MENU
ニュース

観戦・チケット

試合日程・結果 一般チケット 2017 ホームゲーム回数券 えがお健康スタジアム 観戦マナー 試合運営管理規定 Jリーグ試合運営管理規定
2015シーズンの結果 2014シーズンの結果 2013シーズンの結果 2012シーズンの結果 2011シーズンの結果 2010シーズンの結果 2009シーズンの結果 2008シーズンの結果

クラブ・チーム

トップチームスケジュール メディアスケジュール 選手・スタッフ 練習場 練習場のルールとマナー

アカデミー

U-18スケジュール A(U-15)スケジュール B(U-14)スケジュール U-13スケジュール U-12スケジュール

パートナー

ファンクラブ
肖像権・ロゴ等の使用ルール プライバシーポリシー

2010Jリーグディビジョン2 15節

2010年5月29日(土)
15:33キックオフ

得点ボード
ロアッソ熊本
試合終了 大分トリニータ
0 - 0
0 前半 0
0 後半 0

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
宇留野 純 前半
06分
[警告]
 
市村 篤司 前半
26分
[警告]
 
  前半
30分
[警告]
宮沢 正史
  前半
44分
[警告]
小林 宏之
  ハーフタイム

[交代]
小林 宏之(out)⇒村山 祐介(in)
  後半
04分
[警告]
チェ ジョンハン
  後半
15分
[交代]
住田 貴彦(out)⇒高松 大樹(in)
筑城 和人(out)⇒西 弘則(in) 後半
25分
[交代]
 
  後半
35分
[警告]
村山 祐介
宇留野 純(out)⇒井畑 翔太郎(in) 後半
37分
[交代]
 
松橋 章太(out)⇒藤田 俊哉(in) 後半
41分
[交代]
 
  後半
42分
[交代]
チェ ジョンハン(out)⇒前田 俊介(in)

ゲーム開催記録
スタジアム 熊本市水前寺競技場
[HOME]
天候 晴、中風
気温/湿度 25.3℃ / 39%
ピッチ 全面良芝、乾燥
入場者数 6,067人
主審 小川 直仁
コミッショナー 楠 勝好
副審 鳥越 明弘、浅野 正樹
第4の審判 廣田 幸治
記録員 松本 由美

メンバー表
選手名
GK 18南 雄太
DF 15市村 篤司
DF 16矢野 大輔
DF 6福王 忠世
DF 24筑城 和人
MF 22吉井 孝輔
MF 8原田 拓
MF 17山内 祐一
MF 25西森 正明
FW 10松橋 章太
FW 11宇留野 純



選手名
下川 誠吾GK 1
松原 健DF 27
菊地 直哉DF 36
刀根 亮輔DF 21
小林 宏之DF 25
宮沢 正史MF 32
姜 成浩MF 24
梅田 高志MF 34
内田 昂輔MF 22
チェ ジョンハンFW 11
住田 貴彦FW 18
選手名
GK 1木下 正貴
DF 2チョ ソンジン
MF 30渡辺 匠
MF 28藤田 俊哉
MF 26平木 良樹
MF 23西 弘則
FW 14井畑 翔太郎

選手名
清水 圭介GK 16
村山 祐介DF 2
井上 裕大MF 14
森島 康仁FW 9
高松 大樹FW 13
前田 俊介FW 19
    
高木 琢也
皇甫 官

ハーフタイムコメント
[ 高木監督(熊本) ]
・自分達でペースをつかもう。
・後半の入りをしっかり集中しよう。
・変化をつけてプレーしよう。
[ 皇甫監督(大分) ]
・相手の攻撃に対して、しっかりとDFの対応をすること。
・後半残り時間をしっかり戦うこと。
試合終了後
[ 高木監督(熊本) ]
今日の試合は、選手が、個人レベル、チームレベルとしても非常にファイトしてくれた。多くの大分サポーター、熊本サポーター中での試合でエキサイティングなゲームをしてくれた。アタッキングエリアでどういうことをするか、どういう狙いでいくかをつめていかないと、なかなか点を取ることができないと感じた。前節からの修正や成長という点では、今日はすごく良かったし、こういうことを積み重ねて我々のチームはできていくんだなと感じた。選手のアイデア、状況に応じた判断、トレーニングなどを意識してくれたことが良かったのではと思う。ペナルティエリアでの決定力とアイデアだと考えているので、決定力がなければトレーニングしなければいけないし、アイデアがあれば決定力が増えると思うし、攻撃の回数を増やすことは重要なので、増やしていきたい。今日のミーティングで、バトルオブ九州は今の順位、チーム・クラブ状況は関係なく素のままで戦おうと伝えて、スペースを意識するトレーニングをやってきた。多くのサポーター同士が意識するので、勝たないといけないし、負けると次まで何もいえないので、今日勝ってサポーターにも良い思いをさせたかったと改めて感じた。選手も自発的に話し合うこともあったので、前節から今節に向けて、選手が自発的にモチベーションを高めてくれたことは良かった。

2010シーズン一覧へ 
PC用トップページへ © ATHLETE CLUB KUMAMOTO CO.,LTD.