MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2011Jリーグディビジョン2 2節

2011年6月29日(水)
19:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 京都サンガF.C.
1 - 0
0 前半 0
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
長沢 駿 前半
22分
[警告]
 
宇留野 純(out)⇒ファビオ(in) ハーフタイム

[交代]
 
ファビオ 後半
14分
[得点]
 
  後半
20分
[交代]
伊藤 優汰(out)⇒ドゥトラ(in)
武富 孝介(out)⇒片山 奨典(in) 後半
26分
[交代]
 
  後半
31分
[交代]
駒井 善成(out)⇒中村 太亮(in)
長沢 駿 後半
37分
[退場]
 
  後半
37分
[警告]
染谷 悠太
  後半
39分
[交代]
染谷 悠太(out)⇒チョン ウヨン(in)
西森 正明(out)⇒大迫 希(in) 後半
45+2分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 31.5℃ / 56%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 4,015人
主審 野田 祐樹
コミッショナー 柴岡 登美男
副審 山崎 裕彦、植田 文平
第4の審判 窪田 陽輔
記録員 野村 絢

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 15市村 篤司
DF 16矢野 大輔
DF 6福王 忠世
DF 8原田 拓
MF 5エジミウソン
MF 23根占 真伍
MF 25西森 正明
MF 14武富 孝介
FW 11宇留野 純
FW 9長沢 駿



選手名
水谷 雄一GK 1
酒井 隆介DF 2
染谷 悠太DF 6
森下 俊DF 3
加藤 弘堅MF 18
秋本 倫孝MF 4
内藤 洋平MF 19
中山 博貴MF 15
伊藤 優汰FW 25
久保 裕也FW 31
駒井 善成FW 22
選手名
GK 21木下 正貴
DF 2チョ ソンジン
DF 24筑城 和人
MF 7片山 奨典
MF 13大迫 希
MF 27ファビオ
FW 10松橋 章太

選手名
守田 達弥GK 21
内野 貴志DF 32
チョン ウヨンMF 7
鈴木 慎吾MF 11
中村 太亮MF 17
ドゥトラFW 9
金 成勇FW 28
高木 琢也
大木 武

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・最後まで辛抱強く、粘り強いプレーを続けること。
・チャンスは必ず来る。相手のスキを見逃すな。
・消極的なプレーはしないこと。
[ 大木監督(京都) ]
・前半、出来は悪くない。
・セットプレーには注意すること。
・このゲームはここからだ!とりにいくぞ!
試合終了後
[ 高木監督 ]
京都は非常に強いという印象だった。遠く応援に駆けつけてくれたサポーターに感謝をしたい。前半は相手のパスワークについていけず、救われた。後半はゴール近くでプレーすることができ、セットプレーも含め、集中が切れずに我慢強くしっかり頑張ってくれた選手に感謝をしたい。内容には胸を張れないが、勝利できたことが非常に大きい。連戦が続くので、準備をしっかりしていきたい。
前半はダイヤモンドいきたかったが、相手にボールを回されたので、1ボランチより2ボランチの方が良いかと思い、変化をつけて対応した。京都はプレッシング、寄せ、セカンドボールなど気迫あるプレーで、こちらが後手を踏んだ。前でボールが収まらなかったので、ファビオ選手を入れて、ターゲットを増やしてボールが収まるようになって、リズムが変わった。
ハーフタイムには、守るゾーン、行くゾーンと中盤の選手に気を取られると他の選手がするすると上がってくるので気をつけるよう伝えた。
3連戦で90分を一人一人が少しずつ力を出し合って戦えるよう、できるだけいろんな選手を起用して連戦を乗り切りたい。
[ 西森選手 ]
他の選手はみんな連戦なので、より多く動こうと思っていたが、あまりできず悔しかった。トレーニングでしかアピールできないので、トレーニングから頑張るよう心がけてきた。監督に起用してもらい、勝つことができたので嬉しいが、自分の納得いくプレーができなかったので悔しい。中2日で鳥栖戦が控えているが、良い気持ちで臨めるので、次につなげていきたい。
[ ファビオ選手 ]
ボールが来た瞬間、ゴールを背にしていたので、この方法しかないと思って蹴ったら枠に入ってゴールでき、良かった。ファースト、セカンドボールが拾えない状況で、ロングボールを蹴ってこぼれ球を狙っていたら、流れが変わってボールを回せるようになった。試合に出場できることは嬉しいが、鳥栖戦まで時間がないので、良い準備をし、出場したら走り回って思い切りプレーをしたい。
[ 南選手 ]
本当に苦しい試合だったが勝って、結果が全てなので良かった。前半は苦しかったが乗り越えられたことが良かった。後半、相手を右サイドに追い込んだことで斜めのボールが入らず、効果的だった。セットプレーで得点できるとチームも楽になるし、前半、相手に失点を与えなかったことが大きい。

2011シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.