MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 5節

2012年3月25日(日)
16:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 湘南ベルマーレ
3 - 3
2 前半 1
1 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
廣井 友信 前半
12分
[得点]
 
  前半
23分
[得点]
馬場 賢治
大迫 希 前半
34分
[得点]
 
  前半
42分
[交代]
岩上 祐三(out)⇒坂本 紘司(in)
  後半
10分
[得点]
古橋 達弥
原田 拓(out)⇒根占 真伍(in) 後半
20分
[交代]
 
五領 淳樹(out)⇒白谷 建人(in) 後半
25分
[交代]
 
  後半
26分
[交代]
古橋 達弥(out)⇒大槻 周平(in)
  後半
34分
[得点]
大槻 周平
大迫 希(out)⇒崔 根植(in) 後半
42分
[交代]
 
武富 孝介 後半
42分
[得点]
 
  後半
43分
[交代]
鎌田 翔雅(out)⇒島村 毅(in)
武富 孝介 後半
44分
[警告]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
[HOME]
天候 晴、強風
気温/湿度 9.4℃ / 30%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,687人
主審 福島 孝一郎
コミッショナー 楠 勝好
副審 藤井 陽一、正木 篤志
第4の審判 上田 隆生
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 3高橋 祐太郎
DF 22吉井 孝輔
DF 4廣井 友信
MF 13大迫 希
MF 10養父 雄仁
MF 8原田 拓
MF 7片山 奨典
FW 19五領 淳樹
FW 14武富 孝介
FW 27ファビオ



選手名
阿部 伸行GK 27
鎌田 翔雅DF 2
遠藤 航DF 3
大野 和成DF 22
永木 亮太MF 6
ハン グギョンMF 7
古林 将太MF 5
高山 薫MF 23
馬場 賢治FW 17
古橋 達弥FW 18
岩上 祐三FW 15
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 24筑城 和人
MF 23根占 真伍
MF 25西森 正明
MF 30仲間 隼斗
FW 9崔 根植
FW 20白谷 建人

選手名
金 永基GK 1
島村 毅DF 30
坂本 紘司MF 8
下村 東美MF 14
猪狩 佑貴MF 16
宮崎 泰右MF 25
大槻 周平FW 19
高木 琢也
曺 貴裁

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・相手のクイックリスタート(スローイン、フリーキック)には注意しよう。
・後半も最初から前へ前へ。ゴールが見えたらシュートを打っていこう。
・コンタクトプレーになっている。後半も空中戦やボールの寄せなどしっかり競っていこう。
[ 曺監督(湘南) ]
・セカンドボールで負けるな。
・ミスを恐れないこと。
・こういう試合をひっくり返そう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
お互いに勝点3を取り合うゲームで、両チームともアグレッシブにプレーした。ゴールに向かう姿勢やピッチ上での姿勢に満足。駆け引きも含めておもしろかったし、選手も90分間楽しんだと思うし、感情的なモノが残りました。ここ2戦勝てない中、選手も気持ちを整理して臨んでくれたことに感謝。このゲームをプラス材料にして、次のゲームに向けてチャレンジしていきたい。
相手は我々の中盤の選手に対してしっかりマークしてセカンドボールを取るということだと思っていた。後半相手が、2トップ、2シャドウ、2ボランチになったのが分かり、対応も比較的できと思う。ボディコンタクトからセカンドボールを奪ってチャンスとなる中で、風の影響もあったが、前半は我々にチャンスがあり、後半は相手にチャンスがあった。今日はホームの地の利で、サポーターの後押しもあったのでスタートから100%でやろうと言っていた。サポーターの声援が力となった。
[ 大迫選手 ]
アウェイ2連敗後だったので、全員で勢いをもって入ろうと言っていた。今シーズン初スタメンで、相手は走ってくるチームなので、負けないよう走った。得点シーンはクロスも良かったし、前で原田選手がつぶれて、ボールがこぼれてきたので打つだけだった。FW3人が前線から守備を頑張ってくれたので感謝している。勝たなければいけない試合だったが、こういう試合を続けていかなければいけないし、勝ちゲームを増やしていきたい。
[ 五領選手 ]
自分は緊張するタイプではないし、ホームサポーターの後押しもあって、ピッチで誰よりも楽しむ気持ちでゲームに入った。1点目は、浮いたボールのセカンドに誰よりも早く駆けつけようと、胸トラップの時にファビオがフリーだったのが見えたのでパスをした。それがゴールにつながって良かった。前を向くことができれば、ゴールにしかけられるということが収穫で、攻守はこれまでの世界とスピードや入る場所が違うなと感じた。
[ 廣井選手 ]
勝てなくて悔しい。1点目はセットプレーの流れで前にいて、ファビオがシュートを打ったら目の前にボールがこぼれてきて、ふかさないようにと思って打った。決めた瞬間は嬉しかったが、結果引き分けなので悔しい。最後のところで守りきる、ごちゃごちゃした所で自分たちが良いポジションを取れるという中でチャレンジ&カバーの精神でプレーした。トレーニングで積み上げたことは出せたと思うので、自分たちが思い切りやった結果、サポーターの後押しで3点目は取れたと思う。
[ 武富選手 ]
後半、相手のフォーメーションが変わって3失点したので、もっと早く対応できていればと思った。前節、失点に関わったので、今日は絶対点を取りにいこうと思っていた。連勝中の相手にある程度プレーできたことは収穫だが、勝てたのに勝てなかったことが反省点。相手に逆転されてから、ホームサポーターのおかげで1点取れたので感謝している。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.