MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 35節

2012年9月23日(日)
15:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 アビスパ福岡
3 - 1
2 前半 1
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
高橋 祐太郎 前半
02分
[得点]
 
  前半
22分
[得点]
オズマール
高橋 祐太郎(out)⇒北嶋 秀朗(in) 前半
34分
[交代]
 
北嶋 秀朗 前半
45+1分
[得点]
 
藤本 主税 前半
45+2分
[警告]
 
  後半
12分
[交代]
オズマール(out)⇒坂田 大輔(in)
養父 雄仁(out)⇒片山 奨典(in) 後半
15分
[交代]
 
北嶋 秀朗 後半
18分
[得点]
 
  後半
19分
[警告]
高橋 泰
  後半
19分
[交代]
成岡 翔 (out)⇒石津 大介(in)
  後半
30分
[交代]
小原 章吾(out)⇒木原 正和(in)
吉井 孝輔(out)⇒仲間 隼斗(in) 後半
36分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 26.1℃ / 53%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 8,152人
主審 前田 拓哉
コミッショナー 川上 信夫
副審 中井 恒、岩田 浩義
第4の審判 小篠 怜央
記録員 印南 静男

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 38藏川 洋平
DF 5矢野 大輔
DF 4廣井 友信
DF 8原田 拓
MF 11藤本 主税
MF 22吉井 孝輔
MF 10養父 雄仁
MF 14武富 孝介
FW 3高橋 祐太郎
FW 17齊藤 和樹



選手名
河田 晃兵GK 23
小原 章吾DF 13
山口 和樹DF 6
古賀 正紘DF 5
尾亦 弘友希DF 21
末吉 隼也MF 7
鈴木 惇MF 8
城後 寿MF 10
成岡 翔 MF 19
高橋 泰FW 11
オズマールFW 39
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 6福王 忠世
DF 7片山 奨典
DF 15市村 篤司
MF 13大迫 希
MF 30仲間 隼斗
FW 39北嶋 秀朗

選手名
神山 竜一GK 1
和田 拓三DF 4
岡田 隆MF 3
木原 正和MF 14
石津 大介FW 16
坂田 大輔FW 15
サミルFW 9
高木 琢也
前田 浩二

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・ワイドにポジションをとって攻める方が攻めやすい。
・チェンジサイドを狙っていけば、チャンスが出る。
・暑いからこそ、マイボールを大事にすること。
[ 前田監督(福岡) ]
・もう少しテンポを速くボールをまわそう。
・ファーストDFをしっかりやること。
・FWにボールが入った時、しっかりサポートすること。
試合終了後
[ 高木監督 ]
バトルオブ九州・ホーム2連戦とも良いゲームをしてくれた。サポーターにも感謝しています。リーグ戦も終盤になった中でのホーム2連勝は、我々にとって非常に大きい力に変わる。今日のゲームは得点を取って取られたが、良いゲームをしてくれたと思う。内容は前節とは違う内容のゲームで、早くゴールをした後の自分達のリカバー、1-0という感覚を長く持たなかった方が、0-0という気持ちでリスタートした方が良かったと思う。福岡を攻守にわたってどう攻略するかという中で、選手が理解をした中でフィニッシュまで持ってくるという共有が、チームに浸透しているなと感じた。ホームゲームも残り少ないが、こういう試合を継続してできるよう、我々の努力と日々のトレーニングを積み上げていきたい。
[ 高橋選手 ]
立ち上がり、セットプレーでトレーニング通り得点できて、自分達の流れに持っていきたかったが、自分達の流れのサッカーができなかった。自分はケガで退場したので納得のプレーとはいかなかったが、バトルオブ九州で勝てたことは良かった。前節の大分戦同様、自分達にプラスになる雰囲気をサポーターが作り出してくれたので、ホームでしっかり結果を残したいと思っていたので、結果が出て良かった。次はアウェイなので、チームとして準備をして勝ちにつなげていきたい。
[ 北嶋選手 ]
やっとゴールが取れて1つの責任を果たせたが、これが始まりで終わりではない。今はゴールをできたことを素直に喜びたい。やっとこのチームの力になれた。目に見える結果を示すことができず、苦しんでいたので、本当に嬉しかった。絶対、ゴールを決めるんだと思っていたので、大きなゴール。自分の一番好きな形でのゴールができた。ゴールの質、タイミングを逃さないということが大事で、原田選手があのタイミングでボールを入れてくれゴールできたことが、今後を見据えた中でも大きなゴール。2点目は、武富選手の良い守備とトリッキーなパスが効果的で、マークをはがすことができてのゴールだったので、チームメートに感謝したい。自分を信じること、これまでもっと苦しいことを経験してきて、これを乗り越えてきているので、人のせいや環境のせいにしないように心がけている。勝利後のダンスは、みんなで一緒にやる、一緒に戦ったみんなと喜びを共有することが大事。
[ 南選手 ]
福岡に勝ちたいという気持ちや、開幕戦に敗れていたし、勝点も変わらなかった中で、北嶋選手のゴールで勝つことができて良かった。2-1の場面で、決定的なシュートを止めることができ、流れを変えないように意識してプレーできたけど、失点したことは申し訳ない。北嶋選手の特徴も周りの選手も理解してきた中で、北嶋選手もきちんとゴールを取れてすごいなと感じた。一つでもゴールを取れれば変わると思っていたので、今日は取れてよかった。次はアウェイでなかなか勝てていないが、良い試合をして一緒に勝利のダンスを踊りたい。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.