MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2013Jリーグディビジョン2 22節

2013年7月3日(水)
19:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 愛媛FC
1 - 1
1 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
堀米 勇輝 前半
36分
[得点]
 
  前半
45分
[警告]
黒木 恭平
  ハーフタイム

[交代]
高橋 泰(out)⇒渡辺 亮太(in)
  後半
11分
[警告]
渡辺 亮太
  後半
18分
[交代]
赤井 秀一(out)⇒吉村 圭司(in)
原田 拓(out)⇒吉井 孝輔(in) 後半
23分
[交代]
 
養父 雄仁(out)⇒藏川 洋平(in) 後半
28分
[交代]
 
  後半
35分
[警告]
三原 向平
  後半
37分
[得点]
黒木 恭平
堀米 勇輝(out)⇒白谷 建人(in) 後半
39分
[交代]
 
  後半
42分
[交代]
重松 健太郎(out)⇒加藤 大(in)

ゲーム開催記録
スタジアム ニンジニアスタジアム
[AWAY]
天候 雨、無風
気温/湿度 26.9℃ / 72%
ピッチ 全面良芝、水たまり
入場者数 1,104人
主審 荒木 友輔
コミッショナー 久能 幸二
副審 竹田 和雄、佐藤 貴之
第4の審判 西山 貴生
記録員 中矢 正月

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 24筑城 和人
DF 3高橋 祐太郎
DF 5矢野 大輔
DF 7片山 奨典
MF 28堀米 勇輝
MF 38橋本 拳人
MF 8原田 拓
MF 10養父 雄仁
FW 9ファビオ
FW 17齊藤 和樹



選手名
秋元 陽太GK 37
代 健司DF 3
園田 拓也DF 22
黒木 恭平DF 17
三原 向平DF 6
渡邊 一仁MF 4
村上 巧MF 7
赤井 秀一MF 16
重松 健太郎FW 9
石井 謙伍FW 11
高橋 泰FW 33
選手名
GK 1畑 実
DF 22吉井 孝輔
DF 23藏川 洋平
MF 14ドゥグラス
FW 20白谷 建人
FW 39北嶋 秀朗
    

選手名
兼田 亜季重GK 21
小原 章吾DF 15
吉村 圭司MF 8
東 浩史MF 14
加藤 大MF 18
河原 和寿MF 20
渡辺 亮太FW 19
吉田 靖
石丸 清隆

ハーフタイムコメント
[ 吉田監督(熊本) ]
・できるだけ早くDFの裏へ入れることを徹底しよう。
・こぼれ球をひろう。ゴール前へ入れる。これを繰り返そう。
・判断を早く。
・何が起こるか分からないので、ゴール前にボールを入れていこう
[ 石丸監督(愛媛) ]
・もっとスペースを意識しよう。
・相手に時間とスペースを与えないこと。
・強い気持ちを持って前へ行こう。
試合終了後
[ 吉田監督 ]
ボールが動かないグラウンド状況で、蹴り合いにならざるを得なかった。DFの裏に蹴ってこぼれ球を拾うことを徹底してやる、クリアでもいいから大きく蹴り出す戦いだった。最後に押し込まれたが、耐えることができた。今日はお互い消耗戦になった。
[ 高橋選手 ]
今日のピッチの状況で、シンプルに相手のウラをついて、相手を後ろ向きにプレーさせたかったが、前半は相手が下がってスペースがなく、背後を取れなかった。セカンドボールに対して、体をはって間合いを縮めてシュートコースを消す事に集中していた。1つのチャンスにシュートを打たれ失点し、相手に対して引くだけではなく、いくところはいきながら、間合いを縮めて、ミドルシュートを打たせない事が重要。今日の雨の中、サッカーをしたという感じではないが、やることは変わらず、次もしっかり細かいところを1つずつやっていくことで失点も減るし、チーム全体で良い守備をしてゲームに入る事が攻撃につながる。今日は最後に失点してしまったので、90分集中して、1つ1つのプレーを忠実に。次のホームで勝てるよう良い準備をしたい。
[ 堀米選手 ]
ゴール前にいれれば何かが起こるかなと思っていて、運良く入った。うまく踏み込めなかったことが逆に良かったのかもしれない。最後に追いつかれてしまったが、その中でも最低限の勝点1を取れたので、ネガティブになるのではなく、ポジティブに捉え、次はホームなので絶対勝ちたい。期待に応える為にも、熱の込もったプレーをしたい。勝点3を取りたかった中で、残りわずかで失点したが、連敗を断ち切るためにも、そして今後に向けても、今日の試合を大きな勝点1にしたい。

2013シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.