MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 15節

2012年5月20日(日)
16:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 ジェフユナイテッド千葉
0 - 4
0 前半 3
0 後半 1

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
04分
[警告]
佐藤 健太郎
  前半
10分
[得点]
藤田 祥史
  前半
19分
[得点]
伊藤 大介
  前半
21分
[得点]
田中 佑昌
福王 忠世(out)⇒養父 雄仁(in) 前半
31分
[交代]
 
崔 根植(out)⇒高橋 祐太郎(in) ハーフタイム

[交代]
 
  後半
03分
[得点]
田中 佑昌
五領 淳樹(out)⇒大迫 希(in) 後半
25分
[交代]
 
  後半
26分
[交代]
藤田 祥史(out)⇒オーロイ(in)
  後半
29分
[交代]
田中 佑昌(out)⇒レジナルド(in)
筑城 和人 後半
35分
[警告]
 
  後半
36分
[交代]
兵働 昭弘(out)⇒佐藤 勇人(in)
吉井 孝輔 後半
39分
[警告]
 
  後半
45+5分
[警告]
岡本 昌弘

ゲーム開催記録
スタジアム フクダ電子アリーナ
[AWAY]
天候 曇、弱風
気温/湿度 22.8℃ / 39%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 10,584人
主審 池内 明彦
コミッショナー 入江 勉
副審 清野 裕介、岩田 浩義
第4の審判 塚越 由貴
記録員 田中 基晴

メンバー表
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 4廣井 友信
DF 6福王 忠世
DF 24筑城 和人
MF 15市村 篤司
MF 22吉井 孝輔
MF 38藏川 洋平
MF 7片山 奨典
FW 19五領 淳樹
FW 14武富 孝介
FW 9崔 根植



選手名
岡本 昌弘GK 1
武田 英二郎DF 23
竹内 彬DF 3
山口 智DF 5
大岩 一貴DF 29
兵働 昭弘MF 15
佐藤 健太郎MF 16
田中 佑昌MF 19
伊藤 大介MF 20
藤田 祥史FW 18
深井 正樹FW 9
選手名
GK 21畑 実
DF 3高橋 祐太郎
MF 10養父 雄仁
MF 13大迫 希
MF 25西森 正明
FW 17齊藤 和樹
    

選手名
櫛野 亮GK 17
青木 良太DF 4
マーク ミリガンDF 6
佐藤 勇人MF 7
オーロイFW 8
レジナルドFW 10
大塚 翔平FW 32
高木 琢也
木山 隆之

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・相手は前から来ているが、つなぐところはしっかりつないでいこう。
・玉際をしっかりいくこと。
・耐えながら1点ずつ点を取っていこう。やれないことはないぞ!
[ 木山監督(千葉) ]
・動きの中でボールを回していこう。
・守備はルーズにならないように。
・相手が来ても引かないように。
試合終了後
[ 高木監督 ]
千葉とアウェイでの対戦で、身体の準備も必要だが、メンタルも準備しなければいけないと痛感した。もっと前から行きたかったが、流れの中で後手を踏んだ。センターラインから自陣に進入した時にサイドの高い位置に、千葉の兵藤選手が入ってきて、数的優位を作ろうとしてセンターが空いてしまった。また、数的優位でも突破されて、クロスを上げられたし、ああいう状況でも1点入れられるんだと感じたし、あのエリアに対して遅れてしまったという印象。ただ、後半はチャンスもピンチもあったが、ある意味開き直って思い切り前に行けた。試合には負けたが、前半より後半、良いゲームをしてくれたので選手に感謝したいし、遠くから足を運んでくれたサポーターにも感謝しています。
[ 武富選手 ]
負けたことにショックを受けている。次のホーム(山形戦)で点を取るしかない。後半、チャンスもあったので、1点取れれば雰囲気を変えられたかもしれない。結果を出せるよう頑張ります。
[ 廣井選手 ]
多くのサポーターが応援に来てくれたのに、このような結果で残念だし、サポーターと喜びを分かち合えず残念。ビルドアップの時に点を取られたが、防げない1点ではなかった。何とか1点取りたいという気持ちで、後半はある意味開き直ってプレーできたが、点を取ることができなかった。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.