MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2011Jリーグディビジョン2 38節

2011年12月3日(土)
12:33キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 サガン鳥栖
2 - 2
1 前半 0
1 後半 2

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
大迫 希 前半
19分
[得点]
 
  後半
11分
[得点]
早坂 良太
  後半
15分
[交代]
丹羽 竜平(out)⇒田中 輝和(in)
武富 孝介(out)⇒齊藤 和樹(in) 後半
24分
[交代]
 
矢野 大輔 後半
25分
[得点]
 
齊藤 和樹 後半
27分
[警告]
 
  後半
27分
[交代]
早坂 良太(out)⇒國吉 貴博(in)
  後半
31分
[得点]
木谷 公亮
大迫 希(out)⇒ファビオ(in) 後半
34分
[交代]
 
  後半
36分
[交代]
池田 圭(out)⇒岡田 翔平(in)
エジミウソン(out)⇒吉井 孝輔(in) 後半
41分
[交代]
 
  後半
45+3分
[警告]
磯崎 敬太

ゲーム開催記録
スタジアム ベストアメニティスタジアム
[AWAY]
天候 曇のち晴
気温/湿度 19.3℃ / 35%
ピッチ 前面良芝、乾燥
入場者数 22,532人
主審 今村 義朗
コミッショナー 古賀 満
副審 柴田 正利、大川 直也
第4の審判 日高 晴樹
記録員 稲富 修

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 24筑城 和人
DF 28菅沼 駿哉
DF 16矢野 大輔
MF 15市村 篤司
MF 5エジミウソン
MF 8原田 拓
MF 7片山 奨典
FW 14武富 孝介
FW 13大迫 希
FW 9長沢 駿



選手名
赤星 拓GK 1
丹羽 竜平DF 15
木谷 公亮DF 2
呂 成海DF 20
磯崎 敬太DF 3
藤田 直之MF 14
岡本 知剛MF 6
早坂 良太MF 25
金 民友MF 10
池田 圭FW 22
豊田 陽平FW 9
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 2チョ ソンジン
MF 22吉井 孝輔
MF 25西森 正明
MF 27ファビオ
MF 30仲間 隼斗
FW 17齊藤 和樹

選手名
室 拓哉GK 21
浦田 延尚DF 13
田中 輝和DF 4
國吉 貴博MF 16
黒木 晃平MF 30
キム ビョンスクMF 26
岡田 翔平FW 26
高木 琢也
尹 晶煥

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・後半の入りは大事。クリアボールでもシンプルにプレーすること。
・クロスをシンプルに入れてみよう。
・セカンドボールを相手に自由にさせないこと。
[ 尹監督(鳥栖) ]
・今前やってきたことが出来ていない。まず走らないと勝てない。
・もう1回、頭を整理して45分戦おう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
サガン鳥栖の関係者、サポーターの皆さん、J1昇格おめでとうございます。また、1年間、応援してくれた熊本のサポーターの皆さんにも感謝しています。
今日は、我々も食い下がって良いゲームをしようと入って、良いゲームができた。今日は勝つために3バックで臨んだ。それは、今シーズンの最終戦、アウェイで、相手がJ1昇格が決まっている状況で、雰囲気を変えて危機感を持たせるということもあったし、鳥栖にはJ2得点王の選手やそれをサポートする選手もいて、自分たちの色を模索する中で勝ちたいと思っていた。我々は全力を尽くして頑張った結果がドローだったが、意地は出せたと思う。
[ 大迫選手 ]
立ち上がりから入りが良く、片山選手から良いボールが来て、それを落ち着いて決めることができた。良いスタジアムで多くの観客が入っていて、熊本からも多くのサポーターが駆けつけてくれていたので、今シーズンの恩返しを込めてゴール裏に行った。今日は、自分たちも楽しくプレーできたし、見てくれていたサポーターも楽しんでくれたのではないかと思う。勝って終わりたかったが、自分は納得いくプレーもできたので、来シーズンに向けて頑張りたい。
[ 矢野選手 ]
最終節でこのメンバーでプレーするのも最後だったので、勝ちたいという気持ちでゲームに入った。1年を通してみると、安定感や信頼は得られなかったと思うが、次に向けての課題になるし、今後は強いものをもってチームに還元できると思う。今日の2失点は個人の問題があったが、チャレンジはできたので悪くなかったと思う。得点は良いボールが来たので決めることができて良かった。
[ 南選手 ]
スタジアムの雰囲気やサポーターを含め多くの人が入っていて、選手のモチベーションも上がったゲームだった。見ている人にとっては、おもしろいゲームだったのではと思う。2失点は残念だが、良い試合ができたと思う。今シーズン、全試合出場できたことは、トレーナー、スタッフのおかげだと感謝している。今後も継続してプレーできるコンディション作りをしていきたい。

2011シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.