MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 38節

2012年10月14日(日)
18:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 FC町田ゼルビア
2 - 1
1 前半 0
1 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
武富 孝介 前半
12分
[得点]
 
  前半
20分
[警告]
イ ガンジン
  前半
38分
[警告]
ドラガン ディミッチ
  前半
43分
[交代]
幸野 志有人(out)⇒平本 一樹(in)
  ハーフタイム

[交代]
イ ガンジン(out)⇒津田 和樹(in)
  後半
10分
[得点]
平本 一樹
藤本 主税 後半
12分
[警告]
 
五領 淳樹(out)⇒市村 篤司(in) 後半
15分
[交代]
 
  後半
17分
[警告]
北井 佑季
  後半
21分
[警告]
下田 光平
矢野 大輔 後半
25分
[得点]
 
藤本 主税(out)⇒仲間 隼斗(in) 後半
26分
[交代]
 
原田 拓 後半
35分
[警告]
 
養父 雄仁(out)⇒大迫 希(in) 後半
39分
[交代]
 
  後半
45+4分
[警告]
平本 一樹

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
[HOME]
天候 曇、弱風
気温/湿度 20.4℃ / 61%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 7,127人
主審 日高 晴樹
コミッショナー 大澤 隆
副審 和角 敏之、山内 宏志
第4の審判 田島 宏則
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 38藏川 洋平
DF 5矢野 大輔
DF 4廣井 友信
DF 7片山 奨典
MF 19五領 淳樹
MF 10養父 雄仁
MF 8原田 拓
MF 11藤本 主税
FW 17齊藤 和樹
FW 14武富 孝介



選手名
修行 智仁GK 1
イ ガンジンDF 29
田代 真一DF 5
加藤 恒平DF 27
下田 光平MF 28
三鬼 海MF 18
藤田 泰成 MF 3
幸野 志有人MF 33
鈴木 崇文MF 17
ドラガン ディミッチFW 10
北井 佑季FW 19
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 6福王 忠世
DF 15市村 篤司
MF 13大迫 希
MF 26田中 俊一
MF 30仲間 隼斗
FW 9崔 根植

選手名
相澤 貴志GK 21
津田 和樹DF 2
大竹 隆人DF 13
柳崎 祥兵MF 15
勝又 慶典FW 7
鈴木 孝司FW 20
平本 一樹FW 25
高木 琢也
オズワルド・アルディレス

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・セカンドボールから始め、玉際で負けないように。
・斜めに入る動きや斜めのボールはチャンスになるぞ。
・リスタートの時は、しっかりポジションに戻ること。
[ アルディレス監督(町田) ]
・前半はよく闘えていた。後半はもっと闘う姿勢を見せていこう。
・後半は平本にボールを集めて、一枚岩になって闘おう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
今日のゲームは、ここ最近のゲームの中では厳しいゲームになるだろうと予想していたので、厳しかったし、内容も厳しかった。町田は厳しい状況の中で勝点3を取ろうというサッカーをやると思っていたし、ここ数試合、上位のチームに対して我々がチャレンジする相手とやってきたが、今日はやや受け身で勝たなくてはいけない相手になると感じていた。選手たちは最後まで粘り強く戦ってくれたことは良かったし、1番難しいゲームになったと思う。試合の内容では、もっとやってほしいことはあるが、今日はこれまでいろんな相手と戦った中で、状況が変わってくる相手だったし、今日は勝てたことに満足し、次は準備をする時間もあるので、今日よりは内容の良いサッカーをしたい。ここ数試合で選手たちはたくましくなったと感じる。連戦が続き、苦しい時でも、ベテランの選手がサポートしたり、常にリカバリーができている。
[ 藤本選手 ]
内容は良くなかったが、チームの勢いをホームのサポーターの後押しで勝ちきれたのは、チームの強さを証明できた。1点目のフリーキックのシーンはゴールから少し遠かったが、あのプレーから得点につながって良かった。連戦で思考力が働かなかったが、ホームでサポーターの声援が大きかったし、2点目はチャンスがない中でホームの後押しで取れた得点。今日はセットプレーの重要さを感じたし、矢野選手にプレゼントが来たのかなと。目の前の1戦に集中して自分達が何をしたいのか、プロセスを考えて自分のやることをしっかりやりたい。勝利は自分達の自信につながるし、次は内容も伴った勝利をしたい。
[ 武富選手 ]
得点シーンは、藤本選手のフリーキックがブレ球だったので、跳ね返りを狙っていた。途中からボランチとしてプレーしたが、守備を意識してセカンドボールと玉際に注意してプレーした。連戦で疲れはあったし、内容が良くなかった中でも結果が出たことは良かった。今日はセットプレーで点を取ったことが大きい。連勝は意識せず、フラットな気持ちで次につなげたい。
[ 矢野選手 ]
今日は相手がゾーンだったので、チャンスはあるかなと思っていたので、点を取れたので良かった。トレーニングでもやっていたので狙い通り。失点して危ないシーンもあったが、1失点した後に続けて失点しなかったことが勝ちにつながったので、守備は大事だと改めて考えさせられた。一つでも連勝をのばして、チームも盛り上がればいい。
[ 南選手 ]
今日はすごく嬉しい試合で、相手も気持ちが入っていたし、自分達も連戦の疲れがあってだいぶ押し込まれたので、主導権もあまり握れず苦しいゲームだった。失点したのでパーフェクトではないが、0点に抑えたかった。勢いが勝ちをもたらしていると思う。今日は内容はあまり良くなかったので、きちんと振り返りたい。自分達が勝つことでお客さんも入るし、1万人以上入れていきたい。一つ一つ勝っていくことが大事だし、連勝というより目の前の1戦1戦を取る方が大事。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.