MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 18節

2012年6月7日(木)
19:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 水戸ホーリーホック
2 - 1
2 前半 0
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
高橋 祐太郎 前半
02分
[得点]
 
高橋 祐太郎 前半
04分
[警告]
 
武富 孝介 前半
28分
[得点]
 
廣井 友信 後半
17分
[警告]
 
西森 正明(out)⇒大迫 希(in) 後半
23分
[交代]
 
  後半
26分
[交代]
岡田 佑樹(out)⇒岡本 達也(in)
藏川 洋平 後半
31分
[警告]
 
武富 孝介(out)⇒根占 真伍(in) 後半
31分
[交代]
 
  後半
32分
[交代]
村田 翔(out)⇒鈴木 雄斗(in)
  後半
43分
[得点]
岡本 達也
高橋 祐太郎(out)⇒矢野 大輔(in) 後半
43分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
[HOME]
天候 曇、無風
気温/湿度 22.6℃ / 70%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,127人
主審 長谷 拓
コミッショナー 楠 勝好
副審 佐藤 貴之、大友一平
第4の審判 村上 孝治
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 24筑城 和人
DF 22吉井 孝輔
DF 4廣井 友信
MF 38藏川 洋平
MF 10養父 雄仁
MF 8原田 拓
MF 7片山 奨典
FW 25西森 正明
FW 14武富 孝介
FW 3高橋 祐太郎



選手名
本間 幸司GK 1
市川 大祐DF 25
キム ヨンギDF 18
塩谷 司DF 6
岡田 佑樹DF 2
村田 翔MF 8
西岡 謙太MF 14
小澤 司MF 28
島田 祐輝MF 15
橋本 晃司MF 10
鈴木 隆行FW 30
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 5矢野 大輔
DF 15市村 篤司
MF 13大迫 希
MF 19五領 淳樹
MF 23根占 真伍
FW 17齊藤 和樹

選手名
笠原 昂史GK 21
尾本 敬DF 4
石神 幸征DF 16
坂井 洋平MF 20
内田 航平MF 22
鈴木 雄斗MF 17
岡本 達也FW 13
高木 琢也
柱谷 哲二

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・後半は0-0のつもりでスタートすること。タイミングとシンプルさが大事。
・セットプレーは重要。
・みんなのアイデアを出そう。セカンドボール、玉際はしっかりと!
[ 柱谷監督(水戸) ]
・CFに起点をつくられている。1vs1で負けない。
・個の特長を生かしたプレーをしていこう。
・積極的にいこう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
最近は勝てない試合が続いていたが、今日はスタートから点が取れてテンションが高くゲームに入れた。平日にもかかわらず、駆けつけてくれたサポーターに勝利をプレゼントできたことが嬉しい。3トップのバランスが非常に良かった。うまくバランスを取りながらクロスは比較的に入ったし、クロスに対して人も入っていて、前節よりも良かった。コンビネーションや3人目の動きが良かったし、安定性もあったので、今日はここぞという時に決めることができ、ゲーム運びがよくやれた。これを続けていくことが大事。一つ一つ、相手と自分達の力を比較しながら次に向けて準備していきたい。
[ 武富選手 ]
今日はチャンスメイクよりゴールを意識していたので、決めることができて良かった。トレーニングから3人でやっているので、コンビネーションも非常に良い状態で自分達の形ができて良かった。試合後にサポーターに挨拶に行った時に、自分の名前をコールしてもらったことが励みになった。
[ 高橋選手 ]
FWとして初先発して3試合積み上げてきたものが形になり、毎回課題が出て取り組んで、今日その結果が出て良かった。今週の練習では、中の枚数を意識してやっていて、ただ単に入るだけでなく、駆け引きや体勢を準備してやってきて、ゴールをすることができた。2点目は、3人の関係性や距離感を意識しながらやってきたので、嬉しかった。プロ初ゴールだが、特別な感じというより、遅すぎるぐらいだし、今年の残りの試合で一つ一つ積み上げて、チームの力となれるよう頑張りたい。自分らしさを忘れず、チームの為にやっていきたい。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.