MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 28節

2012年8月12日(日)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 栃木SC
3 - 0
1 前半 0
2 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
13分
[警告]
當間 建文
武富 孝介 前半
15分
[得点]
 
  ハーフタイム

[交代]
サビア(out)⇒棗 佑喜(in)
  後半
15分
[交代]
廣瀬 浩二(out)⇒佐々木 竜太(in)
  後半
23分
[警告]
パウリーニョ
矢野 大輔 後半
26分
[得点]
 
北嶋 秀朗(out)⇒高橋 祐太郎(in) 後半
26分
[交代]
 
藤本 主税(out)⇒齊藤 和樹(in) 後半
26分
[交代]
 
  後半
30分
[交代]
赤井 秀行(out)⇒西澤 代志也(in)
根占 真伍(out)⇒筑城 和人(in) 後半
30分
[交代]
 
片山 奨典 後半
45+6分
[得点]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
[HOME]
天候 曇、弱風
気温/湿度 27.8℃ / 84%
ピッチ 良芝、乾燥
入場者数 4,526人
主審 榎本 一慶
コミッショナー 古田 篤良
副審 森本 洋司、和角 敏之
第4の審判 田島 宏則
記録員 衛藤 薫

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 15市村 篤司
DF 5矢野 大輔
DF 4廣井 友信
DF 38藏川 洋平
MF 11藤本 主税
MF 10養父 雄仁
MF 23根占 真伍
MF 7片山 奨典
FW 39北嶋 秀朗
FW 14武富 孝介



選手名
武田 博行GK 21
赤井 秀行DF 19
大和田 真史DF 4
當間 建文DF 6
菅 和範DF 14
高木 和正MF 10
小野寺 達也MF 25
パウリーニョMF 7
菊岡 拓朗MF 28
サビアFW 9
廣瀬 浩二FW 8
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 3高橋 祐太郎
DF 6福王 忠世
DF 24筑城 和人
MF 13大迫 希
MF 25西森 正明
FW 17齊藤 和樹

選手名
柴崎 邦博GK 1
宇佐美 宏和DF 26
田中 雄大DF 30
西澤 代志也MF 2
杉本 真MF 16
佐々木 竜太FW 20
棗 佑喜FW 22
高木 琢也
松田 浩

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・もう少しシュートを打っていこう。このピッチで打てば何かが起こるかもしれないぞ!
・守備は良いポジションで入ろう。
・後半も0-0の気持ちでスタートすること。
[ 松田監督(栃木) ]
・シンプルにプレーしよう。
・相手にプレッシャーをかけていこう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
今日は勝つことができたことが1番良かったこと。内容が悪くても勝つことができなかったら、プロという集団ではなく、勝っていかないといけないのが我々の世界。勝つことができて選手に感謝したい。今日は、プランの中で相手の良さや弱点をつみながら攻撃をすることができた。システムを変えても何も変わっていない。今までのプレーを継続して、守備も攻撃もやったということが今日の収穫。プレーの本質は変わってなかったので、今日の試合は印象に残るし、嬉しかった。これから1歩、2歩、3歩と踏み出していくために頑張っていきたい。
[ 片山選手 ]
2-0ということで余裕もあったので、思い切って打ったら良いコースに入った。ロングボールから高橋選手のヘッドで裏に抜けるだろうと思っていた。今日は前半からアグレッシブにいこうと言っていた。ここ数試合、決して悪い内容ではなかったが、勝ちにつながらなかったが、今日は内容も伴って勝ったので、これを続けていきたい。ゴール後の歓声は気持ちよかった。これからもぶれることなく、自分達のサッカーを貫き通していきたい。アディッショナルタイムで突き放すことができて良かった。
[ 矢野選手 ]
今までセットプレーで頭に当たってもGKに跳ね返って入らなかったが、1つ取れたので、これからも得点を取っていきたい。今日は相手がゾーンで守っていたので狙っていた。これまでは失点した試合でも自滅して取られたという試合が多かったので、今日は自分達がしっかりブロックを作ってやっていこうと言っていた。
[ 武富選手 ]
ゴールが入った瞬間は嬉しかった。自分自身もチームもアグレッシブで、フィニッシュは自分もチームとしても持っていこうとトレーニングから意識していたので、点を取って結果が出て良かった。4連敗していたので、1試合1試合魂を込めた試合をしていけば、今日のような試合ができる。
[ 北嶋選手 ]
KKWINGで勝つことができて、自分も思い出深い試合になった。武富選手とも、気を使わないで自分が全部やるという気持ちでやって欲しいと話をしていた。サポーターと一緒に喜べるという時間は重要。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.