MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2010Jリーグディビジョン2 32節

2010年10月31日(日)
13:03キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 サガン鳥栖
2 - 0
0 前半 0
2 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
原田 拓 後半
01分
[警告]
 
  後半
09分
[警告]
田中 輝和
カレン ロバート(out)⇒西 弘則(in) 後半
20分
[交代]
 
宇留野 純 後半
26分
[得点]
 
  後半
28分
[交代]
山瀬 幸宏(out)⇒金 浩男(in)
宇留野 純(out)⇒西森 正明(in) 後半
32分
[交代]
 
  後半
36分
[交代]
豊田 陽平(out)⇒萬代 宏樹(in)
片山 奨典 後半
37分
[得点]
 
  後半
38分
[交代]
朴 庭秀(out)⇒守田 創(in)
  後半
40分
[警告]
金 浩男

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本市水前寺競技場
[HOME]
天候 曇時々晴、弱風
気温/湿度 20.4℃ / 54%
ピッチ 全面良芝、水含み
入場者数 5,398人
主審 前田 拓哉
コミッショナー 古賀 満
副審 竹内 元人、五十川 和也
第4の審判 田渕 量也
記録員 藤山 直秀

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 24筑城 和人
DF 2チョ ソンジン
DF 6福王 忠世
DF 19堤 俊輔
MF 11宇留野 純
MF 22吉井 孝輔
MF 8原田 拓
MF 33片山 奨典
FW 32カレン ロバート
FW 27ファビオ



選手名
室 拓哉GK 21
田中 輝和DF 11
木谷 公亮DF 2
飯尾 和也DF 5
磯崎 敬太DF 3
早坂 良太MF 25
朴 庭秀MF 14
黒木 晃平MF 30
柳澤 隼MF 24
山瀬 幸宏FW 7
豊田 陽平FW 9
選手名
GK 1木下 正貴
MF 13大迫 希
MF 23西 弘則
MF 25西森 正明
MF 28藤田 俊哉
MF 30渡辺 匠
FW 14井畑 翔太郎

選手名
赤星 拓GK 1
呂 成海DF 20
日高 拓磨DF 13
丹羽 竜平MF 15
守田 創MF 29
金 浩男MF 34
萬代 宏樹FW 18
高木 琢也
松本 育夫

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・どんどん仕掛けてシュートを打っていくこと。
・サポートする部分で考えてプレーしよう。
・貪欲につめていけるか、泥くさくプレーしよう。
[ 松本監督(鳥栖) ]
・FWはパスをもらうときの動きを工夫すること、次の予測をすること。
・全体的に悪くないが、少し攻守の切り替えが遅い。もっとテンポよく。
・急ぎすぎず、集中して残り45分プレーしよう。
試合終了後
[ 高木監督(熊本) ]
結果は2-0で勝ったが、DFが守備をまとめてくれた。前半から我々のペースだったかもしれないが、シュートは鳥栖が打っていたし、ゲームの内容にしまりがなかったので、どちらに転んでもおかしくなかった。スカウティング内容を伝えたことを守備は理解してできたと思う。攻撃は単調になりフィニッシュにいけなかったが、後半は思い切って攻め、1点目もFKの詰めを貪欲に狙ってくれた結果で、2点目も良い時間で入った。0点でおさえたことは評価できるし、もう一度自分たちのサッカーができたので続けていきたい。今日は選手が伝えたことを理解しプレーしてくれ、余裕をもってゲームを進めることができた。相手の攻撃、自分達の守備を整理した中でできた。
[ 片山選手 ]
動きは自分の納得いくものではなかった。最初のシュートは浮いてしまったが、体は動いていたのでもう一本打ったら入るかなと思っていたら入った。このチームで使ってもらう中で結果を出したいと思っていたので、残り試合少ないが頑張っていきたい。今日は朝起きた時に、なんとなくゴールを決めれそうだと感じていた。まだJ1を狙える順位にいるので、次の試合も頑張っていきたい。
[ 宇留野選手 ]
ラッキーなゴールだったが、それまでどっちつかずのゲームだった。今日はホームゲームだったので勝たなければいけなかった。残り5試合だが、J1へのチャンスはあるので、全勝していきたい。
[ 原田選手 ]
今日はチームのためにプレーした。FKは次はしっかり決めていきたい。ベテランの自覚をもってやっていきたい。1つでも順位をあげれるよう頑張りたい。

2010シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.