MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2011Jリーグディビジョン2 4節

2011年9月4日(日)
19:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 湘南ベルマーレ
1 - 1
0 前半 1
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
21分
[警告]
山口 貴弘
エジミウソン 前半
27分
[警告]
 
  前半
27分
[得点]
永木 亮太
  後半
06分
[交代]
ファン スンミン(out)⇒佐々木 竜太(in)
ファビオ(out)⇒ソン イニョン(in) 後半
10分
[交代]
 
原田 拓 後半
15分
[警告]
 
エジミウソン(out)⇒根占 真伍(in) 後半
20分
[交代]
 
武富 孝介(out)⇒田中 達也(in) 後半
31分
[交代]
 
  後半
39分
[交代]
アジエル(out)⇒高山 薫(in)
  後半
41分
[警告]
菊池 大介
原田 拓 後半
45+4分
[得点]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
[HOME]
天候 曇、弱風
気温/湿度 25.1℃ / 79%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,238人
主審 小川 直仁
コミッショナー 菊地 秀夫
副審 岡野 尚士、村上 孝治
第4の審判 田島 宏則
記録員 衛藤 薫

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 15市村 篤司
DF 6福王 忠世
DF 4廣井 友信
DF 8原田 拓
MF 22吉井 孝輔
MF 5エジミウソン
MF 27ファビオ
MF 14武富 孝介
MF 13大迫 希
FW 9長沢 駿



選手名
西部 洋平GK 21
臼井 幸平DF 5
大井 健太郎DF 3
遠藤 航DF 26
山口 貴弘DF 4
ハン グギョンMF 15
永木 亮太MF 6
坂本 紘司MF 8
アジエルFW 10
ファン スンミンFW 31
菊池 大介FW 14
選手名
GK 1岩丸 史也
DF 2チョ ソンジン
DF 24筑城 和人
MF 23根占 真伍
FW 17齊藤 和樹
FW 32ソン イニョン
FW 34田中 達也

選手名
阿部 伸行GK 27
福田 健人DF 32
石神 直哉MF 7
松尾 直人MF 28
田原 豊FW 9
佐々木 竜太FW 17
高山 薫FW 23
高木 琢也
反町 康治

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・ボールに対して、しっかり相手の体に競っていくこと。
・勝負どころが大事。特に攻撃陣はもっと頑張らないと!相手が目の前にいてもシュートを打っていこう。
・セカンドボールを取れればチャンスになる。
[ 反町監督(湘南) ]
・長いボールの処理を的確に。
・前線でもう少し時間を作れるように。
・2点目を取りにいこう。
試合終了後
[ 高木監督 ]
最後に追いついて選手の頑張りに感謝し、サポーターにはすっきりしないゲームが続いてもスタジアムに来てくれて感謝しています。失点が多くて勝てない中、今日はセットプレーでの失点だが、あれはキッカーを褒めるしかない。だが、その後が大事でヘッドダウンせず、前を向いて90分続けた結果が同点につながったと思う。長いボールが多いが、サイドで形を作ってボールを入れれば、セカンドボールが拾え、高さをいかせる、今日できたことを修正すれば少しずつ成長できる。今日は素晴らしいゲームではなかったが、素晴らしいファイトを見せてくれたゲームだった。今日は守備で崩されるシーンは少なく、ボックス内でもうまく防いでくれた。メンタル面をしっかり切り替えてプレーしてくれた。今日はいろんな意味で守備は安定性があった。攻撃面ではダイナミックさ、人をかけずにダイナミックな動きでしかけることが狙いだった。1点の重みをかみ締めて次のゲームに向けて良い準備をしたい。
[ 吉井選手 ]
久しぶりのボランチで、昨日から今日の試合までに去年していたことを思い出して試合に臨み、本当に戦ってやろうと思って試合に入った。前半は消極的になり、なかなかボールが前に出ず、後半は積極的に行くことで同点につながった。ほとんどやられているシーンはなかった。後半、セカンドボールに対して、相手の足が止まっている状況で、残り時間も少なかったので、バランスを取るよりも、落ちてきているボールに触ろうと前へ行った。セットプレーではこぼれ球も含めて決めてやろうと思っていった。
[ 原田選手 ]
前の選手が頑張ってくれてファールになり、ゴールにつながったので、チームの為になったと思う。チームが勝てていないなか、今週はトレーニングで選手だけでも何度もミーティングをしたり、監督もサポーターに勝点3をプレゼントしようと言っていて、勝点1しか取れなかったが、勝点3につながるように頑張っていきたい。一人一人が100%の出し切って勝点3が取れるので、みんなが力を出し切って点が取れたと思う。これからもチームの為にアシストや得点を取っていきたい。次は勝点3を取れるようトレーニングから気持ちをいれて頑張りたい。

2011シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.