MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 42節

2012年11月11日(日)
13:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 愛媛FC
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
大迫 希 前半
21分
[警告]
 
五領 淳樹(out)⇒崔 根植(in) 後半
14分
[交代]
 
齊藤 和樹 後半
19分
[警告]
 
  後半
21分
[交代]
赤井 秀一(out)⇒トミッチ(in)
齊藤 和樹(out)⇒仲間 隼斗(in) 後半
26分
[交代]
 
仲間 隼斗 後半
30分
[警告]
 
  後半
35分
[警告]
加藤 大
  後半
38分
[交代]
東 浩史(out)⇒アライール(in)
武富 孝介 後半
38分
[警告]
 
大迫 希(out)⇒白谷 建人(in) 後半
41分
[交代]
 
  後半
42分
[交代]
加藤 大(out)⇒藤 直也(in)
  後半
45+3分
[得点]
藤 直也

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
[HOME]
天候 曇、中風
気温/湿度 20.8℃ / 70%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 9,688人
主審 森川 浩次
コミッショナー 山本 好彦
副審 青山 健太、山村 将弘
第4の審判 上田 隆生
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 26田中 俊一
DF 22吉井 孝輔
DF 5矢野 大輔
MF 13大迫 希
MF 10養父 雄仁
MF 38藏川 洋平
MF 7片山 奨典
FW 19五領 淳樹
FW 14武富 孝介
FW 17齊藤 和樹



選手名
秋元 陽太GK 37
関根 永悟DF 13
田森 大己DF 6
浦田 延尚DF 2
赤井 秀一MF 16
村上 巧MF 26
東 浩史MF 14
前野 貴徳MF 7
加藤 大FW 18
有田 光希FW 9
伊東 俊FW 34
選手名
GK 1岩丸 史也
GK 21畑 実
DF 32森川 泰臣
MF 30仲間 隼斗
MF 23根占 真伍
FW 20白谷 建人
FW 9崔 根植

選手名
兼田 亜季重GK 21
アライールDF 5
高杉 亮太DF 28
トミッチMF 3
大山 俊輔MF 17
藤 直也MF 25
福田 健二FW 24
高木 琢也
青野 慎也コーチ

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・攻撃面では、ワイドを狙っていこう。
・遠目でもいいのでシュートで終わることを意識しよう。
・チャンスはある。セットプレーも含めて集中しよう。
[ 青野コーチ(愛媛) ]
・ミスが多すぎる。まずはそこから。
・裏のスペースを狙っていこう。
・我慢強くチャンスを逃さず闘っていこう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
3年間お世話になりました。熊本でいろんな事を経験したし、チームも課題も良さも出すことができた。地方のクラブを初めて経験して難しさ、情報が少ない中、いろんな事をやらなければいけないこともあったが、良さ、フレンドリーでいろんな事を構築することができることも感じたので、3年間良かったと感じているし、サッカー界は広いようで狭いので、これからも会うこともあるだろうし、これからも熊本は、意識してやらなければいけないチームになる。
試合後にみんなでカモンロアッソをした第1印象は、目線が違ったということ。選手ではない立場で経験することは少ないのでこういうものかと感じた。今日は雨の中、たくさんの人が集まってくれて、ゲームではストレスがあっただろうが、最後に笑顔で楽しく迎えてくれて、1つになったことが大事。
このチームに来てから、負ける事が優先的だったチームを変えなくてはいけなかった。勝つことを植え付けるためには、意識の改革やトレーニングがどれくらい必要かなど、最低限のことは3年間で伝える事ができたのかなと思う。J1昇格をするには、J2というリーグを知らなければいけない。J1よりもゴールtoゴール、ボックスtoボックスが非常に多い。J2のサッカーをしっかり見ていく事が大事。ただ、J2は3年前とリーグのレベルが変わっていると感じる。
天皇杯に向けてこれから1ヶ月あるが、少し休みを入れてリフレッシュして、また試合に向け、ゲーム感覚を起こさなければいけない。トレーニングから構築して、ゲーム感、パフォーマンスを良く持っていくことが大事。
[ 齊藤選手 ]
今日は起点になりたかった。シーズン通して安定できなかったので、安定できる選手になりたい。ボールを奪うことができたら早く攻める、前線で良いコンビネーションをと思っていたが、できなかった。最近はあまり良いプレーができていなかったが、運動量は負けないようにと思っていた。コンディションを整えてもっと整理して頑張りたい。また、高木監督には、自分がFWとして足りない部分があって成長させてくれたことに感謝しています。
[ 吉井選手 ]
今日はフォーメーションよりも、前線の選手がやるべきことをやる、気持ちを込めて戦うことだった。相手も同じシステムなので、目の前の相手と戦うこと、玉際やセカンドボールを意識して得点できればと思っていた。チャンスもあったが決めきれなかった。
天皇杯まではまだ時間があるので、またみんなで良いコンディションにして、名古屋と戦いたい。
[ 養父選手 ]
最終戦ホームで勝ちたかった。今日のキャプテンマークを言われた時は驚いたし初めてだったが、良い経験になった。高木監督には、自分の足りない部分を身につけさせてくれて感謝している。1年間通して試合出場できたことについては充実していた。天皇杯は、相手はJ1で僕たちは失うものはないので、自分達のサッカーをしたい。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.