MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦

2012年10月10日(水)
19:00キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ベガルタ仙台
2 - 1
0 前半 0
1 後半 1
0 延前 0
1 延後 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
齊藤 和樹 後半
03分
[得点]
 
  後半
17分
[交代]
松下 年宏(out)⇒太田 吉彰(in)
  後半
17分
[交代]
柳沢 敦(out)⇒中原 貴之(in)
  後半
19分
[得点]
渡辺 広大
五領 淳樹(out)⇒市村 篤司(in) 後半
29分
[交代]
 
  後半
35分
[交代]
赤嶺 真吾(out)⇒武藤 雄樹(in)
藤本 主税(out)⇒大迫 希(in) 延長前半
14分
[交代]
 
片山 奨典(out)⇒田中 俊一(in) 延長後半
08分
[交代]
 
養父 雄仁 延長後半
14分
[得点]
 

ゲーム開催記録
スタジアム ユアテックスタジアム仙台
[AWAY]
天候 曇のち雨、弱風
気温/湿度 18.2℃ / 65%
ピッチ 良芝、水含み
入場者数 4,269人
主審 西村 雄一
コミッショナー 桂木 聖彦
副審 蒲澤 淳一、大友 一平
第4の審判 長谷 拓
記録員 千葉 貢

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 38藏川 洋平
DF 5矢野 大輔
DF 4廣井 友信
DF 7片山 奨典
MF 19五領 淳樹
MF 10養父 雄仁
MF 8原田 拓
MF 11藤本 主税
FW 17齊藤 和樹
FW 14武富 孝介



選手名
桜井 繁GK 1
田村 直也DF 23
鎌田 次郎DF 2
渡辺 広大DF 3
内山 俊彦DF 20
富田 晋伍MF 17
松下 年宏MF 8
関口 訓充MF 11
梁 勇基MF 10
柳沢 敦FW 13
赤嶺 真吾FW 24
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 6福王 忠世
DF 15市村 篤司
DF 26田中 俊一
MF 13大迫 希
MF 30仲間 隼斗
FW 9崔 根植

選手名
林 卓人GK 16
原田 圭輔DF 28
角田 誠DF 6
太田 吉彰MF 15
武藤 雄樹FW 19
中原 貴之FW 9
ウイルソンFW 18
高木 琢也
手倉森 誠

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・セカンドボールに対して頑張っていこう。
・遠目でもいいのでシュートを打っていこう。
・フィジカルは相手に負けないように。チャンスはあるぞ!
[ 手倉森監督(仙台) ]
・相手のアプローチに対して、次のアクションの準備を早くしていこう。
・もっとゴール前では大胆に仕掛けていこう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
遠くまで駆けつけてくれたサポーターに感謝します。今日の試合はリーグ戦とは違うが、短い期間の中で頭もフィジカルも切り替えてくれた選手に感謝。サッカーの世界では、J1とJ2がカップ戦を戦った場合、下のカテゴリーのクラブがジャイアントキリングで勝つことがあるが、サッカーをやっていればこういうことがあるんだと感じた。我々は仙台に対して、自分達のサッカーをやることが大事で、トレーニングの中でやったことを大事にしてくれたことに感謝している。守備では、フィジカルで負けないこととセカンドボールやクロスの対応をやらなければいけなくて、やれてる部分もやれていない部分もあったが、選手たちは最後までやってくれた。前節の山形戦が終わって中2日で何ができるか、コンディションを戻すしかないし、普段やっていることをやるしかない、相手がJ1上位チームなので自分達のやれることをやるだけで、勝ちたいという部分が相手より上回ったのかもしれない。
[ 養父選手 ]
J1チームに勝利して嬉しい。決勝点はゴール前にいけば何かがおこるかなと感じた。練習でもないようなゴールが取れた。前半も良い形で入って自信をもってプレーできた。プレーしていて良い場面もあったので、ストレスなく楽しくやれた。1つ上のカテゴリーと対戦できることがモチベーション。勝利が続いているので、これをリーグ戦でも続けていきたい。
[ 齊藤選手 ]
チャレンジャーとして戦った。普段のトレーニング通り自分達のサッカーができて、得点することができて良かった。トレーニングでやっていたことが試合の中でできたのかなと感じた。クロスからの裏を取ることを狙っていて良いところにボールがきたので、しっかり決めることができた。試合でも練習でも雰囲気も良く、連勝できていることが嬉しい。
[ 藤本選手 ]
仙台は強かったが、勝つべくして勝った。やりたいことがやれたし、相手のセットプレーは怖かった。ピンチもあるけどチャンスもあると思っていたので、勝つべくして勝った。今日の試合は楽しかった。熊本の皆さんに元気を与えられるし、J1相手にやれることを証明できたので、これをリーグ戦につなげていきたい。
[ 南選手 ]
良かったのは、相手が仙台だから引いて勝つというのではなく、いつも通りやった中で勝つということ。良い試合をして勝ちがついたことは良かった。今日は自分のところにボールがたくさん来るだろうと感じていたので、その覚悟で臨んでいたし、勝つ気で臨んでいた。得点はみんなの気持ちがゴールにつながったと思う。まだリーグ戦もあるし、12月までサッカーができるので、J1のチームとぜひ対戦したい。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.