MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 6節

2012年4月1日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 FC岐阜
3 - 0
1 前半 0
2 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
崔 根植 前半
33分
[得点]
 
崔 根植 前半
45+4分
[警告]
 
五領 淳樹 後半
02分
[得点]
 
  後半
06分
[警告]
樋口 寛規
五領 淳樹 後半
08分
[得点]
 
養父 雄仁 後半
09分
[警告]
 
  後半
10分
[交代]
廣田 隆治(out)⇒染矢 一樹(in)
片山 奨典(out)⇒筑城 和人(in) 後半
16分
[交代]
 
  後半
18分
[交代]
金 正賢(out)⇒橋本 卓(in)
崔 根植(out)⇒仲間 隼斗(in) 後半
30分
[交代]
 
五領 淳樹(out)⇒白谷 建人(in) 後半
37分
[交代]
 
  後半
42分
[交代]
金 東權(out)⇒田中 秀人(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本市水前寺競技場
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 14.1℃ / 27%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,930人
主審 小川 直仁
コミッショナー 崎谷 誠一
副審 田尻 智計、竹田 明弘
第4の審判 亀川 哲弘
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 3高橋 祐太郎
DF 22吉井 孝輔
DF 4廣井 友信
MF 13大迫 希
MF 10養父 雄仁
MF 8原田 拓
MF 7片山 奨典
FW 19五領 淳樹
FW 14武富 孝介
FW 9崔 根植



選手名
多田 大介GK 22
野田 明弘DF 2
池田 昇平DF 3
金 東權DF 16
村上 一樹DF 24
廣田 隆治MF 29
金 正賢MF 33
服部 年宏MF 6
地主園 秀美MF 7
樋口 寛規FW 10
井上 平FW 14
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 5矢野 大輔
DF 24筑城 和人
MF 25西森 正明
MF 30仲間 隼斗
FW 17齊藤 和樹
FW 20白谷 建人

選手名
野田 恭平GK 1
田中 秀人DF 4
野垣内 俊DF 17
三田 光MF 20
橋本 卓MF 23
染矢 一樹MF 11
佐藤 洸一FW 18
高木 琢也
行徳 浩二

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・相手に対して体を入れていく。玉際もしっかりいくこと。
・状況に応じて、あまり前からプレッシャーをかけず、ゾーンを作って対応しよう。
・シュートを打っていこう。
[ 行徳監督(岐阜) ]
・CK、セットプレーを確認すること。しっかりついていくこと。
・ツートップを上手く使ってシュートまでいこう。あとは押し込むだけだ。
試合終了後
[ 高木監督 ]
勝てたこと、失点0で相手に得点を与えなかったこと、勝ち方が非常に良かった。勝てたことのポイントは、決して内容は素晴らしく良いものではなかったが、前半よりも後半、立ち上がりより30-40分後にチームが変化をしていく、粘り強く守備をして前へ出たこと。後半セットプレーで点が取れる流れに変わったのは粘りの部分からだと思う。失点0については、選手は頑張ってくれた。勝ち方については、相手にとっていやらしい勝ち方だと思わせたのではと思う。相手がボールを取る回数が多かったが、ペナルティボックスに入るボールが崩しきれないのかなと感じていた。相手が攻める時間をうまく耐えて集中できたと思う。これから気候も暑くなるので90分通して高い位置でボールが取れなかったり、押し込まれるケースもあるが、セットプレーでも点を取ることを続けていきたい。
[ 崔選手 ]
得点を決めた時は気持ち良かった。もっと良いプレーができるよう動きたかったし、もっと動きをしっかりしてチャンスを作ってゴールを決めたい。勝利することでチームも元気になるし、今日の良い雰囲気をもって栃木戦に臨みたい。
[ 五領選手 ]
まだ判断の部分でミスも多かったが、2点取れるとは思っていなかったし、自分でもうまくいき過ぎていると思って信じられない気持ち。まだ満足はしていないので、まだまだ上を目指して頑張っていきたい。見ている人もワクワクして、自分でも楽しめて、結果が伴うことが理想。今日は次につながる良い試合だったと思う。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.