MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 26節

2012年7月29日(日)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 徳島ヴォルティス
0 - 3
0 前半 2
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
29分
[得点]
青山 隼
廣井 友信 前半
35分
[警告]
 
  前半
36分
[得点]
津田 知宏
藏川 洋平(out)⇒市村 篤司(in) ハーフタイム

[交代]
 
根占 真伍(out)⇒藤本 主税(in) 後半
10分
[交代]
 
北嶋 秀朗(out)⇒齊藤 和樹(in) 後半
17分
[交代]
 
  後半
19分
[交代]
徳重 隆明(out)⇒花井 聖(in)
  後半
24分
[交代]
津田 知宏(out)⇒キム ジョンミン(in)
市村 篤司 後半
34分
[警告]
 
  後半
35分
[警告]
濱田 武
  後半
36分
[得点]
衛藤 裕
  後半
38分
[交代]
鈴木 達也(out)⇒太田 圭輔(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
[HOME]
天候 曇、弱風
気温/湿度 28.7℃ / 79%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 6,940人
主審 佐藤 隆治
コミッショナー 川島 健
副審 聳城 巧、竹田 和雄
第4の審判 上田 隆生
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 5矢野 大輔
DF 22吉井 孝輔
DF 4廣井 友信
MF 38藏川 洋平
MF 10養父 雄仁
MF 23根占 真伍
MF 7片山 奨典
FW 25西森 正明
FW 14武富 孝介
FW 39北嶋 秀朗



選手名
オ スンフンGK 21
平島 崇DF 5
橋内 優也DF 3
斉藤 大介DF 16
那須川 将大DF 24
青山 隼MF 8
濱田 武MF 14
衛藤 裕MF 17
鈴木 達也MF 10
徳重 隆明MF 7
津田 知宏FW 11
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 15市村 篤司
DF 24筑城 和人
MF 8原田 拓
MF 11藤本 主税
MF 13大迫 希
FW 17齊藤 和樹

選手名
長谷川 徹GK 31
三木 隆司DF 2
福元 洋平DF 33
花井 聖MF 27
太田 圭輔MF 15
キム ジョンミンFW 19
杉本 恵太FW 13
高木 琢也
小林 伸二

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・もう1歩、もう気持ち分でもボールへ寄せていくこと。
・ボールをつなぐことは良いが、シュートを打たないと入らないぞ。強い気持ちを持ってシュートを打っていくこと。
・チャンスを作れてないわけではないが、焦りは禁物。1点ずつ取り返していこう。
[ 小林監督(徳島) ]
・ボールを動かして、リズムを作って攻めていこう。
・0-0の気持ちでしっかり守ろう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
非常に残念な結果で失望している。たくさんの方々がスタジアムに応援に来てくれた。正直、今日の結果には失望している。なぜ負けたのか、チームとしての課題やゲームプランやトレーニングプラン、全てにおいて重なったかと。今日はなぜこういう状況になったのか分からない。今日は常に上乗せする部分が増えてしまった。背後の対応は気をつけなければいけないが、やられてしまったのは力がないし、そこだけフォーカスしてトレーニングできないので難しい。選手は頑張っているが、その力を効果的に変えたいと、私も選手もサポーターも思っていると思う。この敗戦は次につなげていかなければいけないので、しっかり映像を見てチェックして次に備えていきたい。
[ 北嶋選手 ]
素晴らしい雰囲気で、熊本の地でサッカーができることが光栄で、スタートができた。厳しい結果となったが、責任は全員でしっかり受け止めて、誰のせいになるということがないようにする。苦しい時に自分達が何と言うか、何と思うか、まだまだやれるという目標をもって進む。シュートチャンスはあまりなかったが、相手が引いている中で裏のスペースがなかったので、相手の壁の前に立って、シャドーのポイントになろうと、こういう試合もあると割り切って、1本のチャンスを狙っていたが、こじ開けられなかった。選手の距離感、パスの質や精度、勇気を選手一人一人が共有したいし、もっと良くなる。みんなで前を向いてやれるようにもっと見せていきたい。熊本の素晴らしいサポーターには感謝しているが、結果を残せることができずに申し訳ない。こういう試合で自分たちもサポーターも一緒に乗り越えていけるように、ゴールを取ってチームの為になるようにプレーしたい。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.