MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 31節

2012年8月26日(日)
19:06キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 カターレ富山
3 - 0
2 前半 0
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
養父 雄仁 前半
30分
[得点]
 
  前半
32分
[警告]
関原 凌河
片山 奨典 前半
33分
[得点]
 
  ハーフタイム

[交代]
池端 陽介(out)⇒苔口 卓也(in)
西森 正明(out)⇒大迫 希(in) 後半
04分
[交代]
 
  後半
16分
[交代]
関原 凌河(out)⇒西川 優大(in)
藤本 主税(out)⇒北嶋 秀朗(in) 後半
27分
[交代]
 
  後半
36分
[交代]
木村 勝太(out)⇒木本 敬介(in)
北嶋 秀朗 後半
38分
[警告]
 
武富 孝介(out)⇒仲間 隼斗(in) 後半
45+1分
[交代]
 
大迫 希 後半
45+3分
[得点]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
[HOME]
天候 晴、中風
気温/湿度 28.8℃ / 58%
ピッチ 良芝、乾燥
入場者数 10,530人
主審 野田 祐樹
コミッショナー 内田 直人
副審 金田 大吉、大友 一平
第4の審判 上田 隆生
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 38藏川 洋平
DF 5矢野 大輔
DF 4廣井 友信
DF 7片山 奨典
MF 11藤本 主税
MF 10養父 雄仁
MF 23根占 真伍
MF 25西森 正明
FW 17齊藤 和樹
FW 14武富 孝介



選手名
守田 達弥GK 41
足助 翔DF 2
福田 俊介DF 3
池端 陽介DF 19
平出 涼MF 15
大西 容平MF 8
関原 凌河MF 20
木村 勝太MF 30
國吉 貴博MF 32
ソ ヨンドクMF 11
黒部 光昭FW 9
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 3高橋 祐太郎
DF 15市村 篤司
MF 13大迫 希
MF 22吉井 孝輔
MF 30仲間 隼斗
FW 39北嶋 秀朗

選手名
鶴田 達也GK 31
舘野 俊祐DF 33
森 泰次郎MF 25
西野 誠MF 6
木本 敬介MF 17
西川 優大FW 28
苔口 卓也FW 10
高木 琢也
安間 貴義

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・難しいことをするのではなく、シンプルにシュートを打つ、クロスを上げるなど、シンプルにプレーしよう。
・ボールを失った時は、しっかりポジションをとること。
・あまり余裕をもちすぎず、3点目、4点目を取りにいこう!
[ 安間監督(富山) ]
・自分達のストロングポイントをもう一度考えて!
・自分のマークをはっきりと走った選手にしっかりとついていけ!
・最初からもう一度しっかりと入っていこう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
今日は特別なゲームで、クラブがたくさんの人をスタジアムに呼んでくれた。スタジアムに来てくれたサポーターや我々を応援してくれているサポーターに感謝したい。これまで、多くの人がスタジアムに来たときに、勝てるシーンが少なかったので、今日は良いゲームができた。今日はまず勝負にこだわることが大事で満足いく結果、パフォーマンスをしてくれた選手達に感謝しているし、選手の秘めている力を出してくれたことに感謝。連戦という中で連戦なのかと思うぐらいのパフォーマンスやアクションをしてくれたが、連戦をホームでできたということもあるし、選手がよく頑張ってくれた。最後まで粘り強くやれたし、無失点でおさえたことは自信につながるし、一つ一つの試合を大事にしていきたいと思う。
[ 片山選手 ]
良いボールがくるかなと思っていたら来たので、浮かさないようにと思って打った。早い時間で得点ができ、また短い時間で追加点が取れて、チームに落ち着きがみられた。3点目を取るのに時間がかかったが、ミスをしないことを心がけたし、周りの選手に感謝している。
[ 養父選手 ]
やっと決めることができてホッとしている。チームとしても個人としても点を取れたことは大きい。2点を取れて守備をしっかりできるような展開にしていきたい。良い試合ができたことはサポーターのおかげ。常にゴール裏に入るように自分達が頑張らないといけないし、ホームでは負けられないと感じた。
[ 大迫選手 ]
結果を出さなければと思っていた中でゴールができて良かった。短い時間で点を取ることはストロングポイントでもあるので、いつでもチームに貢献したいと思ってベンチに入っているので、結果がでて良かった。ゴールは、仲間選手のパスが良かったので、ボールを浮かさないようにとゴールに流し込むだけだった。たくさんのお客さんも入り、3-0で勝てて、勝利のダンスもできて、充実した試合になった。勝利のダンスは、サポーターと一体になれるので新鮮だし、試合も続くのでまだ成長が必要。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.