MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2011Jリーグディビジョン2 32節

2011年10月23日(日)
17:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 水戸ホーリーホック
2 - 1
0 前半 1
2 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
31分
[得点]
小池 純輝
エジミウソン(out)⇒原田 拓(in) ハーフタイム

[交代]
 
  後半
11分
[交代]
ロメロ フランク(out)⇒塩谷 司(in)
宇留野 純(out)⇒ソン イニョン(in) 後半
19分
[交代]
 
筑城 和人 後半
27分
[警告]
 
西森 正明(out)⇒根占 真伍(in) 後半
32分
[交代]
 
ファビオ 後半
33分
[得点]
 
チョ ソンジン 後半
35分
[警告]
 
  後半
35分
[交代]
吉原 宏太(out)⇒島田 祐輝(in)
根占 真伍 後半
39分
[得点]
 
  後半
41分
[交代]
西岡 謙太(out)⇒遠藤 敬佑(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
[HOME]
天候 晴、弱風
気温/湿度 20.1℃ / 71%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 9,461人
主審 大西 弘幸
コミッショナー 瀧 弘之
副審 大西 保、植田 文平
第4の審判 田渕 量也
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 2チョ ソンジン
DF 4廣井 友信
DF 28菅沼 駿哉
DF 24筑城 和人
MF 5エジミウソン
MF 27ファビオ
MF 25西森 正明
FW 11宇留野 純
FW 14武富 孝介
FW 9長沢 駿



選手名
本間 幸司GK 1
加藤 広樹DF 5
塩谷 司DF 20
尾本 敬DF 4
西岡 謙太MF 6
村田 翔MF 8
ロメロ フランクMF 24
小澤 司MF 28
小池 純輝FW 7
吉原 宏太FW 9
鈴木 隆行FW 30
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 15市村 篤司
MF 8原田 拓
MF 13大迫 希
MF 22吉井 孝輔
MF 23根占 真伍
FW 32ソン イニョン

選手名
笠原 昂史GK 21
岡田 佑樹DF 2
島田 祐輝MF 15
鈴木 将也MF 16
遠藤 敬佑FW 10
    
    
高木 琢也
秋葉 忠宏ヘッドコーチ

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・相手よりも走ろう!戦おう!頑張ろう!
・後半、立ち上がりから、どんどん前からプレッシャーをかけていこう。
・勢いを持って戦おう!
[ 秋葉ヘッドコーチ(水戸) ]
・1対1で負けないこと。
・セカンドボールをひろっていこう。
・2点目、3点目を奪っていこう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
勝てたことがこのゲームで1番の要因で良かった事。水戸の試合を何試合も見て分析した中で、我々よりもサッカーをしていて、しっかり戦わないとという危機感を持っていたが、トレーニングでの伝え方が悪かったのか、前半は内容のないサッカーをしてしまった。後半は、こちらが押し込めたのか、水戸が守りに入ったのか分からないが、最終的に逆転することができた。課題は多いし、連戦になるが、勝点6を目指していきたい。
今日のやることは、相手よりも相手の陣地でプレーすることが目的で、前に出て行く、最終ラインからセカンドラインにつなげてリズムを取り戻せたことが良かった。次節の鳥取戦、札幌戦の連戦を一つ一つ勝って、残りの試合、昇格の可能性がある限り頑張りたい。
[ ファビオ選手 ]
とにかくシュートを打とうをいう気持ちで、イニョン選手がうまく突破してボールを入れてくれた。今日のゴールは全員の努力の結晶だと思う。チーム全体でチャンスを作ってモノにできた。素晴らしいシュートを決め勝利をできたことは、みんなのおかげ。ビハインドの状態でも声援を送り続けてくれ、その力を借りて今日は勝つことができた。
[ 根占選手 ]
トレーニングでは、ミドルシュートを決めれていなかったが、試合で決めることがよかった。負けている状況で入る中、前からプレッシャーをかけてリズムを作るよう言われた。もう少しボールを触れればよかったが、チームが前がかりになっていたので、決めれてよかった。チームも少しずつ安定してきたので、自分が出場したら良いプレーをしたいと心がけた。チームでうまくいってる部分といかなかった部分もあるので、ボールを落ち着かせたりすることを意識してプレーした。総力戦になるので、誰が出場しても勝利できるよう頑張りたい。

2011シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.