MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2010Jリーグディビジョン2 19節

2010年7月24日(土)
18:04キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 カターレ富山
2 - 0
1 前半 0
1 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
カレン ロバート 前半
40分
[得点]
 
チョ ソンジン 後半
01分
[警告]
 
西 弘則 後半
13分
[警告]
 
平木 良樹 後半
16分
[得点]
 
  後半
16分
[交代]
渡辺 誠(out)⇒舩津 徹也(in)
  後半
18分
[交代]
川崎 健太郎(out)⇒石田 英之(in)
  後半
19分
[警告]
黒部 光昭
松橋 章太(out)⇒藤田 俊哉(in) 後半
23分
[交代]
 
原田 拓 後半
30分
[警告]
 
西 弘則(out)⇒宇留野 純(in) 後半
32分
[交代]
 
  後半
35分
[交代]
長山 一也(out)⇒木本 敬介(in)
堤 俊輔(out)⇒西森 正明(in) 後半
39分
[交代]
 

ゲーム開催記録
スタジアム 富山県総合運動公園陸上競技場
[AWAY]
天候 晴、弱風
気温/湿度 28.7℃ / 75%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 3,427人
主審 山内 宏志
コミッショナー 河内 耕一郎
副審 浅野 正樹、野口 達生
第4の審判 中川 英樹
記録員 高橋 勇菊

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 24筑城 和人
DF 2チョ ソンジン
DF 6福王 忠世
DF 19堤 俊輔
MF 23西 弘則
MF 22吉井 孝輔
MF 8原田 拓
MF 26平木 良樹
FW 10松橋 章太
FW 32カレン ロバート



選手名
中川 雄二GK 1
西野 誠DF 19
濱野 勇気DF 6
堤 健吾DF 3
中田 洋平DF 26
渡辺 誠MF 8
長山 一也MF 5
朝日 大輔MF 7
川崎 健太郎MF 14
苔口 卓也FW 20
黒部 光昭FW 9
選手名
GK 1木下 正貴
MF 30渡辺 匠
MF 28藤田 俊哉
MF 27ファビオ
MF 25西森 正明
FW 17山内 祐一
FW 11宇留野 純

選手名
橋田 聡司GK 31
金 明輝DF 4
谷田 悠介DF 16
舩津 徹也MF 27
木本 敬介MF 17
石田 英之FW 15
永冨 裕也FW 11
高木 琢也
楚輪 博

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・守備面では、ポジショニング、カバーリングを意識しよう。
・攻撃面では、落ち着いてプレーしよう。中盤では早く判断し、ボールを動かすこと。
・ハードワークと強い気持ちを持って戦おう。
[ 楚輪監督(富山) ]
・守備は声をかけあい、相手のマークを確認しよう。
・うまくつないでいる。もっとチャレンジしよう。
・勇気を持っていこう!
試合終了後
[ 高木監督(熊本) ]
今日勝つことができたことを選手に感謝している。また熊本から遠く駆けつけてくれたサポーターにも感謝している。今日は勝ち方よりも勝点3を取れたことが良かった。前節、同点に追いつかれて引き分けて、今日も終盤は押し込まれていたが、凌いでくれた。交代で入る選手には3点目を取ろうと伝えていたが、取ることができなかったことについては、もっとトレーニングを積んでいかなければいけないと思うが、このような緊張感のあるゲームを続けていきたい。カレン選手は合流して間もないが、高さ・スピード・ゴールのにおいをかぎわけるような能力を持っているし、コンディションも悪くなかったので先発で起用した。ハードワークをしてくれ、得点も彼らしい得点だと思った。今日はチームとしてのコンビネーションはあまりできなかったが、続けていきたい。平木選手はサッカーセンス、ランニングがチームの中でもあるし、ここ数試合はハードワークでフリーランニングをすることを常日頃心がけている。今日は直接狙ったフリーキックではなかったと思うが、次は狙ってフリーキックで点を取ってほしい。第1クールを振り返って、選手にはハードトレーニングを課しているし、厳しいことも伝えているが、歯をくいしばって頑張っていることが、ロアッソのチームの基盤になっているし、節目の試合で勝点3を取れたことは後半につながっていくと思う。

2010シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.