、リズムが良くなった。
前半は自分達の守備位置にしっかり戻ってからスタートしようとしたが、相手の圧力もあり、少しラインが低くなったのは課題。
[ 片山選手 ]
ゴールについては、良い形で右サイドを崩せたのでチャンスだと思ったことと、齊藤選手のサポートになれればと思い、走り込んだ。齊藤選手がよく自分を見てくれていたし、シュートは綺麗ではなかったが、入って良かった。前半、相手の圧力がきつかったが、守備の時の意思統一ができていたので、我慢できた。無失点は本当に嬉しい。
[ 橋本選手 ]
DFはFC東京でもプレーしていたので、問題はなかった。前半、もっとボールを散らしたかったが、相手の圧力が強くてイメージ通りにはいかなかった。ただ、粘り強く耐えれたし、うまくいかない時の連動の共有がしっかりできていたので良かった。
[ 堀米選手 ]
前半、無失点で耐えたDFに感謝したい。攻め込まれた時に頑張れるようになったと思う。後半に入り、相手のプレスが緩んできてボールが持てるようになり、リズムが良くなった。
[ 齊藤選手 ]
途中出場だったので、裏に抜ける意識とディフェンスを頑張ろうと思った。得点シーンは、片山選手がいるのは分かっていたので、一番確率の高いプレーを選択した。

2013シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.