MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2019 シーズンシート ファンクラブ えがお健康スタジアム 水前寺競技場 観戦マナー(えがおスタ) 観戦マナー(水前寺競技場) 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2018シーズンの結果 2017シーズンの結果 2016シーズンの結果 2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2013Jリーグディビジョン2 9節

2013年4月17日(水)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 愛媛FC
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
齊藤 和樹 前半
30分
[警告]
 
養父 雄仁 前半
34分
[警告]
 
福王 忠世 前半
37分
[警告]
 
  後半
20分
[交代]
赤井 秀一(out)⇒加藤 大(in)
北嶋 秀朗(out)⇒大迫 希(in) 後半
35分
[交代]
 
  後半
36分
[交代]
東 浩史(out)⇒関根 永悟(in)
養父 雄仁(out)⇒ドゥグラス(in) 後半
40分
[交代]
 
齊藤 和樹(out)⇒坂田 良太(in) 後半
43分
[交代]
 
  後半
45分
[警告]
関根 永悟
矢野 大輔 後半
45+2分
[警告]
 
  後半
45+4分
[得点]
加藤 大

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 晴、無風
気温/湿度 19,8℃/73%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,501
主審 福島 孝一郎
コミッショナー 田中 賢二
副審 相葉 忠臣、田中 利幸
第4の審判 村上 孝治
記録員 衛藤 薫

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 24筑城 和人
DF 5矢野 大輔
DF 6福王 忠世
DF 7片山 奨典
MF 17齊藤 和樹
MF 22吉井 孝輔
MF 8原田 拓
MF 10養父 雄仁
FW 9ファビオ
FW 39北嶋 秀朗



選手名
秋元 陽太GK 37
代 健司DF 3
小原 章吾DF 15
浦田 延尚DF 2
三原 向平DF 6
吉村 圭司MF 8
トミッチMF 10
赤井 秀一MF 16
河原 和寿MF 20
東 浩史MF 14
石井 謙伍FW 11
選手名
GK 1畑 実
DF 3高橋 祐太郎
DF 33坂田 良太
MF 13大迫 希
MF 14ドゥグラス
MF 26山崎 侑輝
FW 20白谷 建人

選手名
兼田 亜季重GK 21
関根 永悟DF 13
黒木 恭平DF 17
渡邊 一仁MF 4
加藤 大MF 18
渡辺 亮太FW 19
    
吉田 靖
石丸 清隆

ハーフタイムコメント
[ 吉田監督(熊本) ]
・DFラインは下げないようにしよう。
・攻撃はシンプルにボールを動かしながら攻めよう。
・絶対勝つぞ!
[ 石丸監督(愛媛) ]
・攻撃は難しいことはせずにシンプルに。
・自分達からアクションを起こして、攻守ともに連続的に動いていこう。
試合終了後
[ 吉田監督 ]
非常に悔しい試合。前半立ち上がりからゲームを支配していてやろうとしていたことは出来た。悲観することはないと。今日は倒れるまでやれと、強い気持ちで戦うんだと伝えた。
最後決めるところを決める。勝ちきるように「もう一歩、もう一歩」毎日毎日の取り組みをしていかなければならない。
ラインが下がると相手の良さが出るのでラインを下げさせないようにした。サイドバック、ボランチの構成は1日しか準備がなかったがある程度の仕事はしてくれた。ただ、最後のところ、ちょっとしたところで失点をしてしまった。細心の注意が必要だった。
[ 北嶋選手 ]
今日は勝つこと以外何もない中で入った。魂が入った試合だったしこういう試合をしているのに勝ちきれなく本当に辛い。
サポーターが本当に僕たちを支えてくれた。自分達の大きな支えになっている。ブーイングになっちゃうと壊れることがあるんじゃないかと思っていたなか感謝の気持ち、ありがとう。結果で応えていかないといけない。
苦しい時期だと思う。この時期をどう受け止めるのか。逃げた人とか諦めた人とかそういう人には絶対に成功は必ず訪れない。選手、スタッフ、サポーターで乗り越えられる。目をそらさず逃げずに行きたい。
この試合が戦うスタンダードにしてこれがMAXではなく最低のラインでこれにクオリティーを乗っけたい。運動量一つにしてもこれくらいしていかないといけない。
サポーターへは感謝、ありがとう。申し訳ないとは思いたくなくて一緒に戦っている「選手」だし凄く大きな存在。
[ 吉井選手 ]
みんなの気持ちが入っていた。申し訳ない。選手として勝ってサポーターと喜び合いたいし、(試合後のサポーターの応援)「行け」と後押ししてもらった。無駄にしないよう恩返ししたい。今日の負けは悔しいしすぐに山形戦。勝てるようにしたい。
(キャプテンとしての問に)悩むし、考えさせられることが大きい。これを乗り越えられたら大きくなれる。みんなで乗り越えたい。
今日、求められたのは運動量。誰にも負けないように自分が走ればチームに伝わると。チャンスは作れていた、勝ちきれなくて悔しい。

2013シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.