MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2012Jリーグディビジョン2 1節

2012年3月4日(日)
15:05キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 アビスパ福岡
1 - 2
0 前半 2
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
21分
[得点]
坂田 大輔
高橋 祐太郎 前半
21分
[警告]
 
  前半
25分
[得点]
城後 寿
藤本 主税 前半
28分
[警告]
 
武富 孝介 後半
11分
[得点]
 
西森 正明(out)⇒白谷 建人(in) 後半
16分
[交代]
 
  後半
22分
[交代]
堤 俊輔(out)⇒小原 章吾(in)
吉井 孝輔(out)⇒福王 忠世(in) 後半
26分
[交代]
 
原田 拓 後半
31分
[警告]
 
  後半
32分
[交代]
末吉 隼也(out)⇒岡田 隆(in)
武富 孝介(out)⇒大迫 希(in) 後半
33分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム レベルファイブスタジアム
[AWAY]
天候 雨、無風
気温/湿度 9.3℃ / 93%
ピッチ 良芝、水含み
入場者数 7,379人
主審 大西 弘幸
コミッショナー 久保田 水男
副審 戸田 東吾、村田 裕介
第4の審判 宮部 範久
記録員 宮原 敏徳

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 25西森 正明
DF 4廣井 友信
DF 3高橋 祐太郎
DF 7片山 奨典
MF 8原田 拓
MF 22吉井 孝輔
MF 10養父 雄仁
FW 11藤本 主税
FW 14武富 孝介
FW 27ファビオ



選手名
神山 竜一GK 1
和田 拓三DF 4
堤 俊輔DF 29
山口 和樹DF 6
キム ミンジェDF 2
末吉 隼也MF 7
鈴木 惇MF 8
城後 寿MF 10
成岡 翔 MF 19
高橋 泰FW 11
坂田 大輔FW 15
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 6福王 忠世
DF 24筑城 和人
MF 13大迫 希
MF 19五領 淳樹
MF 30仲間 隼斗
FW 20白谷 建人

選手名
河田 晃兵GK 23
オ チャンヒョンDF 17
小原 章吾DF 13
尾亦 弘友希DF 21
岡田 隆MF 3
木原 正和MF 14
石津 大介FW 16
高木 琢也
前田 浩二

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・ゲームには集中できているが、シュートを打っていない。今日のゲームは何が起きるか分からないから、もっと積極的なプレーをしよう。
・絶対、取り返せるので、自信を持って戦おう。
[ 前田監督(福岡) ]
・ロングボールの対応をしっかりやろう。
・セカンドボールを拾おう。
・リスク管理をしっかりやろう!
試合終了後
[ 高木監督 ]
今シーズン開幕のゲームがダービーなので、アグレッシブな試合をやりたかった。最初の20-25分はホーム・福岡のプレッシャーがあって、思うような展開ができず、2失点した。福岡の城後選手からのヘディングを警戒していた中での失点だったので悔しいが、後半は自分たちの形を出すことができた。選手の距離感やコーチングからボールを動かしながらプレーできた。福岡はゴールが見えたらシュートを打っていたことが、勝敗の差になったと思う。
前半は相手DF中央のコミュニケーションやカバーリングに問題があると感じたので、背後を突こうと伝え、後半はできたと思う。負けたら全てがダメではなく、相手より少しでも上回ったシーンや良いところを見つけながら、後半は修正することができた。
[ 武富選手 ]
内容は悪くなかったと思うが、結果が出なかった。トレーニングでやってきたことができたことは収穫だが、ゴール前でもたもたしていて、シュートを打てなかったことが反省点。チャンスがあれば打って2~3点取っていきたい。今日は良いサッカーをしたが、次にできるわけではないので、次はしっかりプレーし、ホームで勝ちたい。
[ 藤本選手 ]
もっとできたと思う部分が強かったので、悔しかった。前半、相手のプレッシャーを受けたときは、ノーリスクで蹴ろうと言っていた。後半はアグレッシブにプレーできた。ゲームで確認したいこともあったし、予想通りのゲーム展開、ゴール前の1対1の弱さを感じていた部分もあった。ただ、良い部分もあったので、守備の修正が必要。シュートなどは積極性も足りなかったので、次のホーム開幕戦では絶対勝ちたい。

2012シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.