MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ハーフシーズンシート えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2010Jリーグディビジョン2 38節

2010年12月4日(土)
12:34キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 コンサドーレ札幌
0 - 4
0 前半 1
0 後半 3

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  前半
31分
[得点]
三上 陽輔
筑城 和人(out)⇒市村 篤司(in) ハーフタイム

[交代]
 
渡辺 匠(out)⇒吉井 孝輔(in) 後半
17分
[交代]
 
  後半
19分
[得点]
砂川 誠
  後半
30分
[得点]
西嶋 弘之
西 弘則(out)⇒宇留野 純(in) 後半
31分
[交代]
 
  後半
34分
[警告]
芳賀 博信
矢野 大輔 後半
34分
[警告]
 
  後半
37分
[交代]
石川 直樹(out)⇒上原 慎也(in)
  後半
41分
[得点]
三上 陽輔
  後半
44分
[交代]
藤田 征也(out)⇒荒野 拓馬(in)
  後半
45+2分
[交代]
三上 陽輔(out)⇒横野 純貴(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 札幌ドーム
[AWAY]
天候 屋内、無風
気温/湿度 21.2℃ / 37%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 14,299人
主審 前田 拓哉
コミッショナー 鈴木 保
副審 青木 隆、今岡 洋二
第4の審判 今泉 祐哉
記録員 川野 恭司

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 24筑城 和人
DF 16矢野 大輔
DF 6福王 忠世
DF 19堤 俊輔
MF 23西 弘則
MF 30渡辺 匠
MF 8原田 拓
MF 33片山 奨典
FW 10松橋 章太
FW 32カレン ロバート



選手名
佐藤 優也GK 1
西嶋 弘之DF 6
吉弘 充志DF 2
石川 直樹DF 4
藤山 竜仁DF 3
芳賀 博信MF 18
岩沼 俊介MF 23
藤田 征也MF 7
高木 純平MF 32
砂川 誠MF 8
三上 陽輔FW 31
選手名
GK 1木下 正貴
DF 2チョ ソンジン
DF 15市村 篤司
MF 13大迫 希
MF 22吉井 孝輔
FW 9岡村 和哉
FW 11宇留野 純

選手名
曵地 裕哉GK 28
荒野 拓馬MF 33
横野 純貴FW 24
上原 慎也FW 26
    
    
    
高木 琢也
石崎 信弘

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・バイタルエリア内ではボールを下げず、前へ行くこと。シュートをもっと打っていこう。
・守備面では、最終ラインとセカンドラインでコーチングをしっかりと。相手に中央を突破されないこと。
[ 石崎監督(札幌) ]
・ボランチやサイドの選手の飛び出しに注意すること。
・クロスに対するゴール前への入り方、工夫していこう。
・1-0で勝っているが、熊本もこのままじゃ終わらない。味方同士カバーしあって勝ちきろう。
試合終了後
[ 高木監督(熊本) ]
今シーズンの最終ゲームに遠くから駆けつけてくれたサポーター、年間を通して応援してくれたサポーターにお礼を言いたいし、感謝の気持ちでいっぱいです。今日は前半と後半で違うチームになったという印象。前半できたことが後半できなかったし、まだまだ大人のチームになりきっていないという印象。最終戦は札幌がホームで、我々がアウェイということで気持ちの部分で差があり、このような試合になり残念だが、真摯に受け止めて来シーズンにつなげていきたい。失点の要因としてはハーフカウンター気味の流れでボールホルダーに押さえがきかず、中央に入れられたり、3点目のミドルシュートに対して誰も体をはっていないなど、まだ大人になりきれていなチームだと感じた。後半から市村選手を起用したことは、スピードや持ち味を出せる攻撃がポイントだった。今シーズン1試合につき平均15本のシュートを打とうとチームの目標があったが、ボールを保持しながらもシュートの意識に欠けている部分もあった。しかし、今日のシュート数が多かったことは評価できる。今日は札幌の若い選手が自信を持ってプレーしていた。これから指導し、我々も大人のサッカーを作り上げていきたい。

2010シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.