MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2013Jリーグディビジョン2 7節

2013年4月7日(日)
16:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 横浜FC
0 - 0
0 前半 0
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
藤本 主税 前半
11分
[警告]
 
齊藤 和樹(out)⇒北嶋 秀朗(in) 前半
13分
[交代]
 
  前半
27分
[警告]
野上 結貴
原田 拓(out)⇒養父 雄仁(in) 後半
17分
[交代]
 
  後半
28分
[交代]
西嶋 弘之(out)⇒田原 豊(in)
  後半
37分
[交代]
寺田 伸一(out)⇒中里 崇宏(in)
  後半
44分
[交代]
佐藤 謙介(out)⇒野崎 陽介(in)
仲間 隼斗(out)⇒大迫 希(in) 後半
45+2分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム ニッパツ三ツ沢公園球技場
[AWAY]
天候 晴一時雨、強風
気温/湿度 17.4℃ / 30%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,086人
主審 東城 穣
コミッショナー 入江 勉
副審 西尾 英朗、間島 宗一
第4の審判 中原 美智雄
記録員 安藤 裕子

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 23藏川 洋平
DF 22吉井 孝輔
DF 5矢野 大輔
DF 7片山 奨典
MF 30仲間 隼斗
MF 2黒木 晃平
MF 8原田 拓
MF 11藤本 主税
FW 17齊藤 和樹
FW 9ファビオ



選手名
柴崎 貴広GK 26
野上 結貴DF 2
ペ スンジンDF 4
森下 俊DF 3
西嶋 弘之DF 5
松下 裕樹MF 36
寺田 伸一MF 40
佐藤 謙介MF 8
武岡 優斗MF 14
小野瀬 康介FW 19
黒津 勝FW 9
選手名
GK 21佐藤 慎之介
DF 3高橋 祐太郎
DF 24筑城 和人
MF 10養父 雄仁
MF 13大迫 希
FW 39北嶋 秀朗
    

選手名
シュナイダー 潤之介GK 1
森本 良DF 28
中里 崇宏MF 17
野崎 陽介MF 13
田原 豊FW 34
大久保 哲哉FW 39
三浦 知良FW 11
吉田 靖
山口 素弘

ハーフタイムコメント
[ 吉田監督(熊本) ]
・後半は風上になるので、しっかりボールをつないで、チャンスがあれば、ミドルシュートを狙っていこう。
・守備面では、ロングボールへのケアをしっかりと。相手へのプレッシャーは弱めないこと。
・点を取って、何としてでも勝とう!
[ 山口監督(横浜FC) ]
・肩に力が入りすぎ。冷静にプレーすること。
・後半勝負!
試合終了後
[ 吉田監督 ]
風が強かったので、前半はしっかり耐えながら、ボールを動かして決定的な形も作って及第点。後半は、風上に立ったということもあり、縦に急ぎすぎて、攻撃が組み立てれず、バランスが悪くピンチもあり、課題が残る試合だった。それはここ数試合勝っていなくてメンタル的なものなのか、風上に立ったこともあり、サイドを変えればチャンスになるのに、縦に急ぎ過ぎてゴールに向かっていってしまったのではと思う。
[ 北嶋選手 ]
風を意識しすぎたのかもしれない。横に味方がいるのに無理にシュートを打ってしまうシーンがあって、もう少し冷静になれれば。風下の方がプレーがしやすかった。後半は横浜にも勢いがあったので。引き分けが続いているので、この後にくる試合が大事。しっかり勝てるように、良い雰囲気でやっていきたい。
[ 藤本選手 ]
風上でのプレーは、守備ではメリットがあるが、攻撃ではメリットがなかった。今週のトレーニングで、背後から飛び出すという形をやってきていたので、それは出たのではと思う。無失点で抑えられたことは良かった。できれば好条件で試合をやりたかった。
[ 南選手 ]
無失点で抑えられて良かった。引き分けは続いているが、負けてないということ、やっている方向性は決して間違ってないので、続けることが大事。今日の風は難しかった。ただ割り切っている部分もあるので、慌てずできていた。後半は相手がボランチにしっかりついていたので、ボランチから良い配球ができなかった。ただチャンスもあったので、攻守のメリハリ性をつけていきたい。

2013シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.