MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2013Jリーグディビジョン2 2節

2013年3月10日(日)
18:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ジェフユナイテッド千葉
0 - 3
0 前半 1
0 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
10分
[得点]
ケンペス
  前半
34分
[警告]
佐藤 健太郎
北嶋 秀朗(out)⇒ファビオ(in) 後半
13分
[交代]
 
  後半
18分
[交代]
ジャイール(out)⇒ナム スンウ(in)
  後半
24分
[得点]
米倉 恒貴
五領 淳樹(out)⇒大迫 希(in) 後半
26分
[交代]
 
  後半
30分
[得点]
ケンペス
  後半
30分
[交代]
米倉 恒貴(out)⇒田中 佑昌(in)
  後半
33分
[交代]
ケンペス(out)⇒伊藤 大介(in)
養父 雄仁(out)⇒原田 拓(in) 後半
37分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム うまかな・よかなスタジアム
[HOME]
天候 曇、弱風
気温/湿度 12.0°C/57%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,409人
主審 飯田 純平
コミッショナー 古賀 満
副審 五十嵐 泰之、中野 卓
第4の審判 今村 亮一
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 24筑城 和人
DF 22吉井 孝輔
DF 3高橋 祐太郎
DF 7片山 奨典
MF 30仲間 隼斗
MF 10養父 雄仁
MF 2黒木 晃平
MF 19五領 淳樹
FW 17齊藤 和樹
FW 39北嶋 秀朗



選手名
岡本 昌弘GK 1
高橋 峻希DF 33
竹内 彬DF 3
山口 智DF 5
キム ヒョヌンDF 20
佐藤 勇人MF 7
佐藤 健太郎MF 16
米倉 恒貴MF 11
ジャイールMF 22
谷澤 達也MF 39
ケンペスFW 37
選手名
GK 21佐藤 慎之介
DF 6福王 忠世
MF 8原田 拓
MF 9ファビオ
MF 13大迫 希
MF 26山崎 侑輝
FW 20白谷 建人

選手名
大久保 択生GK 21
大岩 一貴DF 15
田中 佑昌MF 6
伊藤 大介MF 8
山口 慶MF 13
ナム スンウMF 23
深井 正樹FW 9
吉田 靖
鈴木 淳

ハーフタイムコメント
[ 吉田監督(熊本) ]
・全体で行ける時は行こう。
・ラインを下げないようにしよう。
・自分達から積極的に守備をしよう。
[ 鈴木監督(千葉) ]
・攻撃と守備の役割をそれぞれが果たすこと。
・怖がらないでボールを受けろ。
・立ち上がりに集中して、2点目を取りに行け。
試合終了後
[ 吉田監督(熊本) ]
前半は引いてしまい失点してしまったが、その後狙いとするボールの奪い方ができて、決定的な場面は無かったが何度かいい形で攻撃ができた。後半は、戦えていたが、守備のもろさが出てしまった。ある程度攻めれた時があったが、得点につながらなかった。クロスの質、ゴール前の入り方、人数を増やしもっと良くしていかなければならない。シュートを打つとき自信を持つようにしていかなければならないと思う。結果は出なかったが、クロスの質を上げる、背後を狙うということを続けていく。中盤の守備は、ラインを高い位置で保ちたかったが、ラインが下がらなければ対応できなかった。しかし、ラインが下がった状態でやられてしまった。
粘り強く守備をすること、積極的に守備をする、ゴール前の守備が改善されず後半の2失点になってしまった。
2試合で5失点は深刻だが改善していかなければならない。
[ 北嶋選手 ]
落ち着く前に失点してしまい、その後を対応できていたら自分たちのリズムに持っていくことができた。自分たちの流れのときに、自分たちの意識のもとでプレーして思いどおりにボールを動かしゴールに奪えたらよかった。今日はうまくボールを収めることができなかった。
勝てない時こそ色々なことが試されるので、2試合勝てなかったことを乗り越えればまたチャンスが来るので、ブレずに自分たちを信じたい。
[ 吉井選手 ]
正直悔しい。守備を前から奪いにいくのか、ブロックを作るのかをもう一度自分たちではっきりしていこうという所だったがもったいない展開となってしまった。相手はうまい選手が多く、フリーで前を向かれDFの裏を突いてくる状況があるということを意識しすぎた。2試合で5失点は改善しなければいけないし、1失点の後耐えなければいけなかった。次は無失点で抑えなければいけない。
2連敗をしっかり受け止めるが、シーズンは始まったばかりなので次節、悔しさをぶつけたい。

2013シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.